2013 四国キャンプツーリング 2

d0164443_20562875.jpg

2日目の早朝5時、いつもの朝ラーで始まります。
美味しい上に、体も温まって・・・テントからセローを眺めながら食べる朝ラーはやめられないです。
d0164443_20565146.jpg

『早起きしておっちゃんを叩き起こす』と言ってたイッちゃんは出発前にやっと起きてきました^^
『おっちゃん元気でね』
『イッちゃんありがとね』

特におじいには『奥さんを大切にするように!』と切実に言われました^^;
相当遊び人に思われたかな^^;;  ・・・でも肝に銘じます!

連泊するイッちゃん達に別れを告げて、昨日走ったr16のクネクネ道を再度走ります。
d0164443_20581437.jpg

四国らしい楽しい道で
d0164443_2059527.jpg

一部山岳ロード的で・・・こんな道が続きます。
d0164443_210711.jpg

夏はね、トンネルの天然クーラーが気持ちいいですなぁ。
d0164443_2101421.jpg

変わってR193→R195は快適片側1車線で、高速コーナーが楽しめます。
d0164443_2114111.jpg

往生際の悪いオフローダーは、せめて高の瀬峡付近だけでもとダートを求めて
昨日とは逆側の剣山スーパー林道入口へ体が勝手に右折してしまう^^;
d0164443_2112426.jpg

あまりよく見えない高の瀬峡から始まるフラットダートで、スピードを上げ駆け抜けます。
d0164443_2113240.jpg

早朝に走るダート・・・朝ラーに続く、朝ダーも最高です♪
d0164443_2123141.jpg

林道で休憩も済ませ、再度R195を高知市方面へ南下します。
山深い奥物部集落を抜け、物部川を橋から見下ろす・・・
d0164443_21142135.jpg

もうこの時点で、止まると陽射しが強すぎて・・・『あぢぃよ~』(T_T)

けど、走れば何とかしのげます・・・R195→r385→龍河洞スカイラインを目指します。
暑いですからね・・・高知市街へは出来るだけ近寄りませんよ!

龍河洞スカイライン
d0164443_21261884.jpg

気持ちいいワインディングで、峠を越えると展望が良くなります。
d0164443_21262518.jpg

そこから海を求めてr14へ一気に南下します。
まったく木陰がない・・・直射日光を浴びて走る・・・ホントーに暑すぎますよ(-_-;)

そして、ここへ来た以上、桂浜のあのお方に会いに行きます。
例に漏れず、私も学生時代に『竜馬がゆく』を読んで以来の幕末ファンな男です!

坂本竜馬先生 お久しぶりです。
d0164443_21272090.jpg

初めてお会いしたのはかれこれ21年も前のことです。
相変らず、ものすごい賑わいですね・・・ 『近くにきたらまた寄ります』

それにしても『あ・・・あぢぃよ~』 あまりに暑くて・・・アイスクリンが10秒で溶けだします(-_-;)
d0164443_2128033.jpg

今日の桂浜は、人ごみとは打って変わってとても穏やかでした。

さて、竜馬先生に別れを告げて、r14へ戻ります。
山好き男ですが、ここからシーサイドラインを堪能しようと思います。
d0164443_21285835.jpg

いろいろなタイミングで一度も走れてなかった道 横浪黒潮ラインへ向かいます。
d0164443_21302881.jpg

横浪黒潮ライン・・・海を見下ろしながら走る絶景ロードです。
d0164443_2132593.jpg

そしてそこには、あのお方がいます。
d0164443_21333297.jpg

武市半平太先生 はじめまして。お会いできて光栄です。
今回の旅では必ず来ようと思っていました。

そこには誰もいませんでした・・・それはひっそりと・・・須崎の海を見守っていました。
『近くにきたらまた寄ります』
d0164443_21341520.jpg

絶景の横浪黒潮ラインを下り、R56へ合流後、道の駅 かわうその里すさき で遅い昼食。

かつおのタタキ膳 1,500円 ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりました。
d0164443_21343967.jpg

お店のクーラーで火照った体も少し冷め?ここから近くのキャンプ場を目指します。
七子峠経由でr41へ右折し、天満宮前キャンプ場へ早めの到着。

天満宮前キャンプ場 300円 コインシャワーあり
d0164443_21351025.jpg

四万十川で川遊びも出来るとってもお得なキャンプ場です。

『あ・・・あぢぃよ~』 暑すぎて、頭半分クラクラしながらのテント設営でした。
たっぷり汗をかいたので、近くの 四万十源流の家 へ汗を流しに行きます。

途中にある四万十川上流から2番目にあるこじんまりとした沈下橋を渡ってみる。
今年は雨が降らず、水がとても少ないそうです。
d0164443_21354042.jpg

さて、四万十源流の家 入浴料 400円 です。
d0164443_21372882.jpg

内湯のみの小さな浴室ですが、貸切でゆっくり水浴びしました^^;
体が火照ってまして・・・湯船に入ってたのは約2分でしょうか^^;;

さっぱりしてもキャンプ場に戻ればすぐ汗だくです・・・
なんと四万十市で連続最高気温40℃を越えていたのは、帰宅してから知りました(-_-;)
d0164443_21392769.jpg

あまりに暑いので夕暮れまじかの四万十川へ・・・
d0164443_21394749.jpg

気持ちいい~♪
d0164443_21401819.jpg

今宵のキャンプ場は、スーパーカブ軍団の宴会やら、深夜まで騒ぐ家族連れやら・・・
極めつけは、深夜0時から始まった、とんでもガールズの花火大会やらで・・・
安いキャンプ場は無法地帯でした(-_-;)

ただ電灯も早々に消え、真っ暗なキャンプ場から空を眺めるとそれはもう綺麗で・・・
ペルセウス流星群でしょうか、流れ星が今日もたくさん見れました。
それだけが救いでした^^;
[PR]
by kuma_cafe | 2013-08-21 22:10 | キャンプ旅 | Comments(0)