カテゴリ:キャンプ旅( 52 )

d0164443_13135636.jpg

まだまだ自由の身にはなれませんねぇ・・・
いやいや 家族あっての自由です!


三日目の朝、5時ごろ気持良く目を覚ますとLINEに奥さんからメッセージあり・・・
いろいろ問題が起きて、帰ってきて欲しいとの事・・・おいおい(ーー;)

今、福島県に居て、3泊4日予定で野営してるんですけどね^^;
今日は蔵王を回って、野営地付近の温泉を楽しむ予定なんですけどね^^;;

訳は深くは書けませんが、まあ良くあることです・・・
すぐ帰れる距離でもないので、今日中に帰るという事で勘弁してもらいました。

急遽、最後の朝になってしまったので、逆にゆったりキャンプを楽しみましょう♪
d0164443_14221402.jpg

休日とあって、昨晩は賑やかだった、あだたら高原野営場。
d0164443_13141011.jpg

本当に良いキャンプ場でした♪ なっ
d0164443_13154042.jpg

さて、出発です。R115で北上し、福島西ICから東北道へ。
家とは逆行します^^;

今日もいい天気でして、昨日登った吾妻小富士が高速からも良く見えました。
福島市街地からも、こんな雄大な景色が見えるなんて、素敵な街だなぁ。

東北道を北上し、国見SAで小休止。
カッコいいZZRの方と少しおしゃべり・・・オレンジってすごく良い色だな。
d0164443_13171944.jpg

宮城県に入り、白石ICで東北道を下り、r12で蔵王エコーラインへ。
d0164443_13182369.jpg

序盤は森林の中、木漏れ日の道を走ります。
d0164443_13192798.jpg

100名瀑 三段の滝
d0164443_13213615.jpg

ふむふむふむ・・・・・ふ~ん

ここから快適クネクネ道で、グングン標高を上げていきます。
d0164443_13235531.jpg
空に向かって行く感じ♪ 『ヒャッハー!』

駒草平
d0164443_13274553.jpg

写真では表せません・・・
d0164443_13293368.jpg

本当は凄い渓谷なんですよ・・・
d0164443_13302536.jpg

自分の足で見に行ってください^^;


有料の蔵王ハイラインでさらに高度を上げる。

d0164443_13321590.jpg

駐車場から10分程歩けば、お待ちかね 蔵王御釜 です。
d0164443_13335272.jpg

以前来たときは早朝で、雲海の中のスカイラインって感じで、感動した事を思い出します。
昔は林道大好きでしたから、蔵王の後、月山道路を走って朝日スーパー林道を走りに行ったっけ。
だから福島、磐梯吾妻をスルーしちゃったんだよね~^^;
d0164443_13372103.jpg

そんな事を思い出しながら、今回も綺麗な御釜が望め、感無量でありました♪


いや~、やっぱり来て良かった\(^o^)/
d0164443_13425238.jpg

景色も凄いですが、走っても楽しい、100名道・蔵王エコーラインでありました^^

お次はr53蔵王ラインを走り、蔵王温泉へ。
この大露天風呂に入りたかったんだよね~♪
d0164443_13511865.jpg

写真撮影はできないので、リンクをどうぞ!
緑に包まれた木漏れ日の中の大露天風呂。はっきり言ってHPの写真より、ずっと素敵でした♪

温泉でまったりした後は、r14で山形県、上山方面へ山を下る。

いよいよ夏も終わりだなぁ・・・
d0164443_13553820.jpg

R13~r13(金山峠通行止めでr268へ迂回)でR113(七ヶ宿街道)を走る。
d0164443_13565781.jpg

ツーマプにあった 吉野家 で天ざるでも。
d0164443_13595347.jpg

これはもうホントに美味しい蕎麦と天ぷらでした。おすすめです♪

道沿いにある七ヶ宿のダム湖。
d0164443_14003043.jpg

その後ろを振り返ると、蔵王の山並みが見えた・・・あぁ、帰りたくない^^;
d0164443_14012348.jpg

七ヶ宿ダムを越えるとすぐに、巨大な岩壁でできた材木岩(天然記念物)がありまして・・・
d0164443_14023166.jpg

この材木岩散策をもって、東北ツアー最後のアクティビティとする!

あ~あ、終わっちゃったな・・・

少しでも居たいから・・・時間稼ぎにソフトでも食べてさ・・・この旅を締めようかね・・・
d0164443_14031186.jpg

ここから家まで610km程・・・時間はもうすぐ15時です^^;
ほとんど高速ですから、トレーサーなら楽勝でしょ♪

r46(羽州街道)で東北道へ向かい、小坂峠を越えると国見の町並みが見えてきた。
d0164443_14042374.jpg

これで、ホントの最後の最後、東北のクネクネ道が終わりました・・・

『まだ帰りたくないよ~』
d0164443_14085105.jpg

国見ICから東北道に乗り、大渋滞の那須、宇都宮、佐野付近をすり抜け、ノンストップで圏央道へ。

菖蒲PAで休憩とガス満タンで、あとは無給油で家まで帰れます。
d0164443_14102907.jpg

トレーサーはガス満タンで350kmは余裕で走れます♪

最後の休憩は毎度の清水PAでした。
d0164443_14105981.jpg

そして22時半、無事帰着しました。
1日帰宅が早まりましたけど、蔵王まで楽しめましたから、ほぼほぼ予定通りの東北ツアーでありました。

2泊3日でも、トレーサーとなら結構走れるなと実感できました♪
最終日の走行850km TOTAL走行1800km程の東北キャンプツーリングでした。







[PR]
d0164443_11222707.jpg

磐梯山ゴールドラインに突入したのは15時過ぎ・・・喜多方ラーメンが余分だったかな^^;

太陽は傾き始めているけど、まだ大丈夫!
序盤は美しい緑に包まれた、高速コーナーを駆け抜けます。
d0164443_11231049.jpg

八方台から下りに入ると、山影になり、少し気忙しくなってきました。
何せまだ猪苗代湖を周遊したいと思っていましたから・・・
d0164443_11260286.jpg

そして、その猪苗代湖をここにきて、ようやくお目にかかることが出来ました。
d0164443_11275094.jpg

この時間帯から回れるかいな・・・?

そう思いながら、景色は二の次に、いそいそと楽しいワインディングロードを駆け下ります。

いざ、麓に下りてみると、いやはや順光でありまして・・・
d0164443_11304563.jpg

美しい磐梯山を浮かび上がらせてくれているじゃないですか♪
d0164443_11305435.jpg

少々遅くなっても、テントも張ってあるし、温泉も徒歩で行けますから、
やっぱり猪苗代湖をくるっと1周いたしましょう♪

r7~r205~R49へ湖畔に出て、湖側を走る1周ルートのr376へ。
d0164443_11320449.jpg

いや~、すごく綺麗です。

猪苗代湖越しに見える磐梯山。この景色が見たかった♪
d0164443_11323558.jpg

ほぼほぼ走りやすい湖畔道路ですが、一部1.5車線舗装林道が20分程ありまして・・・

16時半を過ぎた時間帯にはあまり走りたくないような展望のないクネクネ道で要注意です。
金山と表記のあるそこを抜ければ、また走りやすい湖畔道路になります。
d0164443_11394847.jpg

走っては止まりの繰り返し・・・

今日は賑やかで、盛りだくさんな一日でしたが、最後に静かなエンディングを演出してくれた
猪苗代湖でありました^^
d0164443_11364123.jpg

とは言え、まだキャンプ地まで50km程あるんですけど・・・^^;
寒くなるのでカッパを重ね着し、磐梯山に向かって走るR115(この道も凄く良かった)を駆け上がり、
何とか暗くなる前にキャンプ地へ到着です。

後はゆっくり温泉に入り、体をほぐして早めの就寝となりました。

何だかんだと走った距離は370kmの磐梯山周辺ツーリングでした。
d0164443_11345716.jpg






[PR]
d0164443_08425315.jpg

磐梯吾妻スカイラインの次は、r70 レークライン を走ります。
木漏れ日のクネクネから始まり、ロングストレートが気持ち良い素敵な道です♪

朝早くから始動していますので、ここで早めの昼食を。
ツーマプ情報に習って、中津川渓谷レストハウスでソースかつ丼です。
d0164443_08432947.jpg

おっさんにはボリュームたっぷりであります。とても美味しゅうございました♪

レークラインに戻り、秋元湖を望む。
d0164443_08444626.jpg

走っていてとても気持ちいいので、涼風峠を越え一気に桧原湖まで下りました。
d0164443_08441852.jpg

桧原湖畔道路のr2を北上し、お待ちかねの 西吾妻スカイバレー を駆け上がります♪

楽しいクネクネの連続です\(^o^)/
d0164443_08464700.jpg

途中、劇走りのバイク集団に追いつかれ、コーナーだろうが何だろうが、
僕を路肩に追いやりながら、我が物顔で抜いていきました(ーー;)

今までこんな抜かされ方された事がないので、ちょっとビックリ・・・
嫌な気分なりましけど、まあ、しょうがない・・・気分を切り替えよう^^


この西吾妻スカイバレーも、ルート的に往復するつもりだったので米沢市方面へ一旦下ります。
d0164443_08500098.jpg

再度またスカイバレーを登ると、こちら側からの方が景色が良く見える感じ♪
d0164443_08504446.jpg

峠を越え、少し下ると、先ほど通った桧原湖が目に飛び込んできました。
d0164443_08554462.jpg

いや~絶景ですな~^^

うんうん、サイドパニアを装備したトレーサーも男前やね~♪
重くはなるけど、旅仕様な感じで雰囲気もとても良い。
d0164443_08544798.jpg

ついついアクセルを開けちゃうトレーサーですけど、パニア付けると
そんなに速く走らなくてもいいよっ、て感じになるところも良いな^^


そしてまた少し走っては止まる・・・
あ~、ここは雑誌で何度か見たことのある展望台だね。裏磐梯山も良く見える!
d0164443_09023392.jpg

走っても良し、景色を楽しむも良し。
この道もまた磐梯山周辺を代表するgood roadでありました。


再度桧原湖まで下り、湖畔道路のr64を南下します。
湖もとても綺麗でして・・・
d0164443_09061305.jpg

湖畔にはキャンプ場もありますので、ここらでの野営も良いだろうな。

おお、端に見えるは磐梯山ではないか・・・
d0164443_09072546.jpg

今から行くぜ~~

と、その前に・・・R459を西へ進路を取り、喜多方でラーメンでも^^;
昨日見てた『大人のバイク旅 ふくしま』に載ってて、食べてみたくなった。

喜多方ラーメン まこと食堂 へ
人気店のようで、並んでいましたが、10分程で相席で入れました。
d0164443_11183632.jpg

チャーシューメン 豚骨醤油ベース?でしょうか。
d0164443_09115445.jpg

僕的には結構あっさりした印象で、ちょっと物足りなかったけど、美味しゅうございました。

ソーツかつ丼に続き、ラーメンまで食べて・・・もうお腹いっぱいです^^;

さて、来た道を引き返し、桧原湖に戻ったら、お次は磐梯山ゴールドラインへと続きます^^







[PR]
d0164443_11550392.jpg

東北ツアー、二日目・・・キャンプの朝は簡単に!
d0164443_11573693.jpg

朝ラーと決まっています。
d0164443_11571560.jpg

乗り入れ不可ですが、テン場正面にはトレーサーがちゃんと見え、安心であります^^
d0164443_12015923.jpg

さて、あだたら高原野営場を7時には出発し、今回の旅で一番走りたかった道を目指します。

近づくにつれ、吾妻小富士が見えてきました。もうワクワク状態です^^
d0164443_12003402.jpg

R459からr30に入り、いよいよ磐梯吾妻スカイラインに突入です。
晴天の中、雲上のスカイラインの始まりです\(^o^)/

途中にある 双竜の辻 ヘアピンコーナー
d0164443_15021370.jpg

ここからは磐梯山が良く見えます。
d0164443_15052958.jpg

ちょうど雲が掛かったところが、猪苗代湖だったようです。
d0164443_15054233.jpg

さらに高度をグングン上げ、スカイライン最高点1622mに到着。
d0164443_15071206.jpg

もうそろそろ、ライン引き直しをお願いしたいところですね^^;


そしてクライマックスの浄土平。
そこを少し過ぎると、スカイラインの道並が見渡せます。
d0164443_15215690.jpg

この瞬間、感無量でありました♪
d0164443_15222411.jpg

早い時間帯なので、まだ交通量も無く、皆ゆっくりとスカイラインを楽しんでおられました。
d0164443_15231377.jpg

ルート的に僕は往復するつもりだったので、一旦麓まで下り、ガソリン満タン後、
再度浄土平を目指します。
d0164443_15251713.jpg

往復するとまた違った景色が見えてきます。

今度は吾妻小富士を正面に望みながらスカイラインをゆっくり登る。
d0164443_15280840.jpg

いや~ホント素敵な道ですね♪
d0164443_15283085.jpg

標高1580mの浄土平に駐車して、吾妻小富士を登ります。
d0164443_15284909.jpg

火口までは急な階段で、一番きついところであります。
でも、ここまで登れば、せっかくですから火口を1周いたしましょう!
d0164443_15331199.jpg

対面にある山頂目指して、火口周りを登っていきます。

すると、走ったばかりのスカイラインが見渡せまして・・・
d0164443_15375874.jpg

この絶景を見る為に、愛知から走ってきたのさ~。

そして、吾妻小富士 山頂1707m 登頂です\(^o^)/
d0164443_15404589.jpg

写真では映しきれない大パノラマ。福島の町まで良く見えました。


山頂までは急坂を登ってきましたが、ここからは緩い下り坂を大きく回ります。
d0164443_15430143.jpg

どうせ1周するなら、火口を向き、右回りの方が距離は長いですが、勾配は緩く登りが楽かもしれません。
d0164443_15442143.jpg

浄土平駐車場から、火口を1周して戻ってくるまでの全行程は、約1時間程でした。

軽登山の後、また絶景のスカイラインを土湯峠方面へと戻り、お次のレークラインへと続きます^^
d0164443_15492751.jpg

ようやく念願の磐梯吾妻スカイラインを走る事ができました。
絶景だけじゃなく、走って楽しいクネクネ道も最高です!
道好きの僕は感動の連続でありました♪







[PR]
d0164443_15043025.jpg

いよいよ東北まで遠征しようかなと思えるようになってきました。
東北ツーリングなんて、もう23年ぶりですよ^^;

これも家族のおかげです。

それと、トレーサーでの関東、東北への距離感を一度走って知りたかった。
ツアラー要素もあるトレーサーですから、高速一気走りも体験しとかなきゃね♪

岡崎東ICで新東名に乗り、海老名jctで圏央道~久喜白岡jctで東北道へ。
東北道だけでも220km程ありまして、二本松ICで高速を降り、あだたら高原野営場へ。
d0164443_15124652.jpg

15時前には到着。580km程でした。


ここまでさらっと書きましたが、ちょっとしたハプニングもありまして・・・

東北道・佐野SAまであと1.5kmというところで強烈なゲリラ豪雨に会いました(ーー;)
もうね、とんでもない豪雨でして、道が川のようになってまして・・・
高速ですからバイクを止めることも出来ず、一瞬でパンツまでベタベタでした。
まあしょうがないですな^^;

ちょうどお昼も近かったので、ヘルメットを被ったままSAのレストランに入りました。

全身ベタベタの僕を見て、どうぞどうぞと席へ案内してくれ、タオルまで持ってきてくれた店員さん。
聞けば彼もライダーだったようで、とても親切な対応をしてくれました。

全身から水が滴っている哀れな僕を、周りの人が見て見ないふりしてくれたのは優しさだと思う^^;

クーラーも効いてた店内ですから、濡れた体には肌寒く、見知らぬ土地で一人プルプル震えていましたが
店員さんのご好意と、美味しい佐野ラーメンで心身共に温まりました。

机、椅子、床までベタベタにして本当に申し訳なかったですm(__)m

食べ終わる頃には、ようやく雨も止んでくれ、ほっと一息です^^
d0164443_15160454.jpg

とは言え、いよいよ東北に突入し、ウキウキだった時に洗礼を受け、全身ベタベタですぜ^^;
d0164443_15165293.jpg

でもまあ、夏ですからね・・・走っていればそのうち乾くでしょう♪

佐野SAから那須高原SAに着く頃には陽も出てきて、表面は乾きましたが、
何せパンツまで濡れましたからまだまだ・・・
d0164443_15181135.jpg

時間的に慌てることもないので、休憩がてら、サイフや地図やらを乾燥しながらの東北道でありました。



さて、話を戻して、今日のキャンプ地は あだたら高原野営場 無料です\(^o^)/
車両は乗り入れができないのが少し残念ですけど、とても気に入りました!

サクッとテントを建てて今日はまったりします。
d0164443_15213425.jpg

その前に乾ききらないジャケットやらパンツやらを天日干ししましょう。
d0164443_15225518.jpg


豪雨に会いましたのでチェーンの注油も忘れずにね^^
d0164443_15495891.jpg

仕事と天気を見定めて、急遽決めた東北ツーリング。
昨日の夕方に買ってきたばかりのツーリングマップル東北版と
『大人のバイク旅 ふくしまをゆく』 で明日のルーティングを計画します。
d0164443_15234089.jpg

日向ではまだまだ暑いので、木漏れ日の下で・・・
d0164443_15260759.jpg

今日は高速を走っただけなのでまったく疲れていません。
トレーサー、とても優秀ですな♪

お風呂は8分ほどで歩いて行ける スカイピアあだたら
d0164443_15263807.jpg

野営場は無料で、温泉は500円。こりゃ最高ですね。このキャンプ場が人気なのも頷けます。

スカイピアと言うだけに、安達太良山?磐梯山?やら
d0164443_15344580.jpg

二本松市街地方面とも、展望も良いです。
d0164443_15345971.jpg

お風呂の後は、ちーかま と ビール・・・
d0164443_15353312.jpg

いつもの自炊とレトルトカレーで僕は大満足です^^;
d0164443_15362535.jpg

さあ、ここをベースに、明日は磐梯山周辺を走り回ります。

d0164443_17453631.jpg







[PR]
d0164443_20273579.jpg

今日は最終日。駒出池キャンプ場のチェックアウトは10:00です。
早すぎますよ~(ーー;)
朝ごはん食べたらすぐに片付け撤収でした。

さて、今日は八ヶ岳周辺をドライブ観光する予定でしたが、
子供達はアクティビティじゃなきゃもう帰ろうよと言い出します・・・
まあいつもの事です^^;

まあ、せっかくだからさ、日本一の白樺群生林をほんの少し・・・
d0164443_20290785.jpg

八千穂レイクをほんの少し・・・
d0164443_20294201.jpg

強引に八ヶ岳 清泉寮 へ行き、長蛇の列でゲットしたジャージーミルクのソフトクリームでも・・・
d0164443_20340004.jpg

嫌になるくらいの人混みの中、食べ終わる頃にはまた雨が降ってきまして・・・
さすがの?僕も、とっとと帰ろう宣言^^;

降ったり止んだりの八ヶ岳高原ラインをドライブし、お昼前には小淵沢ICで中央道に乗り、
帰路に就きましたとさ・・・



今年の夏休みキャンプは、不安定な天候でいろいろと調整しながらでありましたが、
予定していたアクティビティは何とか出来ましたので、まあ良しとしましょう^^
d0164443_21125463.jpg





駒出池キャンプ場

d0164443_20435408.jpg

景色の良い駒出池を中心に、草原サイトが広がっています。
d0164443_20441949.jpg

フリーサイトがおすすめですが、車両乗り入れ不可ですし、結構傾斜がありますので
キャンプ初心者には向かないかもしれません。(予約可能なオートサイトも一部あります)
d0164443_20454342.jpg

トイレも炊事場も及第点です。虫がいっぱいでした~^^;

ネット割引券(事前に印刷が必要)を利用して 1泊 大人3人、子供1人で3500円 + 車1台500円
まずまず安いので助かりました。ハイシーズンによるプラス料金もありません。
d0164443_20493771.jpg

あとシャワーが場内にありますが、温泉は近くに無く、 稲子湯八峰(ヤッホー)の湯 になります。
ファミリーなら広々とした八峰の湯が良いと思います。
車で25分程かかりますが、疲れた体をほぐすにはやっぱり温泉が良いですよね。

キャンプ場利用者には割引があり、大人400円 子供160円で入れますのでとてもお得です♪


駒出池は神秘的で綺麗ですが、夏には藻も多くなって水面もあまり綺麗とは思えない印象でした。
d0164443_20531468.jpg

以前セローでキャンプした時は6月だったのですが、この頃は水も澄んでいましたし、
新緑の中、ツツジも咲いていてとても綺麗でした。

また来るとしたら、大型連休を避け、駒出池の周りにテントを張ってキャンプしたいものです^^
d0164443_20464527.jpg






[PR]
d0164443_16435867.jpg
雨が降ったり止んだりで、相変わらずの天気でしたが、今日も山登りです^^;
とは言え、本格的なものではなく、麦草峠から20分程で行ける白駒池観光。

駒出池キャンプ場から、麦草峠までは30分程で着きます。
d0164443_16454674.jpg

それに、キャンプ場も少々霧がかかっているので、あまり早く行かない方が良さそう。

日課になった駒出池場内を散歩♪
d0164443_16464923.jpg

雨は取り合えず降らなさそうで何よりです^^

そんなこんなでゆっくり出発し、白駒池の駐車場に10時前に着きましたが、時すでに遅し・・・
駐車場待ちで渋滞してました(ーー;)

覚悟して待ちましたが、20分程で入場できホッと一息。売店でポカリを買って、いざ白駒の池へ。
d0164443_16574716.jpg
しっとりした遊歩道。池までは平坦路みたいなもので楽勝です^^

あっという間に白駒の池に到着。
d0164443_16585120.jpg

どんより・・・モノクロームな世界です^^;

あっ、少し晴れ間が・・・
d0164443_17004126.jpg

快晴だったら青空を映し出す白駒池が綺麗でしょうなぁ・・・

天気が持ちそうなら、そのまま1時間程の高見石への軽登山をしようと決めていました。
大丈夫そうなので登りましょう♪
d0164443_17012615.jpg

ドロドロ地帯やら・・・
d0164443_17020683.jpg

石積みの登りやら・・・
d0164443_17035478.jpg

変化もあって楽しいコースです。
体力的にも昨日の蓼科山に比べれば楽勝です♪
d0164443_17061960.jpg

苔が綺麗でして・・・つい撮りたくなっちゃう^^;
d0164443_17063995.jpg

『お父さん、まだ~』
d0164443_17065143.jpg

待たせてごめんよ~^^;
d0164443_17075113.jpg

そうこうしているうちに、高見小屋(赤い屋根)へ到着。
d0164443_17153110.jpg

ここから高見石を登り、待ちに待った白駒池を見下ろします。
d0164443_17173542.jpg

絶景の一言\(^o^)/
d0164443_17235546.jpg

天気が良ければ最高でありましたが、何のこれだけ見えれば満足であります♪
d0164443_17161184.jpg

山側からは霧が立ち込めてきますが、展望を遮る前に拝むことが出来ました。

再度高見小屋へ戻り、おにぎり弁当で昼食。
d0164443_17262185.jpg

今日は家族4人で一緒に食べました^^;
d0164443_17262940.jpg

下りはルートを変えて白駒池手前に繋がるルートで下ります。
こちらは勾配が緩やかなので、登り下り共このルートの方が楽だと思います。
d0164443_17282229.jpg

途中苔の森がありまして・・・
d0164443_17283856.jpg

とても静かでしっとりした森の中の苔群も、なかなか乙なものでありました。
d0164443_17304647.jpg

白駒池散策、こりゃ天気の良い日にまた来てもいいなぁ^^

今日はKEENのNewport H2で登ったけど、このサンダル凄く良い!
d0164443_17312735.jpg

爪先を守り、靴底も強度が有り、グリップも申し分なしでした♪
(実は昨日の蓼科山登山で、靴を水溜りにドボンしちゃってて^^;)


キャンプ場に帰って、まったりしてると雨がザーザーと降ってきました。
昨日も登山後のキャンプ場は雨が降ったり止んだりでして・・・
振り返ると今年の夏はこんな感じで、天気が不安定な日が多かったですね。


温泉から帰ってきたら、タイミング良く雨が上がってくれて・・・
d0164443_17332232.jpg

最終日の夜、ようやく焚き火が楽しめました♪






[PR]
d0164443_21322473.jpg

今日は少し早めに起き、おにぎり弁当をこしらえて山登りに挑戦です。

ツーリングでビーナスラインに来ると、いつも見上げていた山・・・
日本百名山 蓼科山 を登ります。

蓼科スカイラインをひた走り、標高2093m、大河原峠からの登山コースを選びました。
家族みんなで山頂に行きたいので、あまり標高差のなさそうコースを選んだ次第です^^;

まずは木漏れ日の中、クマザサの中を歩く・・・
d0164443_21335808.jpg

歩き始めは勾配も緩く、気持ち良く歩いていましたが、徐々に勾配がきつくなっていきます。
石が敷き詰められた登山道を、何度か休憩しながら登ります。
d0164443_21353137.jpg

台風もあり雨もたくさん降ったと思われますが、それほどグチャグチャじゃなくて良かったです。
d0164443_21361551.jpg

なにせ我が家全員、登山靴じゃないですからね^^;
d0164443_21381392.jpg

縞枯れ現象だそうな・・・
d0164443_21424619.jpg

途中展望もほんの少しあり^^
d0164443_21390359.jpg

登りはきついですが、楽しみながら蓼科山荘がある将軍平に到着。
d0164443_21441768.jpg

我が家はコースタイム25分遅れの1時間45分程かかりました^^;
(上の写真は下山時のもので少々ガスってます)

おやつ休憩をして、さあ、アタック開始!
ここから、本格的な岩場になり、両手両足を使って登って行きます。
d0164443_21462169.jpg

長男君は体力が有り余っているので余裕です。
d0164443_21465350.jpg

次男君も体力的には大丈夫ですが、少々怖がりな所があるのでそれが心配。
d0164443_21472667.jpg

場所によっては急勾配な所があります。山頂に近づくにつれ、視界が開けている所もあるので
そこを『景色が最高~』と思うか、『落ちそうで怖い~』と思うか・・・
d0164443_21482470.jpg

案の定、次男君の足が止まりました・・・
d0164443_21490801.jpg

けど、声を掛け合い、気持をすぐに切り替えて登り切りましたよ♪
d0164443_21513980.jpg

奥さんも、ほんの少し遅れて到着。

蓼科山 標高2530m 家族全員登頂成功です\(^o^)/
d0164443_21525024.jpg

ゴツゴツとした岩が印象的な山頂風景。
d0164443_21550730.jpg

山登り初心者には見慣れない風景でとても新鮮です。

山頂には蓼科神社があります。
d0164443_21565942.jpg

神社で拝んだ後は、白樺湖方面が見渡せる反対側へ移動。
d0164443_21584700.jpg

霧が少々かかっていて少し残念でしたが、いつもとは逆にビーナスラインを見下ろしている事が
僕には感慨深かったです^^
d0164443_21594857.jpg

さあ、景色が良さそうな所でおにぎり弁当でも食べようと言うと・・・

長男君はお気に入りの所を見つけ、勝手気ままに一人で食べ始めました(ーー;)
d0164443_22003514.jpg

おいおい、一緒に食べないのかい・・・どこまで自由人なんじゃい・・・
あれで部活じゃキャプテンやってるそうだけど、大丈夫かいな^^;

しょうがない、3人で食うか・・・

って、お前もかいっ・・・^^;;
d0164443_22011745.jpg

二人とも誰に似たんだか・・・
『お父さんでしょ!』・・・^^;;;

一人は気楽でいいのさ~
でも『一人だけでは生きていけないよ』って事さえ分かっていればそれでいいさ~(独り言)
d0164443_22015651.jpg

さて、お腹もいっぱいになったところで、下山しましょ。

下山中は太陽も雲で遮られ、霧も少々深くなってきたりと、家族4人だけでとても寂しい感じ。
これが一人だったら、怖いだろうなぁ・・・

一人好きの僕でも、登山だけは一人じゃ無理だな。
バイク(相棒)といれば、一人でも怖くないけどねっ^^

そんな事を思いつつ、コースタイムを大幅に上回りながらも、無事下山出来ました。
d0164443_22031451.jpg

大河原峠駐車場に着いてすぐに雨がパラパラと・・・間に合って良かった良かった♪

今日は大丈夫だろうと思って登った蓼科山ですが、天候が急変するかもしれません。
下山中、どんどん薄暗くなっていく登山道で、我が家の装備ではやはり危険だなと
少々反省させられた蓼科山登山でした。
d0164443_22195782.jpg







[PR]
d0164443_18060808.jpg

今年の夏休みは少し早めに取って、信州 八千穂高原 駒出池キャンプ場 で過ごします。
本当は8日からの予定でしたが、停滞台風5号のせいで1日遅れての出発です。

天気も当分の間は悪いようで、場所も予定していた戸隠キャンプ場から少しでも天気が良さそうな
駒出池キャンプ場に急遽変更した次第であります^^; (どっちも予約無し)

駒出池キャンプ場までは我が家からは260Km程の距離。早めにINしてキャンプ場内を散策。
今日は平日ですので、キャンプ場自体は空いていました。

けど基本、車乗り入れ不可のフリーサイトです。場内全体を見て回りましたが
ほとんどが傾斜のあるサイトでして、場所を決めるのには苦労しました(ーー;)
d0164443_18112339.jpg

オートキャンプに慣れているので、荷物を運ぶのは苦手です^^;
撤収を考慮して、景色より道路に近いところに設営しました^^;;
d0164443_18115318.jpg

初日は天気も良く、子供たちはお気に入りのバトミントンで汗を流し、大人はまったりと♪
d0164443_18130929.jpg

キャンプ場でゆっくりついでに、久しぶりに夕食はBBQです♪
d0164443_18173665.jpg

『ワンミシシッピ、ツーミシシッミ、スリーミシシッミ・・・』
d0164443_18174708.jpg

美味しく焼けました♪
d0164443_18182496.jpg

まだ車に乗るのでノンアルですが、普段から飲まないので僕はこれで十分です^^;
d0164443_18205847.jpg

明るいうちに夕食を済まし、明日に備えて早めに片付け。

お風呂はキャンプ場から車で25分の 北八ヶ岳松原湖温泉 八峰(ヤッホー)の湯 で汗を流しました。
以前セローでも来ている駒出池キャンプ場ですが、温泉が遠いのがマイナスポイントでもあります。
けど、キャンプ場利用者には割引もあって、大人400円、子供160円で入れるので助かりました。

帰りは濃霧に包まれた真っ暗な山道を、家族皆ドキドキしながら走ってキャンプ場に帰ったのでした^^;

さあ、ここをベースに明日からアクティビティ開始です♪
d0164443_18300597.jpg






[PR]
d0164443_19494495.jpg

GW後半は家族でキャンプです。
毎度予定を立てるのは苦手で直前段取りの僕ですが、ここのキャンプ場は大丈夫でした^^;

困ったときの 和良川公園オートキャンプ場 です^^;;
ここをベース地として、周辺を観光してきました。

まずはキャンプ場に行く前に、昨年バイクで美濃ICを美濃加茂ICと間違えて下り、行きそびれた場所・・・

モネの池
d0164443_19515596.jpg

GWって事もあるかもしれませんが、沢山の人で賑わってました。

駐車場が整備され、かなりの台数が止めれるようになっていましたが、
もう少し遅れてきてたら待ちになっていたかもしれません。

ハートの鯉やV字の鯉やプラチナ色の鯉だのと・・・いろいろいるようです。
d0164443_19511030.jpg

藻も少し目立ちますが、なるほど絵になる池ですね。

鯉待ちで写真撮影に時間がかかるようですが、鯉自体は人混みも関係なく優雅に泳いでました。
d0164443_19522994.jpg

来て良かったと思えるモネの池でありました。

続いて 郡上八幡城 へ。
d0164443_19560253.jpg


バイクでは何度も来ている郡上八幡ですが、郡上八幡城に行くのは初めてです。
ツーリングではなかなか寄らない所こそ、家族旅行でゆっくり観光いたしましょう。

郡上観光も人気なようで、大駐車場も満車でした・・・
金物屋さんが解放してくれていた(お金要)駐車場にかろうじて止めれました。

さあ、木漏れ日の道を上っていきます。(運動不足な僕にはなかなか堪えます)
d0164443_19564426.jpg

新緑の木漏れ日は歩いていて気持ちいいです^^

学生時代に司馬遼太郎の『功名が辻』を読んだことがあるのですが、まさか千代さんが
郡上出身だったとは・・・
d0164443_19570865.jpg

汗ばむ陽気の中、郡上八幡城に到着^^
d0164443_20004266.jpg

郡上八幡城 天守閣から郡上の町を見下ろす。
d0164443_20023667.jpg

360度、とてもいい眺めでした。
d0164443_20024568.jpg

次男君も分からないなりに、いろいろ触れて、体験して、何かを感じてもらえたらいいなぁ。


ちょうどお昼になりまして、我が家はおにぎり家族ですから、ここでお弁当といたしましょう♪
d0164443_20051999.jpg

お腹もふくれたところで、キャンプ場へ出発です。
いまだ堀越峠は通行止めで、迂回しながら和良川公園オートキャンプ場へ。
d0164443_20063785.jpg

予約時に指定した一番奥のサイト 32-2。ホント広々サイトです♪

皆で設営後、さっそく川遊びです^^
d0164443_20110106.jpg

おまけに最奥故に、庭のようなスペースもあったりして、子供達はバトミントンで汗を流しておりました。
d0164443_20120140.jpg

夜は恒例の焚き火です。
d0164443_20124756.jpg

今夜の焼き焼きは、郡上で買っておいた明宝フランクです^^
d0164443_20140283.jpg

めちゃくちゃ(゚Д゚)ウマー
朝から晩まで、ホント楽しい1日でした♪


さて、二日目です。
翌日は予報通りの雨でしたが、どうってことないさ~。
d0164443_20450595.jpg

今日は世界遺産 白川郷 合掌造り を観光です。
d0164443_20175203.jpg

白川郷で最大級の建家 長瀬家 を見学。
d0164443_20191363.jpg

歴史のある家で、いろいろな道具が保存、展示してありました。
合掌造りの木組みも見れて、よい勉強になりました。
d0164443_20202260.jpg

次来たときは和田家を見学してみよう^^
d0164443_20224118.jpg

えっちらおっちら、坂を上って・・・展望台からの白川郷集落。
d0164443_20210382.jpg

今日も次男君は、『何が良いのかよく分かんない (´・ω・`) 』
といった感じでありました^^;
d0164443_20255442.jpg

まあ、何はともあれ、雨でしっとりした白川郷を満喫できました。
結構歩きました。観光はホント体力が要りますね。


帰りは大好きな道 せせらぎ街道 をフォレさんと走ります。

木漏れ日広場の川
d0164443_20265777.jpg

道の駅パスカル清見の川
d0164443_20270482.jpg

どこの川でも忍者石(水切り石)です^^; 次男君はとても上手い!

そんな次男君は、お昼に普段食べ慣れていない、とろける油の飛騨牛焼肉定食と、
d0164443_20300409.jpg

標高の高い川遊びでお腹が冷えたせいか、キャンプ場に戻る頃には腹痛で大騒ぎ(ーー;)

急遽、車を走らせ下呂市立金山病院行きです。
d0164443_20313200.jpg

何とか休日診療で見てもらいましたが、その頃には随分痛みも落ち着いていて・・・
あの大袈裟な痛がりかたは何だったのか・・・毎度お騒がせの次男君でありました^^;

キャンプ場から車で25分ほど走らせてやってきた病院でしたが、
その病院の真横が行く予定の温泉でしたから・・・
d0164443_20335956.jpg

まあ良しとしましょう^^;

ちなみに、二泊とも 飛騨金山温泉 湯ったり館 でした。


最終日 3日目は快晴♪キャンプ場内でゆっくり過ごしました。
d0164443_20351759.jpg

チェックアウトまで時間があるので、キャンプ場から歩いて行ける滝を見に行ってみましょう!

小川沿いの舗装路だけと思っていたら、途中からトレッキングコースになりました^^
d0164443_20354263.jpg

新緑の中、雰囲気も良くて、楽しめるコースです。

御手洗の滝
d0164443_20361445.jpg

往復1時間、思っていたより楽しめた滝見散策でありました。
そうそう、山ヒル注意って看板がありましたが、本当に居そうな感じでしたよ~^^;


いろいろ活動的でもあり、ゆったりした時間も楽しめるようになった最近のファミキャン。
私生活も含め、子供達が戦力になってきてるから嬉しい限りです♪

和良川公園オートキャンプ場
d0164443_20460619.jpg

ハイシーズンに、まだ何も予定してないけど、キャンプにでも行っとく?
みたいな時にまたお世話になることでしょう^^;







[PR]