d0164443_06560454.jpg

寸又峡ツーリングから使い始めたクシタニの フルメッシュジャケット 
d0164443_06452188.jpg

フルメッシュ仕様のジャケットは初めて着るのですが、まずまずの風通しですね。
生地がしっかりして目も細かいので、思っていたよりも涼しくない印象ではありますが^^;

木漏れ日の山道を走れば、そりゃあもう涼しくて気持いいです♪
ただ、30℃を越えた日向では、熱風すらも肌に入り込んでくる感じでして・・・

まあ、そんな弱点もあるにしろ、着心地も良くて、満足な一品ですよ♪
d0164443_06595662.jpg

ついでにクシタニの Eワークコーデュラパンツ も夏用に買ったけど、
高強度のコーデュラナイロン混紡だからか、これも生地が厚く、
まったくもって通風がないので、ぜんぜん涼しくないです^^;

けど、下半身はトレーサーのエンジン熱もすごいから、これくらい生地が厚い方がいいんじゃね!?
って思う事で、僕の中では決着がつきました^^;;
d0164443_07001716.jpg

あっちを取れば、こっちがダメで・・・まぁそんなもんです。


この頃はまだ梅雨開け前でしたけど、その時の方が今より体感的には暑かった感じ。
d0164443_07014448.jpg

最近は高気圧の配置、停滞台風5号の影響か、パッとしない天気が続いているけど、
僕はぷらぷらも含めて、毎週のようにバイクに乗っている♪
d0164443_07064147.jpg

そして大なり小なり、毎回雨に降られている・・・







[PR]
d0164443_18354509.jpg

さて、ハイキング&温泉の後は、クネクネ道へ戻りましょう。
お次は接阻峡方面へ向かいます。

寸又峡からピストンのr77を南下します。
r388へ左折して、少し走ると大きなダムが忽然と現れます。
d0164443_18360849.jpg

長島ダム
d0164443_18362131.jpg

あまりダムに拘りはないけど、なかなか壮観なダムだったな。

ツーリングマップル見ながら、接阻峡って結局どこなんだろう?
って感じで、この辺りをうろうろと行ったり来たり・・・

そんなこんなで、苔むした細道を走ってたら突き当りにあった 関の沢展望台
d0164443_18435939.jpg

ここからは鬱蒼とした山深い渓谷が遠目に見えるだけでした(ーー;)
d0164443_18453667.jpg

うろ覚えだけど、接阻峡って赤い橋のイメージがあるんだけどなぁ・・・
d0164443_18461076.jpg

残念ながらここじゃないようだ・・・まっ、いっか^^;

後で調べたら レインボーブリッジ展望所 ってところだそうな・・・
ツーマプに書いといて欲しいよ(ーー;)



気を取り直して、さあ走ろ走ろ! で、r60 南アルプス公園線 を南下します。
d0164443_18551850.jpg

少し走ると素朴で素敵な 大井川鐵道 南アルプスあぷとライン の井川駅がありました。
d0164443_18564310.jpg

小さくてかわいらしいディーゼル機関車が出発して行きます。
d0164443_18571822.jpg

何かほのぼのとした時間が過ぎていきました^^



そして、ここもまた壮観な 井川ダム
d0164443_18581646.jpg

ここを渡って、
d0164443_18580089.jpg

クネクネ道再開です。
d0164443_18592934.jpg

長い長いクネクネ道の南アルプス公園線。
d0164443_19000000.jpg

途中にある富士見峠。
d0164443_19002426.jpg

名前とは裏腹に、富士山方面は全く見えませんでした^^;
だけど反対の南アルプス方面はまずまずの展望です。
d0164443_19010640.jpg

ただ今日はもう見飽きた感じの展望でしたね^^;;


とても山深く・・・
d0164443_19035507.jpg

所々で工事案内看板が立っていて、平日は通行規制も多そうなr60。

路面も結構悪いです^^;
d0164443_19012507.jpg

そして、天気は下り坂の模様でして・・・
d0164443_19034197.jpg

どんよりしてきたクネクネ細道を抜けた頃には、結構な疲れも出てきました。
d0164443_21372833.jpg

90分以上ハイキングした体ですので、これ以上バイクで細道をクネるのは止めることにし、
R362を南下して、静岡SAスマートICより新東名で帰路に就きました。

最後に藤枝PAで休憩していたら、雨がパラパラと・・・
d0164443_21385883.jpg

やはり僕にはカッパは必需品ですな^^;

雨の高速でしたが、地元に着くころには雨も上がり、
d0164443_21395809.jpg

少し気温も下がってきたようで・・・カッパを脱いで気分爽快\(^o^)/
d0164443_21403225.jpg

せっかくだから近くの公園まで足を伸ばし、夕暮れの空を眺めながら、今日のふらり旅を思い返す・・・

雨上がりの匂いと共に、気持ち良い風が吹いていました^^
d0164443_21431986.jpg

走行380km 走りごたえもある寸又峡エリア。
次はキャンプで1泊しながら、さらに奥の畑薙湖まで行きたものだな♪






[PR]
d0164443_08192509.jpg

7月初旬の梅雨の晴れ間。新調したタイヤを試しに、思いっきりクネクネしたくて秘境 寸又峡へ。
新東名、浜松浜北ICで下り、R362で快適ワィンディングロードを北上します。

近づくにつれ細道になり、苔のカーテンが迎えてくれる^^
d0164443_08240502.jpg

木漏れ日の中
d0164443_08253276.jpg

苔の細道をゆく
d0164443_08212505.jpg

新調したツーリングタイヤは、倒しこみ、切り返しも重く、少しかったるい。
けど、逆に言えば、落ち着きのあるドッシリした安定感のあるフィーリング。

グリップは全く問題無し。
僕の走りじゃむしろフロントの接地感は今までのタイヤで一番ある感じで好印象だな。

川根、天空の茶畑
d0164443_08282422.jpg

天空って・・・まあちょっと大袈裟かな^^;
d0164443_08285252.jpg

今日は湿度も高く、気温も30℃を越え、不快指数は少々高い・・・
d0164443_08295214.jpg

とても蒸し暑い日だったけど、梅雨の季節も体に感じさせてやらないと!
僕のバイクライフにはシーズンオフなど無いさ~♪
d0164443_08314419.jpg

とは言え40代後半ですから・・・無理せずにね^^;


さて、寸又峡エリアに侵入。この辺り独特の秘境ムードになってきました\(^o^)/
d0164443_08334757.jpg

突き当りの無料駐車場に止め、ここから90分の 寸又峡プロムナードコース を散策します。
d0164443_08341263.jpg

バイクで走ってるだけでは老化を防げませんから~
みっちり歩きますよ♪
d0164443_08351592.jpg

本来ならエメラルドグリーン色の川も、梅雨の晴れ間だけにカフェオレ状態^^;
d0164443_08364348.jpg

定員10名の 夢の吊橋(長さ90m、高さ8m)
d0164443_08365395.jpg

仲睦まじい素敵なカップル達に囲まれて、おっさん一人で渡ります^^;

そうそう、今回2回目の吊り橋ですが、1回目は結婚する前に奥さんと渡ったっけ^^
d0164443_08380183.jpg

あの頃はまだ僕らも仲睦まじいカップルだったなぁ^^;
あっ、今も普通に仲良し夫婦ですよ!・・・?
d0164443_08392276.jpg

吊橋の巾は、足場板2枚分。歩くだけで結構揺れます!
楽しいですよ~^^
d0164443_08385701.jpg

渡り終えると、急激な階段登りが始まります。
d0164443_08395506.jpg

この階段がコース中一番きつかった(ーー;)

途中にある 尾崎坂展望台 にはトイレや自販機があります。
あまり展望は良くなかったですが、カフェオレ色の川が拝めました^^;
d0164443_08413019.jpg

ここにはトロッコ列車の展示もありましたよ。
d0164443_08422855.jpg


飛龍橋(長さ72m、高さ70m)を渡れば、ようやく引き返す感じになります。
d0164443_08425067.jpg

先ほど渡った夢の吊橋が随分遠くに感じます^^; (駐車場までは、さらに倍くらいあるかな)
d0164443_08431728.jpg


歩きながら、こんな景色がずっと楽しめます。
d0164443_08434951.jpg

以前行った、トロッコ列車に乗って行く黒部峡谷を思い出すような風景。
d0164443_08445757.jpg

夢の吊橋前後で階段がありますが、他は高低差もあまりない舗装路ですので
ライダーブーツでも歩きやすいです。
d0164443_08475325.jpg

寸又峡プロムナード 90分コース、おすすめですぞ!



コース出口にある食堂で山菜蕎麦を食べ、
d0164443_08481112.jpg

食後は歩いて行ける温泉でまったりと^^
d0164443_08483230.jpg

町営露天風呂 美女づくりの湯
d0164443_09070464.jpg

露天のみの小さな温泉ですが、疲れた体をリフレッシュできました^^

ハイキング、食事、温泉と1ヶ所にまとまっていて、スムーズにアクティビティを
楽しめるところがポイントが高い、寸又峡エリアでした♪

つづく・・・







[PR]