2013 四国キャンプツーリング 3

d0164443_2115399.jpg

なんだかんだぐっすり眠れた感じで^^; 早朝5時に目を覚まし、朝ラーで体を起こします。
d0164443_21151944.jpg

暑くなる前に撤収して、早朝6時半頃の出発でした。

今日は出発してすぐ、鈴ヶ森林道 20km程の極上ダートを走ります。
d0164443_21161945.jpg

朝ダー最高♪
d0164443_2117450.jpg

渓流沿いのフラットダート。早朝の木漏れ日の中を走れる喜び\(^o^)/
d0164443_21171631.jpg

キャンプ場から早めに出てきたので渓流に下りて森林浴。
コーヒー飲んだり・・・
d0164443_21175373.jpg

穴を掘って野外で所用を済ませたり・・・^^;
ここでもたくさんの鹿を見ましたが、お尻出してるときに “バキューン” と
鹿猟の鉄砲音がこだまするのはとても怖い体験でした^^;;

さて、渓流沿いのフラットダートから、峠へ向けて登る頃にはワダチやガレが出てきます。
そこもまた林道の楽しい一面です。ラインを選んで右左。対向車だけは注意です。

峠を越えると展望がありました。
d0164443_21182562.jpg

ガタガタ道を懸命に登り、山深い林道からみる景色はやっぱり心に響きます。
鈴ヶ森林道・・・素敵な林道でした。

林道を抜け、分岐のR439(与作)を北上するとすぐ、あのお方がおられます。
d0164443_21204752.jpg

吉村虎太郎先生 ご無沙汰しておりました。
d0164443_21211142.jpg

不謹慎な物言いでしょうが、私の中でカッコイイ銅像No.1は今だ揺るぎません。

グッと心が熱くなりました・・・体も暑いですが^^; 
『近くにきたらまた寄ります』

さて『ここからは、Tシャツで走ろうよ♪』

ここらは景色のいいツーリングルートが目白押し!さっそく天狗高原カルスト台地へ向かいます。
d0164443_21215768.jpg

気持ちいいワインディングの東津野城川林道(舗装)でグイグイ標高を上げていきます。
d0164443_21222383.jpg

天狗高原が見えてきました。
d0164443_21223244.jpg

標高1400mを越えた高原は・・・無風で・・・とっても暑かったです^^;
d0164443_21234534.jpg

そう、この日は四万十市で観測史上最高気温41.0℃を叩き出した記念すべき?灼熱デー。

だから暑さでクラッとする瞬間がたまにありますが、龍馬魂で乗り切ります(^^)v
d0164443_212415100.jpg

容赦ない陽射しが、生腕をジリジリ焼いてくる・・・
d0164443_21245283.jpg

けどTシャツ走行はとっても気持ちいいのです\(^o^)/たまにはしようよ!

『こんなにも石ありました?』と思えるくらい快晴でよく見えました。
姫鶴平で休憩し、涼しい高原の風を待ちましたが・・・やっぱり最後まで無風でした(T_T)

地芳峠からクネクネR440→快速R33を北上し 道の駅 みかわ で早めの昼食にしようと思ったら
お店は休みでした・・・お盆で休みなんてさ・・・私と同じ昼食難民が自販機横であふれてましたよ。

気を取り直してr212→R494で面河渓谷へ
d0164443_21255991.jpg

『はあ~息子達と一緒に橋から川に飛び込みたい!』 気持ちいいだろうな~

面河グリーンですか?
d0164443_21262410.jpg

いや面河ブルーですか?
d0164443_21263122.jpg

ナナフシ君もいいところに住んでいるね~。
d0164443_21321050.jpg

おかげさまで、涼しい木陰で心と体をクールダウンできました。

さてお次はツーマプにある通り、豪快なワインディングの石鎚山スカイラインを走ります。
d0164443_21265113.jpg

展望台からの石鎚山はとても雄大で、いつか山頂へ登ってみたいものです。
d0164443_2127396.jpg


暑かった下界から一気に駆け上がりスカイライン終点頂上での石鎚山の風は・・・
四国上陸後、最高に心地良い風が吹いていました。
d0164443_21274770.jpg


そこで、地元愛媛県に里帰りしてきたKLXの方としばし談義。
石鎚登山の事や、面河渓、カルストや四万十・・・いろいろ旅談義に付き合って頂きました。
ほとんど高知県の話だったので『愛媛県もいいとこありますよ』と言われた時に
『佐田岬も行きました、いいですよね~』と21年も前の事を持ち出しましたが時すでに遅し・・・

少し悲しげなKLXの方と別れ、楽しみにしていた瓶ヶ森林道(通称UFOライン)へ♪

スカイラインから瓶ヶ森林道分岐にさしかかると、ナント 『崩落の為通行止め』 看板(T_T)

あ~またしても・・・瓶ヶ森林道 3回目で1勝2敗です。
走って楽しいエスケープルートr40があるのでまあ良しとしましょう。

けど往生際の悪いオフローダーは行ける所までは行くのです。
d0164443_21291659.jpg

あ~最高の天空の道。
d0164443_21302913.jpg

前回はダートもあって・・・それはもう私にとっては天国のような道でした。

程なく通行止めで・・・瓶ヶ森(男山)登山口までは走れました。
d0164443_21304840.jpg

この先の道は・・・
d0164443_2131666.jpg

いつかまた・・・必ず!

6、7km程戻ってr40でクネクネ道で下山します。
予定では北上して高速で帰ろうとも思っていましたが、まだまだ走り足りないのでR194を南下。

快適区間のR439(与作)を西へ徐々に北上し、道の駅 土佐さめうら で遅い昼食にしました。

火照った体をお店のクーラーで冷ましつつ・・・
熱~い『嶺北牛肉うどん』を大汗かきながら食べます^^; 
d0164443_2131285.jpg

こ、これはとっても美味しいですよ!おすすめです!!

さて、お腹もいっぱいになってR439からR32で大歩危小歩危へ
d0164443_21322564.jpg

その先の徳島自動車道 井川池田ICで高速に乗ろうと思ってましたが、まだ四国を走りたい気持ちが強く・・・
吉野川に沿ってR192を徳島方面へ流す事にしました・・・その時の気分でころころ変わります^^;

最後に、夕暮れの吉野川を・・・
d0164443_2132446.jpg


たくさんの人で賑わう阿波踊りを横目に走り、徳島港からフェリーで和歌山港へ向かいます。
また走りにきますよ、さよなら四国!
d0164443_21343057.jpg

和歌山港へ到着する頃には日付も変わっていました。

阪和自動車道 和歌山ICからは夜の高速走行。
『来た道とは少し変えよ』 と吹田経由で初走りの新名神高速道路へ向かいます。

途中、桂川PAによると、寝て下さいと言わんばかりの畳敷きベンチあり♪
昔、ロンツーでは高速SAのベンチでよく寝たものです。2時間程仮眠させていただきました。

夜明けの快適な新名神を走り、朝日が眩しくて眠気を誘う伊勢湾岸を乗り切って早朝7時に帰着すると・・・
d0164443_21411144.jpg

庭で次男君が水遣りをしてた(^^)

『おかえり~』の第一声で最後の緊張感が解けました。

地元を離れると、よりいっそう人と出会い話せるような気がします。バイク一人旅ではなおさらに・・・
これからも少しずつ日程を延ばしながら、心の趣くままに、あまり計画せず、適当な一人旅をして行きたいな。

40代になっても相変らずな行動で・・・いろいろな意味でリターンな感じな走行1,400km程のバイク旅でした。
d0164443_21415127.jpg

[PR]
by kuma_cafe | 2013-08-23 22:39 | キャンプ旅 | Comments(0)