カテゴリ:ガーデニング( 14 )

d0164443_11222474.jpg

我が庭のベニバナトキワマンサクが今年2度目の花を咲かせている
春と違って、初秋は勢いがないけど、それもまた趣があっていいと思う
d0164443_11241660.jpg

くるりとしたつぼみ・・・子供たちが遊ぶ 吹き戻し の笛のよう
d0164443_11252448.jpg

リボンのように広がる花も実に面白い
d0164443_11334341.jpg

朝陽に透けた新芽の紅葉(ベニバ)
d0164443_1125441.jpg

葉は時が経つにつれ、紅から緑へ移り変わっていく

春に剪定したところから、すっと伸びた徒長枝が目を引く
d0164443_11261857.jpg

その見晴らしの良い場所で、朝食を終えたカナブンが気持ち良さそうに眠ってる
d0164443_11265440.jpg

『あんまり葉っぱ食い散らかすなよ (#`Д´)』
[PR]
d0164443_2265163.jpg

昨年から地植えしたギボウシ。
今年のギボウシは、鉢植えでは想像もできなかったほど大きくなりました。
アセビの下草程度に植えたのですが、半分隠してしまうほど大きい・・・

そのギボウシが開花し始め、夏の庭を彩ってくれてます。
d0164443_2275598.jpg

下から上へ順に、薄紫の花が開花していきます。
d0164443_228773.jpg

花が咲くのは4年ぶり。購入した時1株咲いただけでした。
今年はニョキニョキと伸びてきて、4株咲いてくれています。

その下で、玉竜もホントーに地味ですが、小さな花をたくさん咲かしています(笑)
d0164443_228431.jpg

玉竜、フッキソウ、ツワブキと昨年に比べ株が増えまくってます。
このコーナー・・・ちょっとキツキツ感もありますが、私的にいい感じ(^^)
まあ時期を見て株分けしようと思います。

その上には、花もかわいいが、実もかわいいナツハゼ。
d0164443_2291365.jpg

ナツハゼの実は、鳥に取られているのか、日に日に減っていっているような・・・

息子もこの実を狙っています。
ジャムが出来るほど収穫できそうもないですが、一度熟したナツハゼの実を味わいたいそうです。

キュウリやトマトも少ないですが収穫中。
d0164443_2292717.jpg

d0164443_2293688.jpg


庭では、梅雨明けと共に先週からプール開き。
d0164443_22101954.jpg

夏解禁だけど、蝉の鳴声がまだ聞けない・・・どうした蝉?
♪蝉が泣く~チクショーと~♪
[PR]
d0164443_16562679.jpg
ずいぶん暖かくなってきましたが、雨も多い4月でした。
庭の木々も芽吹き、花をたくさん咲かせてくれました。


一番うれしいのは、落葉樹のヤマボウシ、アオダモ、ナツハゼ。
夏は青々とし、木陰をつくり、秋は紅葉で楽しませてくれる。
冬は落葉しますが、樹形も美しく、冬枯れもまた情緒があっていい。
d0164443_16572649.jpg

そして春は、芽吹きと共に緑が増え、庭が華やかになります。

ヤマボウシ
d0164443_16574432.jpg

アオダモ・・・今年初めて花が咲いた(喜)
d0164443_16575950.jpg

ナツハゼ
d0164443_16581094.jpg

そして、季節をを感じさせてくれるこのシンボルツリーの株元にある常緑樹
トキワマンサクや、アセビ、フッキソウもこの時期花をたくさん咲かせます。

ベニバナトキワマンサク
d0164443_16583125.jpg

シロバナトキワマンサク・・・ベニバナより少し遅れて咲く
d0164443_16584136.jpg

アセビ・・・花の咲く期間が3週間ほど。長く楽しめる
d0164443_172239.jpg

フッキソウ・・・目立たず、さりげなく
d0164443_16591367.jpg


そして残念だったのは、今年は花をつけなかったミツバツツジ・・・
d0164443_16594578.jpg

酸性土を好むので土が合わないのか、根伸ばしに集中しているか・・・
来年に期待して。
[PR]
d0164443_711698.jpg



長男君が先日、頭を3針縫う怪我をしていまい、遊びに行くのを控え
庭でバーベキューをしました。

涼しくなったので、準備に汗をかかずに出来るので助かります。
ユニフレームのチョコスタは炭の火起こしが楽に出来ます。
我家では欠かせない、定番アイテムですね。
d0164443_713741.jpg



次男君はバーベキュー直前で遅い昼寝に・・・
おかげで(笑)、準備や仕込みもスムーズに進み、1回目の焼きはゆっくり3人で。
d0164443_72058.jpg



さあ次男君を起こして、2回目の焼きへ。
d0164443_72138.jpg



言葉少なに、寝ぼけながらも、バクバク食べていきます。
d0164443_72299.jpg



外での食事はやはり楽しいです。
キャンプ場でなくとも、自宅で十分に楽しめます。
少しずつ変化していく空。
夕焼けを見たり、星や月、飛行機を見つけたり。
楽しいひと時を過ごせました。
d0164443_725718.jpg



夜の庭で子供達はおおはしゃぎですが、7時前には撤収完了。
いつもと違う所で食事するのは本当に楽しいですね。
d0164443_724848.jpg

[PR]
長男君による、小さな森 と言われている南庭に作った日影コーナー。
d0164443_647466.jpg

ここは緑がいっぱいです。
アセビは来春に咲く花穂がいっぱい。
d0164443_6492948.jpg

今夏も花は咲きませんでしたが、ギボウシもまだ葉を枯らすことなく青々しています。
d0164443_6534387.jpg

フッキソウは元気に繁殖し、ますます広がってきました。
d0164443_6573070.jpg

ナツハゼは葉を赤く染めてほっそり、ひっそり佇んでいます。
d0164443_6574086.jpg

ワビスケツバキは蕾をたくさん付けてふくらみ中。冬の開花が楽しみです。
d0164443_6575590.jpg

場所は変わって、鉢植えのキンカンもたくさん花を咲かせたので、実りが楽しみです。
d0164443_6581083.jpg

そしてこの秋に新しく植えた、もう一本の木は定番のナンテン。
d0164443_6583893.jpg

安売りしていたので買ってしまいました(笑)
寒くなるにつれて葉と実が赤く染まってくるのが楽しみです。
d0164443_659110.jpg

難を転ずる縁起の良い木。これで不景気も去ってくれるでしょう!(笑)

日中は暖かく、まだシェードと蚊取りブタが活躍中です。
d0164443_722176.jpg

秋空の下、ウッドデッキの上でコーヒーを飲むのが最高の季節です。
d0164443_725055.jpg

新居を建ててもうすぐ4年が経とうとしています。
小さな庭ですが、こうして書いてみると庭木も増えてきたなぁ・・・
季節を感じる居心地の良い庭を目指して・・・楽しみながら庭いじりしています。
[PR]
朝夕と寒くなるこの時期、毎日の変化を楽しめる初秋の庭。
現在の様子をちょっと紹介。

シンボルツリーのヤマボウシは、夏の暑さにやられて
紅葉前に葉を半分以上落としてしまいました。
水やりには気をつけていたのですが、寂しい限りです。
残りの葉は赤くなってきています。
d0164443_0331348.jpg



アオダモも色付き始めています。アオダモは紅葉が楽しめそうです。
d0164443_033288.jpg



ベニバナトキワマンサクはすっかり葉色を落とし緑葉になっています。
d0164443_0334265.jpg



このトキワマンサク。
春程ではないですが、秋も赤い新芽と一緒に花も少々見ることが出来るんです。
1年に二度楽しめるところが良いですね。
d0164443_034172.jpg



シロバナトキワマンサクも新芽と一緒に花を付けています。
d0164443_0341150.jpg



門柱前のギルドエッジは剪定後、また新芽を伸ばしています。
冬の間に綺麗な黄色葉を楽しませてくれます。
d0164443_0342879.jpg



その下で、フイリヤブランが紫の花をたくさん付けています。
d0164443_0344642.jpg



その横には長男君が選び、鉢植えで育てている花を置いています。何て名前?
d0164443_0345793.jpg



斑入りの葉が綺麗でつい買ってしまったツルマサキ。鉢植えでどんな感じになることやら。
d0164443_0351466.jpg



そしてこの秋に新しく2本の木を植えました。
その一つが、玄関前に植えたトベラ。
d0164443_0353011.jpg



狭い場所ですので、あまり大きくならないよう管理が必要と思いますが、
常緑の光沢のある葉が光を反射して明るい玄関前を演出してくれると思います。
魔除けの木としても有名でしょうか?

株元のアイビーも夏の暑さから開放されて、元気に葉を伸ばしております。
d0164443_0354645.jpg


2へ続きます。
[PR]
先月の事ですが、DIYでウッドデッキ上に木製物置を作りました。
市販品では窓との干渉で、大きさが合わない為、作ってしまえ~と言うことで
簡単に図面を引き、ホームセンターでそろう材料で計画しました。

コストと作業性を考えて材料はSPFを使用。

SPFは耐久性を考えるとどうかと思いましたが、使ってみなければわからない!
以前DIYで作ったウッドデッキはハードウッドのイペ材を使ったのですが、
ホント大変でしたので、ちょっと今回は楽に作りたかったのが本音です(笑)。

実際木材加工は手ノコで2時間ほど、組立作業は半日で簡単に終了。
さあ残りは後日、塗装と扉の取付けだ~ と養生シートをかけて・・・
ウッドデッキの片隅で、月日は流れに流れて行きました・・・

実は、作り始めたのは2009年の2月。その間ほったらかし。
実に1年半ぶりに作業再開し、完成に至りました。(笑)

何故か?
それは、塗装が めんどくさいな~! と思い込んでいたから。
下塗りのカラレス1回とキシラデコール2回塗りという作業は
やったことも無い私にはどうも取っ付きにくかったみたいです。
d0164443_647472.jpg



いざやってみると・・・面白い!(臭いはクサイですけど)
そして扉をつけて完成。
d0164443_648779.jpg



これでやっとバーベキュー用品をすぐ取り出せるようになりました!
d0164443_6492864.jpg



さっそく焼き焼き! 感無量っ!
d0164443_6495989.jpg



もっと早く作ればよかったですね^_^;
[PR]
昨日の記事で書いた水鉢の通販ならではの失敗とは・・・・・・

このターコイズな色がイメージとはかけ離れていた事です。
通販ショップが表示していた画像はこちら
d0164443_21583612.jpg




家にやってきたのはこちら
d0164443_22194234.jpg

どう見ても別物じゃない?と最初は思いましたが、

まあ、通販ですし・・・
返品は面倒ですし・・・
7,000円ですし・・・(信楽焼にしては安い物です・・・)
一期一会を大切にしてますし・・・

縁あって我が家に来たこのターコイズカラーの水鉢は、今もなお
水をたたえ、太陽の光を反射し、そして小鳥が水を飲みにやってきます。
小鳥と言っても、今はスズメばかりですが、冬には
ジョウビタキやメジロが来てくれないかなぁ~と思っています。
でもこの色、冬は似合わないだろうなぁ・・・(T_T)
[PR]
庭で一番落ち着く場所が今年作った濡れ縁のあるコーナー。
角や行き止り部分って落ち着きますよね。
d0164443_2141748.jpg



道路からも死角になる場所なので休みの朝はここでコーヒーを飲むのが気持ちいいです。
この部分はできるだけ日影を作りたくて計画した部分。
庭が南面しかないので、夏は日照が強すぎて植えれない植物もたくさんあります。
特に夏の西日は人も植物にも辛いものです。
その西日を避ける為の木製フェンスがナツハゼの株元や
その周りに植えた植物を守ってくれています。

フッキソウは常緑で日影に強く、日当たりの悪いグランドカバーに最適です。
d0164443_21422367.jpg



このギボウシは3年前から庭の片隅で、鉢植えのまま待っていました。
日影が増えたのでようやく地植えに。
d0164443_21423794.jpg



玉竜は砂利や敷石との境界に使用。濃い緑でラインを描きます。

濡れ縁の前は大谷石を敷設し、足元になる部分をすっきりさせました。
大谷石は表情が好きで、経年劣化と共に味が出ると思います。
d0164443_2149305.jpg



そしてターコイズカラーな水鉢で涼しさを演出・・・?
(実はこの水鉢は通販ならではの失敗があったのですが・・・)
d0164443_21495142.jpg



そんなコーナーで落ち着いていると子供達が寄ってきては邪魔されます(笑)。
そしてこんな感じになります・・・(T_T)
d0164443_21525374.jpg

[PR]
今年の3~4月にかけて、中途半端な庭の一部を綺麗にしようと思い
DIY(日曜大工)で木製フェンスや植栽をやってみました。

3月初旬の中途半端な庭・・・冬枯れもありとても寂しい感じでした・・・
境界のフェンスはお隣りのフェンスです。
d0164443_2146149.jpg



プランニング(計画設計)は仕事と趣味の延長ですので、楽しく
好きにやれるのですが、施工するの単独という事もあり、とても大変です。
もちろん施工方法もわかっていますが、職人さんではありませんので
綺麗にできるかどうか・・・?
でもそれ以上に、大切な事は時間をつくり、体力が持つかが決め手になります(笑)。
材料は重たく、人力で大量の土を動かすことは本当に大変な事です。
ですから大掛かり(自分にしては)なDIYは毎年1回、暑くなる前の初春だけにしています。

今回が3回目ですが、計画は3年前とあまり変っていません。
ですが、家族の意向を考慮して、やれなかった面もあります。
自分ひとりの庭ではないので、全て自分勝手には出来ません。
なにより家族で楽しむ為の庭ですから。
そして、いよいよ家族よりOKサインが出たので着工となった次第です。

穴を掘り、木製フェンスを作り、地盤を均し、敷き石を貼り、植栽、砂利敷き。
次々と変化していく庭の様子。大変だったけど楽しかったなぁ。

木製フェンスと追加の御影石敷き、そしてヤマボウシの周りに低木の植栽。(3月下旬)
d0164443_2291644.jpg



中高木のナツハゼとツバキ、グランドカバーの植栽。
植えたばかりのミツバツツジ(シロ)が開花。(4月初旬)
d0164443_2293436.jpg



砂利を敷き、最後は木製フェンスの余り材で、濡れ縁も作成。

そしてこれが施工後の庭です。(5月下旬)
d0164443_22102345.jpg



取合えず完成ですが、まだ植栽スペースも少しありますし、メンテナンスも必要です。
完成ではなく、始まりの感じですね。植物の成長が楽しみです。

あまり気負わず、自分でメンテできる程度の庭造りが良いなと思ってます。
そして今後も、楽しみながらガーデニングしていくつもりです。
[PR]