DAY2 蓼科山登山 IN 駒出池キャンプ場 8/9-12

d0164443_21322473.jpg

今日は少し早めに起き、おにぎり弁当をこしらえて山登りに挑戦です。

ツーリングでビーナスラインに来ると、いつも見上げていた山・・・
日本百名山 蓼科山 を登ります。

蓼科スカイラインをひた走り、標高2093m、大河原峠からの登山コースを選びました。
家族みんなで山頂に行きたいので、あまり標高差のなさそうコースを選んだ次第です^^;

まずは木漏れ日の中、クマザサの中を歩く・・・
d0164443_21335808.jpg

歩き始めは勾配も緩く、気持ち良く歩いていましたが、徐々に勾配がきつくなっていきます。
石が敷き詰められた登山道を、何度か休憩しながら登ります。
d0164443_21353137.jpg

台風もあり雨もたくさん降ったと思われますが、それほどグチャグチャじゃなくて良かったです。
d0164443_21361551.jpg

なにせ我が家全員、登山靴じゃないですからね^^;
d0164443_21381392.jpg

縞枯れ現象だそうな・・・
d0164443_21424619.jpg

途中展望もほんの少しあり^^
d0164443_21390359.jpg

登りはきついですが、楽しみながら蓼科山荘がある将軍平に到着。
d0164443_21441768.jpg

我が家はコースタイム25分遅れの1時間45分程かかりました^^;
(上の写真は下山時のもので少々ガスってます)

おやつ休憩をして、さあ、アタック開始!
ここから、本格的な岩場になり、両手両足を使って登って行きます。
d0164443_21462169.jpg

長男君は体力が有り余っているので余裕です。
d0164443_21465350.jpg

次男君も体力的には大丈夫ですが、少々怖がりな所があるのでそれが心配。
d0164443_21472667.jpg

場所によっては急勾配な所があります。山頂に近づくにつれ、視界が開けている所もあるので
そこを『景色が最高~』と思うか、『落ちそうで怖い~』と思うか・・・
d0164443_21482470.jpg

案の定、次男君の足が止まりました・・・
d0164443_21490801.jpg

けど、声を掛け合い、気持をすぐに切り替えて登り切りましたよ♪
d0164443_21513980.jpg

奥さんも、ほんの少し遅れて到着。

蓼科山 標高2530m 家族全員登頂成功です\(^o^)/
d0164443_21525024.jpg

ゴツゴツとした岩が印象的な山頂風景。
d0164443_21550730.jpg

山登り初心者には見慣れない風景でとても新鮮です。

山頂には蓼科神社があります。
d0164443_21565942.jpg

神社で拝んだ後は、白樺湖方面が見渡せる反対側へ移動。
d0164443_21584700.jpg

霧が少々かかっていて少し残念でしたが、いつもとは逆にビーナスラインを見下ろしている事が
僕には感慨深かったです^^
d0164443_21594857.jpg

さあ、景色が良さそうな所でおにぎり弁当でも食べようと言うと・・・

長男君はお気に入りの所を見つけ、勝手気ままに一人で食べ始めました(ーー;)
d0164443_22003514.jpg

おいおい、一緒に食べないのかい・・・どこまで自由人なんじゃい・・・
あれで部活じゃキャプテンやってるそうだけど、大丈夫かいな^^;

しょうがない、3人で食うか・・・

って、お前もかいっ・・・^^;;
d0164443_22011745.jpg

二人とも誰に似たんだか・・・
『お父さんでしょ!』・・・^^;;;

一人は気楽でいいのさ~
でも『一人だけでは生きていけないよ』って事さえ分かっていればそれでいいさ~(独り言)
d0164443_22015651.jpg

さて、お腹もいっぱいになったところで、下山しましょ。

下山中は太陽も雲で遮られ、霧も少々深くなってきたりと、家族4人だけでとても寂しい感じ。
これが一人だったら、怖いだろうなぁ・・・

一人好きの僕でも、登山だけは一人じゃ無理だな。
バイク(相棒)といれば、一人でも怖くないけどねっ^^

そんな事を思いつつ、コースタイムを大幅に上回りながらも、無事下山出来ました。
d0164443_22031451.jpg

大河原峠駐車場に着いてすぐに雨がパラパラと・・・間に合って良かった良かった♪

今日は大丈夫だろうと思って登った蓼科山ですが、天候が急変するかもしれません。
下山中、どんどん薄暗くなっていく登山道で、我が家の装備ではやはり危険だなと
少々反省させられた蓼科山登山でした。
d0164443_22195782.jpg







[PR]
by kuma_cafe | 2017-09-15 18:33 | キャンプ旅 | Comments(0)