カテゴリ:MT-09 TRACER( 9 )

d0164443_18301094.jpg

トレーサーのレバーはブレーキ側にはダイヤル調整の機能がありますが、クラッチ側にはありません。

おまけに、クラッチが切れやすいところに調整すると、あまり大きな手ではない僕には
レバー位置がかなり遠くに感じていました。

素早くチェンジすると、一瞬半クラになってしまったり、Uターンの時ハンドルを目いっぱい切り、
左手が伸びきった状態でのクラッチ操作がとてもやりづらい(ーー;)

今までレバーを変えた事はありませんでしたが、試しに調整機能のあるレバーに交換してみました。

U-KANAYA アルミビレットレバー ノーマルタイプ
d0164443_1832029.jpg

色は何色かありますが、ハンドル周りと同色の黒レバーを選びました。
ダイヤル調整部はワンポイントでボデーと同色の赤です^^

交換はまたまたプロトさんの動画を参考にしました。

ただ、トレーサーはブラッシュガードのステイがあってボルトが抜けません。
ミラーと共締めになっていて外さなくてもいいですが、ずらして作業する必要があり、かなり面倒です。
d0164443_1832281.jpg

下部のナットも長ナットに変わっていたりと少々動画と違いますが、他の構成はほぼ同じでした。

見た目は、純正のアルミの無機質な感じと違い、高級感も増しドレスアップ的にも良い感じ♪
ただし、乗ってる本人の視点だけで、外観はブラッシュガードに隠れて何も変わりません^^;
d0164443_18332489.jpg

使用感は、ブレーキ側は純正よりさらに近くに調整もでき、タッチも良い感じです。
d0164443_18334347.jpg

肝心のクラッチ側は、少し近くで操作できるようになった・・・という感じでしょうか。
僕は中・薬・小指の3本掛けが基本ですが、停止時にギヤの入りやすい位置に調整すると、
人差し指が結局干渉しますから、それなりに遠くの位置になってしまいます。

ただ、純正レバーとは形状が違うので、クラッチを切るのが軽く感じます^^
軽いぶんクラッチ操作もしやすくなり、手首の疲れも減るので交換するメリットは大きいですね♪

僕はU-KANAYAにしましたが、似たようなものがアマゾンやヤフオクでも安く売っています。
何が違うかよく分かりません。
d0164443_18342323.jpg

ただ、この小さなUKマークが少し安心感をもたらしてくれます^^
国内で専門のスタッフが組立、検品しているそうですよ。

あと、取付けたのは、またも無印のMT-09用に売っていた物ですがトレーサー用もあったみたい^^;;
取付も含め、今のところ支障はありませんが、値段も同じでトレーサー専用品が出ていますので
そちらのほうを選びましょう。
[PR]
d0164443_18501448.jpg

写真を撮る為に、奥へ奥へと入っていったり、未舗装な路肩にトレーサーを止める事がしばしばあります。

標準のサイドスタンドでは、柔らかい地面だとめり込んでしまい倒れそうになります。
その対策として、SW-モテックのサイドスタンドエクステンション を装着しました。

思っていたより、結構大きいです。
d0164443_18501896.jpg

取り付けはボルト3本で簡単に付きます。

これで、不整地でも安心して止めやすくなります。
d0164443_2248171.jpg

あと、トレーサーは平らな場所に止めても、バイクの傾きが大きいと感じていました。
シート高も高いだけに『ドッコイしょっ』と起こす事も何度もあります。

写真を撮る時は、路肩にバイクを止めるわけですが路肩は水勾配もありさらにバイクが傾きます。
時にはガードレールに当たりそうになったり、何度も押し引きして調整したり・・・
これが結構疲れる(ーー;)
d0164443_1857238.jpg

上の写真なんか、地面にめり込むは、傾きはハンパ無いはで、止めるだけで腕パンパンになりました。

でも、このエクステンションで5mmほどスタンドが高くなったので、傾きも穏やかになりました♪
普段使いでもちょうど良い感じです!
d0164443_17184482.jpg

クラッシュバーも含め、これでますます不整地へ行く気になりますね。
ですが、オフ車ではありませんので砂利林道を積極的に走りたいというわけではありません。
良い景色を見るのに、いま一歩奥へ入りこめるように・・・その為の備えであります。
d0164443_17174982.jpg

ところで、僕が取付けたのは、無印のMT-09用に売っていた物。

最近、トレーサー用がユーロダイレクトさんで扱い始めていました。
それにはMT-09には付けれませんと書いてありました。
写真を見た感じでも、締めにくかったボルトの位置が変わっています。

今のところ支障はありませんが、トレーサー専用品が出ていますので
少し値段が高いですが、そちらのほうが良いかもしれませんね。
[PR]
d0164443_1657625.jpg

トレーサー用のクラッシュバーが注文からほぼ2ヶ月でやっと到着しました。

エンジン部分のガードとして、ヤマハ純正のサイドスライダーは納車と同時に装着していましたが、
フレームからカウル部分のガードとして SW-モテックの クラッシュバーを追加装着いたします。

モ~テックらしく、牛の角のようなデザインです^^
d0164443_16574993.jpg

早速取付け!

参考になるプロトさんMT-09の動画(製品は違います)

ボルトにモリブデングリス・・・いるのかな?と思いながらも、持っているので塗っておきました。
d0164443_16575721.jpg

8mmのヘキサゴン使用 締付けトルクは45Nmです。
d0164443_1658716.jpg

エンジンのマウントボルトですので、ここはしっかりトルク管理しましょう!
d0164443_16581525.jpg

クラッシュバーの取付けは簡単です。
d0164443_16584277.jpg

ただ、ボルトを隠すプラキャップがきつくて指だけでは嵌めづらいです。
ゴムハンマーを使って、叩かずにまっすぐ押し込んでやばれば奥まで嵌めやすかったです。
d0164443_1764381.jpg

トレーサーの軽量感、スリム感が少し薄れてしまったけど、これでやっと安心して倒せますな^^;;

いやいや、出来るだけ倒さないように気をつけますよ!
けど、タイヤ二本ですから、倒れるもんです、バイクって・・・

トレーサーとは 『倒しても起こせばいいだけさ』 という感覚も少し持って、
気の向くままにいろんなところに行こうと思う♪
[PR]
d0164443_9564439.jpg

5月中旬到着予定だったGIVIのトレーサー専用トップケースホルダー。
一月遅れてやっと到着しました。

☆トップケースホルダー SR2122
☆ベースプレートはMONOKEY用 M7を選択。(M5よりシンプルで薄そうだったので)

購入先は 輸入バイクパーツ通販のSPIRALSPINNER さん。結構安いと思います^^
d0164443_9571970.jpg

精度もよく、取付はとても簡単ですが、ボルトが多くて少々めんどうです・・・

これが来るまでゴールドウィンのシートバック GSM17500 にお世話になっていました。
d0164443_10371073.jpg

これはこれで容量も多く、とても使いやすくてお気に入りです。
トップケースと同時装着可能ですので、今後も何かとお世話になるでしょう。

話を戻して・・・いきなり装着完了。
d0164443_1003422.jpg

尻上がりのラインが通ってて、箱無しでも良い感じ。とってもカッコイイです!
d0164443_1004742.jpg




ところで、箱はもう半月以上前から部屋にオブジェとして飾ってありました^^;

GIVI TREKKER OUTBACK(トレッカーアウトバック)OBK42BD
d0164443_101890.jpg

42リットルの小さいほうです。
d0164443_1012779.jpg

シルバーかブラックかで迷いましたが、統一感がありそうなブラックにしました。

付属の背の高いゴムに取替えたら付きません!
d0164443_1015792.jpg

説明書をよく読むと、M7ベースは取替え不要のようです。

早速箱を取付けて・・・
d0164443_10124985.jpg

うんうん、良いんじゃないですか\(^o^)/
全体写真はご近所さんが写り過ぎそうで、また今度にでも。

ただ、センタースタンドで立てた状態での使用はかなり高い位置になり、とても使いづらそうです。
d0164443_10125827.jpg

まあ何はともあれ、やっと箱生活に戻れました♪
鍵があり、雨も気にならず、開け閉め、脱着も簡単ですからやっぱり箱は便利です。

ところで、これを見た長男には『それって金庫?』なんて言われました(ーー;)
奥さんにも、『まるでカブに乗る銀行員みたい』と鼻で笑われました(T_T)

キ、キミ達はアドベンチャースタイルを知らないのかね・・・(そんなスタイルありましたっけ?)
バイクに乗らない人には、四角い箱のほうが違和感があるようだ・・・



-追記-
真横からの全体画像です。感想は・・・
d0164443_22283249.jpg

軽量なトレーサーがとても重たく感じました^^;
箱が高くて、案の定出し入れしづらいです^^;;
でも、イメージ通りでカッコ良くなりました♪


-取り急ぎ 追記2-
1、M7ベースのゴム・・・
やっぱり低いから、ガタツキまくって、1日でゴムの天端はボロボロになりました(ーー;)
嵩上げ対策が必要?今度デイトナさんに聞いてみよう。

2、1kg程ある(使いもしない)三脚を入れて、路面の悪い道を走ったら、
中でぶつかりあってさっそく表面がボコボコになりました(ーー;)
反省・・・重くて堅いものは入れないようにしましょう。

3、下り坂で手を離すとハンドルがブレまくる(ーー;)
トップケースはバランスがとても悪くなります。この箱重いから特に良くないかも・・・
トレーサーは位置が高くて後ろすぎる。

4、改めて見ると(特に正面から)出前の配達にも見える(ーー;)
四角い箱より、丸みのあるデザインのほうがトレーサーには合ってる気がする(爆)

う~ん・・・高いお金を出して、ちょっと残念な感じ・・・
あんまりネガティブな事をブログに書かないようにしてきたけど・・・個人的意見も含め参考までに・・・



-取り急ぎ 追記3-
あぁ、もっと使い込んでから書くべきでしたね・・・
中途半端では申し訳ないので、再度、取り急ぎ追記します。

1について・・・
デイトナさんに聞いてみると、トレッカーアウトバックの場合、
・M5のゴムは面積が小さいので2mmほど高いゴムに交換する
・M7のゴムは面積が大きいので交換不要のようです・・・。エェ~?高さの問題じゃないの~(笑)

大きい分、ゴムが重さでつぶれないので大丈夫ということでしょうかね?
でも1回のツーリングで、ゴムの天端は4つとも擦れて、ボロボロになってしまった。
d0164443_2215158.jpg

デイトナさんもトレッカーアウトバックの場合はM7ベースもゴムを交換しないのか
最初にGIVI社に確認したそうです。

答えは陽気なイタリアン?ですから、大丈夫ということだったそうです^^
それに、今のところこの不具合報告は無いようです。

ただそんな事例があったという事だけ伝えて頂き、もしも今後、不具合事例が多くて
対策品が出たら送ってくれるそうです。(あ、僕は並行輸入品ですのでお金払いま~す^^;)

僕的にも自分で取付けたし、製品の精度や個体差もあるかもしれませんので
今一度検証してみました。

まず、ベースも、箱も見た目は真っ直ぐで問題無い感じです。
手で押して箱がよく動くのは前側で、ギシギシ音がするのは、後ろ側の勘合部分でした。
d0164443_2231178.jpg

この写真は、箱の裏側で、赤丸が前側、青丸が後ろ側のゴムが接する部分です。
で、付箋で高さを調整しながら挟み込み、いろいろ検証してみると・・・

赤丸の前側のみ2mm高くすると、箱のズレや、勘合部のギシギシ音も無くなりました。
取付け時も勘合部分に強いテンションも無くスムーズに出来ました。

という事で、僕の場合は赤丸部の箱側に2mmのゴムシートを貼って対応することにします。

デイトナさんはM7ベースは扱っていますが、トレーサーのフッティングはまだ取り扱っておりません。
今後取り扱いがあると思いますが、日本での発売時は再度検証してくれるでしょう!

2について・・・
これは上で書いた通りで、軽いものを優先し、堅いものはタオルなどで包みます。
d0164443_2281432.jpg

3について・・・
トップケースのみだとバランスが悪いので、サイドケースを付けるといいかも(爆)
軽く片手でも添えていればブレませんので、このまま使います。

4について・・・
岡持ち(配達箱)に見えてしょうがなくなりましたが・・・許す事にしました^^;
d0164443_2283280.jpg


1以外は商品の事ではなく、僕の個人的使用感と、意見です。

結論として、デイトナさんの話も聞けたし、対策も出来そうなので少し気持ちも落ち着きました^^
すでに一部表面が凸凹してますから、ガシガシ容赦なく使い倒していきたいと思います♪
[PR]
さっそく  傷を深めちゃいました^^;

昨日、梅雨の晴れ間にツーリングに行こうと、シートバックを取り付けてる時、
バックルをはめ、ベルトをグッと引っ張ったその刹那・・・
勢いで少し前に進み、サイドスタンドが払われちゃったよ。

横にいるからとっさに支えようとしたけど、そこはそこ200kg越えてますから、
スローモーションのように左側に倒してしまいましたとさ(ーー;)

我家の駐車場はそこそこ水勾配があるのと、前輪が中途半端に土間の溝に掛かってて
少しの力で前に移動してしまった・・・

傷が付いたのはブラッシュガード(ハンドルガード)と、
d0164443_14183399.jpg


サイドスライダーと、
d0164443_1419662.jpg

『僕の心』のみです^^;

他は大丈夫だったのが救いです。
ガード類がボディをしっかり守ってくれる事を確認できて、ホント良かった良かった(T_T)

引き起こしもとっても軽くて、スイッと起こせましたよ!
一人で起こせることはとても大切なことです。皆さんも一度試しておくと安心ですよ(爆)


何はともあれ、何事も経験です。
傷者にしてしまったので、もう嫁には出せませんな。

『末永く、トレーサーといろんな体験を重ねていこう!』


ブルーな気持ちで出発したツーリングのレポはまた後日。
d0164443_14214971.jpg

青空がブルーな気持ちを解放してくれました\(^o^)/
[PR]

RED

d0164443_17541083.jpg

トレーサーと初めてくる東屋。やっぱりここに来ると落ち着く。

夕暮れ迫るいつもの東屋で、トレーサーの赤を思う。
d0164443_17542655.jpg

太陽の下では、明るい赤も
日の当たらない場所では深みのある赤となる。
d0164443_1755833.jpg

赤の中でもこの赤はおっさん大人っぽくて良い。

それゆえ、3色展開のトレーサーの中では一番不人気らしい^^;

R 楽はしない
E 偉ぶらない
D 誰のせいにもしない
千切れないこの絆の色 RED・・・
d0164443_18462127.jpg

これからトレーサーとの絆をよりいっそう深めていこう^^


『Revs your Heart』
d0164443_1811710.jpg

熱を帯びた赤いマシンに跨れば、アドレナリンを分泌し、気分が高揚してくる。

アクセルをポンと開ければ・・・ドキドキでワクワク\(^o^)/
d0164443_17552865.jpg

あぁ、この感じ・・・ヤバイなぁ^^
[PR]
d0164443_10333037.jpg

新しい相棒 MT-09 TRACERが家にやってきました。
注文から1ヶ月ちょっと、予定より早く納車されました。

マットシルバー、マットグレー、ディープレッドの3色展開。みんな良い色で、迷いました。
実車で3色確認し、唯一艶のあるカラーの赤に決めました。
d0164443_10321253.jpg

赤色もとても人気なようです。
ヤマハさんの販売パターンは最初に赤色の設定をよく持ってきますよね。

2眼 LEDヘッドライト ヤマハさん得意のイーグルアイを踏襲。
d0164443_1043594.jpg

標準でLEDなところもポイント高いです!

出るとこ出て、へこむとこへこませて・・・なかなかグラマーですぞ^^;
d0164443_10324312.jpg


ハンドル巾950mm・・・とっても広いでしょ!
翼みたいで・・・大空へ飛んで行きそうだぜぃ♪
d0164443_10475687.jpg


標準シートは、初日340km程走ったのですが、お肉の多い僕のお尻は痛くなかった\(^o^)/
全体のポジションも173cmの僕には丁度良いです!
d0164443_1125356.jpg

とてもやんちゃなバイクのイメージもありますが、
慣らし中という事もあって、すごく乗りやすいバイクだと思いました。
Bモードでまったり走っていると、とっても気持ちいいです♪

まあ、いろいろ魅力はありますが、一番の魅力はやっぱりこの3気筒エンジンです。
d0164443_10501935.jpg

オフ車の単気筒しか乗ったことのない僕が、オフロードはこの際おいといても
このエンジンを味わいたいと思って購入しました。

フォレスターの時も、FB20型エンジンに6MTで乗ってみたいと思ったのと同じ欲求ですね。

まだ未知数ではありますが、元気の良さと、Dモード(走行モード切替)による扱いやすさも相まって、
思ってた以上に楽しめそうなエンジンです。

そこに、この車体デザインが施されたところで、もうイチコロでした。
d0164443_1104417.jpg

カッコイイなぁ・・・このデザインは新しいなぁ・・・で、惚れちゃいましたとさ(#^^#)

友人のVストの時と同じ、茶臼山周辺~馬籠宿へ山道三昧の慣らしコース。
d0164443_10544824.jpg

たくさんの桜やはなももで彩られた道中を、低めのギヤで流したり、写真を撮るために止まったり・・・

セローで培った、『いいなっ!』と思ったら止まる。さらには引き返す。
d0164443_10555970.jpg

この習慣は忘れないようにしたい。
d0164443_1103512.jpg

軽い車体だけにUターンも気兼ねなく出来そうです。
d0164443_11294585.jpg

何はともあれ、新しい相棒はとても新鮮で刺激のある奴。
あ~早く慣らし終わらせて回転上げたいよ~♪
d0164443_105465.jpg

セローとは違った景色を、違う視点で見せてくれそうでワクワクしてます!
[PR]
d0164443_18284840.jpg

2月10日のMT-09 tracerの発売とともに、以前書いたブログのアクセスが増えてきました^^;

Kumaは買ったのか?、まだなのか?と煽られているような感じでした^^;;

実は少し前の話ですが、車で一度、隣町にあるYSPさんにトレーサーを見に行っていました。
試乗したらヤバイと思い、フォレさんで行ってきたのですが、大型バイクらしい大きな車体、
しかし以外に小顔なイケメンバイクだという印象でした。

あれから2週間程たち、今日軽い気持ちでセローに乗って試乗してきちゃいました^^

久しぶりの大型バイクで、体ガチガチな上、強烈パワーでドンッ!と押し出される感じで
そりゃあもう、怖いったらありゃしない。
ブレーキもとても強烈で、握りゴケしそうでしたよ。

試乗コースも初めて走る道の為、間違いないようキョロキョロ、オドオド走ってしまい
まったくもって楽しめず、第一印象はこれは危ないバイクだっ!と思ってしまいましたね(ーー;)

セローに8年近く乗っていた体には刺激が強すぎたようです!

173cmの僕では両脚つま先立ちです。シートの沈み込みも無く思っていたより足つきは悪いと思いました。

そこで次に、MT-09(無印)にも試乗しました。
足つきも安心で、距離も走ってあるせいかアクセルワークがとてもし易く、ポジションも悪くない!
D-MODE(走行モード切替システム)はSTD(スタンダード)で走りましたが、
2ストのような加速感と、低重心な安定感がありとても良かったです。

MT-09(無印)のほうが乗りやすくて好印象^^

あまりにトレーサーが乗り味が固いイメージが残ってしまっていたので、再度トレーサーに試乗させてもらいました。

すると、最初の体の硬さも抜けていて、無印よりマイルドな加速だった事がよく分かりました。
シート高の高さも相まって、腰高感はありますが、見晴らしの良さもポイント高いです。

そして改めて、これが大型バイクのパワーだったのね・・・としみじみ思いました。

あとトレーサーを押したり引いたり、センタースタンド立てたりと取り回しも確認しましたが
これは問題ないと思いました。210kgの車重ですが、軽いバイクの部類に入りますね。

MT-09無印も含め、僕的にはデザイン面、カッコ良さでは文句なしでしたから、
案の定、試乗すると買わない理由は無くなりましたとさ^^

MT(Master of Torque)シリーズ

MT-09(無印)・・・僕的にはこれが始まりでした。


ヤマハのトリプルエンジン・・・これは一回乗っておきたい!
そんな強い欲求が素直に沸いてきましたので、すんなりとダークサイドに堕ちちゃいました\(^o^)/

色は3色とも良い色ですから、迷いに迷いましたが・・・フォレさんと同じ赤色(ディープレッドメタリック)です。
d0164443_18322874.jpg

赤も人気なようで、納車は2ヶ月ぐらいあとになりそうです。正直それくらいあとで良かった・・・

もう少しの間、大切にセローとゆっくり春色の中を走りたいと思います。
[PR]
d0164443_18494875.jpg

待ちに待った MT-09 TRACER ABS 国内リリース発表!
(画像はヤマハさんのHPよりお借りしてます)
d0164443_18534954.jpg

米や欧州での発売はアナウンスされていたけど、いよいよ国内導入です。
それも、欧州より早い2月10日発売だなんてw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

文句なしのカッコ良さ!
d0164443_18535587.jpg

そして気になっていた国内仕様の値段が・・・ナナ・ナント 税込み 1,047,600円\(^o^)/

フロントスクリーン、フルLEDヘッドライト、18Lタンク、
トラクションコントロール、センタースタンド、ナックルガードも付いてこの価格。

よ、予算内だ!?
d0164443_18535211.jpg

でも、以前ブログで書いたように MT-07のTRACER・・・
もしくはデュアルパーパス版ってどうなってるのでしょうかね。

スタンダードが大好きな僕としては、こんな110馬力もあるバイクって必要なの???
みたいなところがあるから、MT-07 TRACERが気になってしょうがないところです。

スペシャルサイトを見ると、ツーリングをメインにしたスポーツバイクというスタンスですか。
MT-09 TRACERならではの旅が待っているのでしょうね。

まあいずれにしても、小出しにするヤマハさんの販売戦略は楽しくもありますが、少々疲れます(ーー;)


MT-09 TRACER 心待ちにしていたので、ある程度準備はしていますが・・・
セローがあるからやっぱり買~わない!ってのが僕らしいですかね^^;

もう少し冷静になって・・・
『今は黙って春を待と~う~♪』 という事で。

The Dark Side of Japan
MT-09 Tracer-The two souls of the Dark Side 


どうなることやら・・・フォ、フォースと共にあらんことを^^;






[PR]