d0164443_15581839.jpg

春の陽気が日に日に増して、気持ちが少し緩くなった頃、そのバイクは納車されました。

中古車ですが、縁あって家にやってきちゃいました^^

XT1200Z Super Tenere First Edition
d0164443_15594014.jpg


一度乗ってみたかった憧れのバイクです\(^o^)/
d0164443_15583120.jpg

プレクサスとステンマジックでピッカピカに仕上げてやったぜ!

やっぱりオフロードバイクで砂利林道を走りたい。この思いは年々増すばかりでした。
d0164443_16054357.jpg

早速ワインディングを試したくて、快速クネクネ道のある奥浜名オレンジロードへ参ります。

少しワインディングを走ってから、昂る気持ちを落ち着かすように奥浜名展望公園で一息。
とてもいい天気で、試走には打ってつけの日でした♪
d0164443_16074529.jpg

あらためて外観を見ると、まずはこのカラー・・・写真映りがとても良いのでお気に入りです!
d0164443_16075788.jpg

外観はまさにヤマハのバイクって感じで、力強さの中にエロさがあるかな^^;

直列2気筒、270度クランクのドコドコとしたエンジンで110psを絞り出す。
d0164443_16081587.jpg

ワイドレシオで、ギヤを上げず3速固定でほとんどのシチュエーションをこなすようなフィーリング。

トレーサーのようなドンっと押し出す感じではなく、気付けばスピードが上がってる。
ポジションも含め良い意味で『やさしい』感じです♪

極低速トルクが少し薄い感じがしますが、ドンツキもなく扱いやすいです。
トレーサーとは違い、軽さは無いけど素直なハンドリングで、きっかけも無しに気持ちよく旋回します。
d0164443_16164767.jpg

お次は待望のフラットダート、奥山林道を走りましょう。
d0164443_16180480.jpg

エンジン(アンダー)ガードも付いているのでとても安心。
この程度のダートなら何の問題も無く走れちゃいます。\(^o^)/


気になるところは油圧クラッチの重さ。市街地が多いと手首が1日持たないかも・・・
トレーサーのクラッチが随分と軽く感じました。

それとシャフトドライブのためかビッグツインのせいか、いつものようにシフトダウンすると
エンブレがガツンとくる。まあ、これは慣れの問題かな。

あとはやっぱり260kgを超える車体なので取り回しが大変です^^;
フルパニアでの押し引きは体力を一気に奪われそうですね。
d0164443_16312857.jpg

けど、これぞビッグアドベンチャーって感じで所有感もあり、乗ってて楽しいです。
デザインもヤマハらしくて、とても気に入りましたよ♪















でも・・・




でもこれもまた・・・




僕のじゃないから・・・




ヒデちゃんのNew Bikeだから・・・

d0164443_16322084.jpg

さよならスッテネ~(T_T)



2年も経たず、早々にVストローム650XTから乗り換えた高校からの友人ヒデちゃん^^;
日に日にカスタムされていき、10年は乗るとか言ってたような気もするけど・・・^^;;
d0164443_16471464.jpg

Vストが気に入ってただけに『おいおい』という突っ込みをしちゃいましたが、
思いがけないタイミングで知人から譲り受け、乗り換えたようです。

今度こそは長く乗るそうですよ・・・?

ヤマハのバイクが2台・・・
d0164443_16361048.jpg


d0164443_16363862.jpg


d0164443_16364964.jpg

う~ん、どっちもカッコイイ!
また一緒にいろんな道を走りましょう!

という事で、僕はまだまだトレーサーと走り続けますよ!惚れてますから~♪






[PR]
d0164443_13373647.jpg

京都旅、最後は僕的に一番行きたかった東山慈照寺(じしょうじ)銀閣寺です。

大刈込の生垣を両脇に配したエントランス。
d0164443_13381094.jpg

心が切り替わる空間ですね。

中門から境内に入ると、すぐに銀閣が姿をあらわします。

観音殿(銀閣)
d0164443_13480138.jpg

室町幕府8代将軍の足利義政が金閣寺を模して・・・(あとは調べてください^^;)

金閣とは対称的に、情緒ある佇まいの銀閣。
d0164443_13502049.jpg

向月台(こうげつだい)
d0164443_13521892.jpg

高さ1.8m、富士の形をした盛り砂。
この上に坐って東山に昇る月を待ったものと言われておるそうな・・・

銀沙灘(ぎんしゃだん)
d0164443_13583646.jpg

月の光を反射させる役目をもつと言われておるそうな・・・
龍安寺の石庭とは違い、直線的でダイナミックな枯山水ですね。
d0164443_13590728.jpg

銀沙灘、向月台、銀閣・・・
d0164443_13595445.jpg

これらの造形もまた見る人の自由な解釈に委ねられています。
禅寺ならではですね。


続いて、名園と言われる境内を散策。
d0164443_14021672.jpg


d0164443_14025017.jpg

東求堂(とうぐどう)
d0164443_14002487.jpg

内部4つの部屋のひとつである4畳半の同仁斎(どうじんさい)は、現存する最古の書院造だそうな・・・


石段を上るとある展望所からの銀閣寺。
d0164443_14013819.jpg
境内全域や、京都市街を見渡せる絶景ポイントです。


そうそう、金閣寺同様、随所にある苔庭がとても美しく心惹かれました。
d0164443_14034463.jpg

コケティッシュなコケ^^;
d0164443_14054252.jpg

ええわ~
d0164443_14071022.jpg

最後は苔の写真ばっかりです^^;;
d0164443_14064371.jpg

以前に来た時も思いましたが、やはり銀閣寺は良いですね♪
いろいろ見て、触れて、感じて・・・心落ち着くようでした。

久しぶりの京都散策・・・寺院巡りは奥が深いですね。
とは言えまったく勉強せずに行っても、とても楽しめました。
これをきっかけに、今後もう少し掘り下げて勉強しようと思っています。

次は大原や嵐山方面かな。思っていた以上に近いのでまた家族で来よう♪
d0164443_13503235.jpg






[PR]
d0164443_21224624.jpg

清水寺を出発して、本当はここから近い銀閣寺へ行く予定でした。
ところが何と、この日は京都マラソンで交通規制がかかり、通行止めで近づけません。
予定を変更し、大回りしながら先に金閣寺へ向かう事にしました。

鹿苑寺(ろくおんじ)
d0164443_21261919.jpg

長男君は1年前に来てるので、いろいろ説明や案内をしてくれます^^

舎利殿(金閣)
d0164443_21231715.jpg

おぉ、ゴージャス\(^o^)/

室町幕府の第三代将軍の足利義満により建立され・・・(あとは調べてください^^;)
d0164443_21571256.jpg

鏡湖池(きょうこち)にも映る舎利殿は豪華絢爛であり、とても神秘的でした。
初めて来た次男君もご満悦でしたよ。
d0164443_21272739.jpg

そして鹿苑寺境内を散策。

苔庭がとても美しいです。
d0164443_21293098.jpg

最後はまたお土産屋さんで、わらび餅や八つ橋を試食して、いろんな意味で大満足な金閣寺でした。


さて、お次はここから『きぬかけの路』を歩いて龍安寺に行きます。
(途中で昼食を済ませました。)

龍安寺
d0164443_21314544.jpg

龍安寺と言えば 石庭 ですよね。
d0164443_21321367.jpg

東西25メートル、南北10メートルの空間に白砂を敷き、15個の石を配した石庭。
この石庭は見る人の自由な解釈に委ねられています。
d0164443_21484507.jpg

この庭を見て僕は何を思うのか・・・

『我思う、ゆえに我あり』・・・

これくらいしか浮かばなかったです^^;


ここには銭形のつくばいがあります。(ちょっと手入れ中?で字も見づらい・・・)
d0164443_21350762.jpg

吾唯足知(ワレタダタルヲシル)
ほほぅ・・・禅の格言だそうな・・・

薄っぺらな僕ですが、今日は何かこう物思う日でありましたぞ^^;

さあ、金閣寺の駐車場まで歩いて戻り、本日最後の銀閣寺へ参りましょう♪
まだつづく・・・^^;
d0164443_21413266.jpg






[PR]