2015 信州キャンプツーリング 3

d0164443_1741013.jpg

白樺湖付近からの蓼科山方面は・・・随分と雲が多そうです(ーー;)

蓼科スカイライン
何年も前にセローと走っていますが、あの時は新緑眩しい6月だったっけ。
今日はそれとは違った景色に会えそうで、ワクワクです。

木漏れ日で迎えてくれた蓼科スカイライン。赤いマシンが駆け抜けます(^_-)-☆
d0164443_17422057.jpg

御泉水自然園を横目に気持ちいいワインディングが続きます。

以前家族でもゴンドラリフトに乗って、御泉水自然園を散策した事を思い出します。
ツーリングの時はリフトに乗らなくても走っていけます。時間があれば、ここおすすめですよ。

太陽は隠れても、しっとりとした秋の気配が気持ちいい。
d0164443_17445733.jpg

トレーサーを道路脇に止めては、少し散歩・・・この繰り返しです。

ぐんぐん標高を上げながら、蓼科山をクネクネ道で右へ左へ回り込む。

あっちで霧に包まれて・・
d0164443_17452323.jpg

こっちで太陽の光を浴びて・・・
d0164443_17454831.jpg

めまぐるしく変わる道と景色でして、楽しいったらありゃしない^^
ここも随分と紅葉しており、とても綺麗でしたよ。
d0164443_17471253.jpg

標高2,093m。大河原峠で軽い昼食。
d0164443_17493926.jpg

ここからも蓼科山の登山道があります。来年はこの蓼科山頂を制覇しよう!
d0164443_17495710.jpg

蓼科スカイラインは、蓼科側のクネクネ道から、佐久方面は高速コーナーが多い道に変わる。
トレーサーと走るこの道も最高に楽しかった!
僕的にはこの周辺で一番バイクで走って楽しい道かも?なんて思っています。
d0164443_17532970.jpg

佐久市からは南下して、お次は定番のR299メルヘン街道を走ります。
一部青空も広がっていて、ヘルメットを脱いで深呼吸♪
d0164443_17531335.jpg

曇り空が多いからこそ、突然現れる青空がとてもうれしいのです。
d0164443_175625100.jpg

10月初旬、ここもすっかり紅葉していて・・・もうピークは近いでしょうか。
d0164443_17564367.jpg

今年の秋は早くて短いんじゃないか・・・そう思いました。

尖ったヤツが見えてくると心が高ぶりますな^^;
d0164443_1757258.jpg

八千穂高原の白樺林はカメラマンがいっぱいでした。
d0164443_18422395.jpg

僕も脇にバイクを止めて、少し散策。
d0164443_17574957.jpg

ここではさすがに太陽光があったらなぁとぼやいてしまいました。ホント素敵な空間です。

『寒いよ~』と叫びながら、グングン標高を上げる。
d0164443_1759544.jpg

でも、良い所があれば何度もバイクを止めて、また深呼吸^^
d0164443_1801069.jpg

ぜんぜん先に進まないよ~^^;
d0164443_17591926.jpg

ようやく標高は2,000mを越えて・・・

メルヘン街道最高地点 麦草峠に到着。
d0164443_1811199.jpg

どんよりした天気ではありますが、白駒池周辺は、たくさんの人でにぎわっていました。

ここから下り始めると、蓼科方面は太陽サンサンでありまして・・・
d0164443_1813298.jpg

やっぱ天気は良いほうがいいに決まってますね^^;
d0164443_1814457.jpg

下りは一気にトレーサーの走りを堪能しました。

途中、『蓼科温泉 石遊の湯』という看板があり、吸い寄せられるように行ってみる。
『こういう素朴な温泉に入りたかったよ~』と思うような温泉でした♪
d0164443_1821276.jpg

貸切状態だったのですが、写真は厳禁ということで・・・
二つの湯船があり露天はぬるめでゆっくり長湯できました。

お隣りには、お蕎麦屋さんがありまして・・・
d0164443_1834184.jpg

山芋せいろ 大盛り 1,250円
d0164443_1835219.jpg

せせらぎを聞きながら、外のデッキで食べるお蕎麦。とても美味しかったです♪

さて、気付けばもう14:00を過ぎていまして、潔く信州を後にする事にします。
d0164443_1864065.jpg

さよなら信州。また来るよ~。

諏訪から飯田山本まで高速に乗り、R153で帰路に就きました。

2日間の走行距離は650km。今回も止まってばかりの、ゆったりキャンプツーリングなのでした^^
d0164443_1865290.jpg

[PR]
by kuma_cafe | 2015-10-16 20:04 | キャンプ旅 | Comments(0)