カテゴリ:キャンプ旅( 36 )

d0164443_2283645.jpg

3日目、最終日は僕の大好きなクネクネ道へ家族を巻き込む予定となっております^^;

2泊3日、お世話になった、平湯キャンプ場の区画の無いちょっと薄暗い隅っこサイト(ーー;)
d0164443_22102644.jpg

寝床は思ったより平坦で、通路横ですが人通りはほとんどないので、まだ良かったほうかと・・・

ホントはこちらを予定していたオートサイトの方々・・・木漏れ日が心地良さそうです(ーー;)
d0164443_22111067.jpg

これで払う値段は同じです^^;;

当日8時の受付でほぼ埋まってしまったそうなので、まあ今回はしょうがないですな。

テキパキ?と撤収して、いざ、クネクネ道第1弾、安房峠へ!
出発早々、バスターミナルのあるアカンダナ駐車場が大渋滞で身動き取れない状態になりましたが、
誘導員さんに道を抜けるだけと伝えると、無線でやり取りして先に行かせてもらいました^^

そして、緑に包まれたクネクネ道をフォレスターで悠々と走ります。
ホント気持ちいい!
家族を乗せているので、いつもよりギアを丁寧にシフトしながら、スムーズに走らせる。
車もほとんどいないので、フォレスターのギヤ比に合わせて楽しくドライビングできます。

久しぶりの安房峠 とっても寒い~。
d0164443_15554289.jpg


お次は上高地乗鞍スーパー林道\(^o^)/
こういう1~1.5車線の道を気持ち良く走ってくれるフォレさん。
何度も書いてしまうが思ったところをトレースしてくれるハンドリングがいいんだよね!
こいつもトレーサーと同じ、ホント頼もしい相棒です。

白骨温泉の駐車場も満車状態でしたが、走る道には我家のフォレさんのみだから
マイペースに走って止まって・・・山深いこの景色も、子供達には新鮮だったんじゃないかな^^
d0164443_22181316.jpg

昨日登った乗鞍岳山頂は雲に覆われて見れなかったのが残念。

クネクネ道を登ってほどなく、乗鞍高原に着くと一気に観光ムードに変わります。
けど、我家はそこを横切って、一ノ瀬園地へ向かいます。

ここのベンチで昼食。おにぎりやパンを食べて・・・
d0164443_22192030.jpg

そうそう、ヤマボウシの実もたくさん食べちゃいました^^;
d0164443_22193149.jpg

とっても甘くて美味しかったです♪

お腹もふくれたところで、散策開始。秋の気配が所々で感じられて、散策には良い季節です。
d0164443_22195664.jpg

昨日の山登りでは、疲労しないようにあまりお喋りもできない状況だったから、
今日の何気ないこの散策ルートは、家族4人そろって歩けて、とても楽しかったんだよね~♪
d0164443_22204953.jpg

岐阜の木 イチイ
d0164443_2222118.jpg

秋の七草 オミナエシ
d0164443_22222189.jpg

なんちゃら・・・
d0164443_22223821.jpg

かんちゃら・・・^^;
d0164443_22225198.jpg

たくさんの草花が楽しめます!

川があったら渡りたい・・・
d0164443_22231746.jpg

僕は余裕で渡りましたが、子供二人は片足ドボンです(ーー;)
もっと精進しておくれ^^

我家は川で時間を費やしすぎて、あざみ池までを終点としま~す。
d0164443_22243673.jpg

d0164443_22432342.jpg

d0164443_22252458.jpg

ここからあざみ池の側道を通って、林間のルートで戻りました。
d0164443_22254313.jpg

家族4人、静まり返った林の中・・・熊除けの音を鳴らす単管パイプが所々にありまして・・・
子供達は真剣に鳴らしていました。とても怖がりなんです^^;
d0164443_2225584.jpg

散策後は生乳ソフトクリーム。
d0164443_22263237.jpg

ひるがの高原で食べたほうが美味しかったなぁ(ーー;)

さて、帰りはロングドライブです。
上高地乗鞍スーパー林道A区間を走ります。お猿と鹿には会えましたが、カモシカに会いたかったな。
ドライブが楽しくて、道中の写真を撮るのをすっかり忘れてました。参考までに、こんな道です♪

奈川からR19までは県道26の楽しいワインディング。この道もハイペースで走ってくれるフォレさん。
家族4人と大荷物積んでるのに、大したものです!

R19で南下後、中津川ICから乗ろうと思っていた高速は恵那~土岐が大渋滞だそうで・・・
しょうがないので、ついでに大好き県道66(らっせいコース)で土岐南多治見ICまで山道三昧^^;
フォレさんとたくさんクネクネ道を走れて、ご満悦な僕なのでした♪

シルバーウイーク、家族での3日間の野外活動。
渋滞や人の多さは予想以上でありましたが、いろんな状況の中、臨機応変に組立ながら楽しめました。
d0164443_22291724.jpg

また、野遊びに付き合ってね!
[PR]
d0164443_2155796.jpg

2日目は念願の乗鞍岳登山です。
ツーリングでいつも下から拝んでいた乗鞍岳 山頂 剣が峰 を目指します。

早起きしたというのに、昼食のおにぎり作ったり、子供達はちょっとした時間で遊びに行ってしまい、
キャンプ場内で行方不明になったり・・・(ーー;)

結局、平湯バスターミナルから8時40分のバスに乗車しました。

とはいえ、ちょうど良かったかもと思える絶景を見ながら乗鞍スカイラインを堪能できました。
d0164443_2158283.jpg

あまり早すぎても、雲が多くて絶景が拝めない時もあります。

平湯バス停から途中まで、雲に覆われていた車窓の景色が、期待していた通り、
雲上の絶景スカイラインに変貌していきました\(^o^)/
d0164443_21572968.jpg

森林限界を超え、一変した景色の中を走る豪快な道。

乗鞍スカイライン・・・今は交通規制があり、車やバイクでは走れません。
僕は乗鞍スカイラインとエコーラインは、ラストランの2002年の時、残り3日前(降雪で前倒しになった)にF650で走りました。今でも最後に走れてホント良かったとしみじみ思い返します。
d0164443_2212883.jpg

と、同時にこんな景色を目の当たりにすると、叶わぬ事ですが、もう一度走ってみたいとも思いますね。

自転車いう手はあるのですが・・・^^; 僕には無理でしょ!

そんな事を考えながら、標高2702mの畳平に到着。
d0164443_2223178.jpg

畳平周辺コースだけでも絶景で感動ものです。
d0164443_223762.jpg

片道20分の魔王岳から穂高連峰の絶景が拝めますが、今回は乗鞍岳のみを目指します。
(以前バイクで来た時は、低い魔王岳のみ登頂しました^^)

さあ、百名山のひとつ 北アルプス 乗鞍岳を登頂開始です! 標高差300mです^^;
d0164443_2242579.jpg

短距離ルートを選択しましたが、階段がありますので少しきついルートです。
大回りルートに合流したころには、もう奥さんはヤバイ領域にきてました^^;
d0164443_224567.jpg

この辺りでもう無理宣言をしていました^^;
d0164443_2261151.jpg

ま、まずは肩の小屋まで頑張ろうよと励まし、休憩しながら歩いていきます。

途中で見える、雲上の乗鞍エコーラインが描くカーブがとても美しい。
d0164443_2264489.jpg

乗鞍スカイライン同様、道好きには堪らない絶景ロード。あぁ、走りたい・・・けどもう走れない(T_T)

そんな事を思いながら肩の小屋に到着。ここでおにぎりとおやつ休憩。
d0164443_2273734.jpg


奥さんには、もう少し頑張ってみようということになりましたが、昼食分のおにぎりは
おのおののザックに分けておきました^^;

ここでまったり休憩していると、ナント!雷鳥さんを発見!!
d0164443_2284370.jpg

距離も遠く、NikonのキットレンズDX18-105mmでは、かなりトリミングしてこの程度でしたが、
さっそく出会えることができ、僕も子供達も興奮しちゃいました。

さて、ここからは本格的な登りに入りますので気持ちを落ち着かせてアタック開始です!
登り始めてほどなく・ ・ ・奥さん撃沈^^;
d0164443_2292948.jpg

しょうがないので、奥さんは肩の小屋(赤い屋根の小屋)へ戻ることにしました。

子供達は・・・二人とも余裕です。
僕は子供達を山頂まで必ず連れて行ってあげたいので、再度奮起して登ります。
まあ、それなりに大変ですが、ゆっくり登れば平気なんですけどね^^;

なにせ子供達のほうが登るペース速いのです・・・合わせると疲れちゃう。
d0164443_2213814.jpg

今は威勢はいいが、最後に『もうダメ』なんて突然言われても困るので、なだめてペースを下げさせます。
d0164443_22144948.jpg

コースを右へ左へ折り返しながら登っていくと景色が変わっていきます。
d0164443_22191562.jpg

権現池が見える頃には、右も左も絶景です!

山頂が近づくにつれ、やはり次男君が少し心配になってきました。
d0164443_2228179.jpg

けど、少し休憩をすれば元気を取り戻してくれる。山頂も見えてきてパワーアップ!
d0164443_2230142.jpg


さあ、最後の岩登りにアタック開始です!
d0164443_2231370.jpg

山頂は写真を撮る為に20分ほどの渋滞でした。この待ち時間で次男君はグッタリ。
d0164443_22312673.jpg

けど、小さい体で頑張って登りきりました。
d0164443_22314997.jpg

2015 9/20 乗鞍岳 山頂 剣が峰 3,026m 登頂成功 \(^o^)/
d0164443_22325663.jpg

山頂からの景色も雲海が広がり絶景のひとこと!今日は四方ずっと雲海が消えませんでした。
d0164443_22332832.jpg

さあ、下山開始です。
d0164443_22365545.jpg

山頂は狭いので、少し下りたところで絶景を見ながら、おにぎり昼食。
d0164443_22334141.jpg

長男はまったくもって余裕でした。
身長も160cmになり、体力の面では間違えなく僕は抜かされてしまいました(ーー;)

次男君もおにぎりパワーで少し笑顔が戻ってきました。
山頂小屋では登頂記念に二人に山バッチを購入。これから少しずつ集めていこうよ!

さて、奥さんの待つ、肩の小屋まで下ります。
d0164443_2238552.jpg

登りに比べるとペースは速いのですが、踏ん張りが利かずズルズル滑ります。

足が少々疲れているのが原因ですが、やはり登山靴が欲しいとも思いましたね。
子供も普通の靴なので、少々ズルッと滑ってましたが、僕が一番滑っていたのが情けなかったです^^;

肩の小屋で奥さんと合流し、3度目のおにぎりパワーを注入。食えば元気になります^^
d0164443_22382711.jpg

ここから登った道を見上げると、再度、登頂した感動がよみがえってきます。
d0164443_2238471.jpg

いや~、ホント楽しかった!

ここから畳平までは、ハイキング気分です。
登山する人・・・スキーを楽しむ人・・・みんな一生懸命楽しんでる^^
d0164443_2240758.jpg

富士見岳・・・次はここも登りたい。
d0164443_2239482.jpg

帰りは魔王岳を望みながら、鶴ヶ池の横を通る大回りルートで畳平に到着です。
d0164443_22402237.jpg

1時間おきしかない平湯温泉へのバス。出発時間20分ほど前から並びましたが、
14時50分のバスには、まったくもって乗れないくらい混んでいました。

ただ、予想通り臨時便がすぐ来てくれまして、ギリギリ補助席でしたが乗り込めましたよ^^

1時間のバスドライブで平湯に戻り、ついでに温泉に入って汗を流していきます。
我家のある平湯キャンプ場に帰着したのは17時過ぎ。もう薄暗くなっていました。
d0164443_22481586.jpg

夜は簡単なレトルトカレーに、焚き火も少々楽しみました。

初の3,000m級ファミリー登山。何はともあれ、無事下山できた事に感謝という感じです。
今日は、ホントめいっぱい遊んだ1日でありました^^
[PR]
d0164443_11523644.jpg

今年のシルバーウイークは何とか4連休を取って、2泊3日で平湯キャンプ場へ。
ここをベースに、北アルプスをほんの少しですが味わう旅に行ってきました。

連休初日、ファミキャンにしては早い6時半出発。平湯キャンプ場9時半着でありましたが・・・
何と!サイトへの車の乗り入れはもう一杯で、手運びしてくださいとの事(ーー;)

受付がある山側のサイトはすでに奥の方の小さな区画しかないし、かなりの傾斜を登らなければいけない。
残りは道路対面にあるバイクがメインの広場サイト付近しか空いていません(>_<)

家族4人分の荷物を、手運びで道路横断するのか・・・ 『帰えろかしら』 と一瞬思いました。
5連休シルバーウィークの平湯キャンプ場を舐めてはいけませんでしたね。

30分ほど場内をウロウロし、キャンプ場の隅に車が乗り入れ出来る場所を発見!
ここしかないと意を決して場所取りし、手運びで10mくらいの場所に設営出来ました。\(^o^)/
ホント、助かりました^^
4人で運べば何とかなるものだと思いましたね!

この場所もとてもじゃないけど、本来乗り入れできる場所に比べればガックリな場所でしたが、
まだ良かったほうだと気づくのは、もう少し後のことでした^^;

設営に時間も掛かり、予定していた初日の上高地散策は中止する事にしました。
天気も良くなく、少しトーンダウンではありましたが、逆にゆったりキャンプを楽しむことにします。

男三人は、前回雨で行けなかった『平湯自然探勝路』大ネズコと平湯大滝を目指し、森を散策します。
小雨も降ったりの天気ですが、少々の事では負けてはおれません!

キャンプ場から始まるのですが、いきなり一人分の巾しかない、奥深い森の探勝路。
d0164443_1244540.jpg

前日の雨で地面もすべりやすく、ガケ沿いですので、お調子者の次男君がヒヤヒヤものでした(ーー;)

キャンプ場から400m。結構な登りを経て、大ネズコに到着です。
小さな冒険をしているようなコースと、大ネズコの神秘的なたたずまいに感動を覚えました。
d0164443_1245846.jpg

『平湯大ネズコ』  推定樹齢1,000年  樹高23m  幹周7.60m
見ごたえありです!大ネズコをクルッと歩道で1周できますよ。

お次の平湯大滝は、ここから1,250mほど。このコースも奥深い森の中を歩くコースで興奮します。
d0164443_1263732.jpg

誰もいない森の中、子供達のドキドキワクワク感が伝わってくる。
d0164443_1265099.jpg

あれだけたくさんの人がいたキャンプ場からは想像できないくらいの静けさでした。
d0164443_127076.jpg

別ルートでいったんキャンプ場に下り、今度は平湯大滝まで登ります。
d0164443_1272051.jpg

かもしか橋を渡り、平湯大滝公園の整備された遊歩道をがんばって登っていきます。
d0164443_12754100.jpg

子供達のペースが早くて早くて・・・いつのまにやら引っ張ってもらう側になっていました^^;;

d0164443_1211979.jpg

『平湯大滝』  滝巾6m 落差64m

これもなかなか見ごたえのある滝です。
ところどころでもう色付いていてます・・・もうすぐ紅葉がはじまりますね。
d0164443_12135134.jpg

帰りは足湯にもつかり、思っていた以上に楽しめる散策コースでした。
d0164443_12141852.jpg

子供達はまったくもって余裕の道のりでしたが、僕はけっこう疲れましたね^^;
d0164443_1215853.jpg

キャンプ初日はいつものバーベキュー。
d0164443_12144019.jpg

そして 平湯温泉 ひらゆの森 でポカポカのまま早めの就寝。

明日は早起きして、念願の3,000m級にアタックします!(大袈裟~^^;)
d0164443_12151721.jpg

[PR]
d0164443_1443720.jpg

今年のお盆は、ひるがの高原キャンプ場をベースにして、周辺で遊ぶ3泊4日のキャンプ旅♪

ひるがの高原キャンプ場、実は初めてだったりするわけですが、評判通りの気持ち良いキャンプ場でした。
ひるがの高原SAからスマートICですぐキャンプ場ですから、便利この上なしです。

基本フリーサイトですが、ほとんどが地形に合わせた区画サイトのような感じです。
ファミリーキャンプですから、トイレ、水道、川にも近いメイン通り沿いのサイトに決定!
d0164443_14434442.jpg

ほどよい木陰と、地面も平らでとても良いサイトでした。
d0164443_14565425.jpg

初日は木漏れ日の中ゆっくり設営し、子供達は場内での川遊び♪
さっそく次男が川から捕まえてきました^^
d0164443_14534598.jpg

ヒキガエル?
d0164443_14545520.jpg

あのねぇ・・・どう見ても毒ガエルだからさぁ・・・触らず元の場所へ返してあげてね(ーー;)

夕食は、キャンプ初日の恒例バーベキュー\(^o^)/
d0164443_14565753.jpg

お外ごはんはホント美味しいですね!
初日はキャンプ場でまったり楽しんだ1日でした。


2日目は近くにある ひるがの高原 牧歌の里 で花や動物とのふれあい^^
d0164443_14594465.jpg

乗馬体験したり・・・
d0164443_1501438.jpg

d0164443_150114.jpg

なでなでしたり・・・
d0164443_1504775.jpg

アルパカも・・・可愛いかったなぁ。
d0164443_1503624.jpg

むしゃむしゃ食べてるジャージー牛も面白かったよ。
d0164443_151195.jpg

標高ある場所ですから、木陰に入ればとても過ごしやすいです。
d0164443_1512728.jpg

d0164443_151444.jpg

d0164443_1534533.jpg

バイクでは何度も真横にある『やまびこロード』を走っているのですが牧歌の里に入場するのは初めて。
なかなか楽しめるテーマパークでした。
d0164443_156479.jpg



3日目は 福井県立恐竜博物館 で恐竜のお勉強。
d0164443_1565120.jpg

ものすごい人でした^^
d0164443_15101971.jpg

面白い仕掛けがたくさんあって・・・
d0164443_1572148.jpg

人気なのも頷けます。
d0164443_1582082.jpg

d0164443_1583133.jpg

一見の価値ありです。また時間をかけてじっくり見たいぞ!
d0164443_1585651.jpg

d0164443_1515039.jpg



4日目はゆっくり撤収して、近くにあるマス園で釣り&食事。
d0164443_1515324.jpg

7匹釣って、みんな塩焼き。メチャクチャ美味しかった♪
d0164443_15155087.jpg

この二人、仲が良いんだか悪いんだか・・・?
d0164443_15174732.jpg

よく喋り、よくケンカして、よく遊んでいました^^

まあ何はともあれ、天気にも恵まれて、盛り沢山な4日間でした。

たくさん食べて・・・たくさん飲んで・・・
d0164443_15194737.jpg

花火をしたり・・・
d0164443_15203958.jpg

焚き火をしたり・・・
d0164443_15195736.jpg

特に長男と二人、火を操りながらいろんな話ができたことが、僕はなんとも良かったよ^^

長男は設営、撤収、次男の相手と、要所々々で少しづつ助けてくれるようになってきたような?
子供達も暑さに負けず、いろんな体験が出来た4日間の野外活動でした。

ひるがの高原キャンプ場
d0164443_1522339.jpg

値段もハイシーズンにもかかわらず通常料金と同じで助かりました。
広大な場内は、杉や赤松に囲まれた木漏れ日のサイトが数多くあり、お盆中でもまだ空いていました。
小川にはヨシノボリやカエルを捕まえたり、小さな子でも遊べる水辺があります。
d0164443_15233022.jpg

標高900mで、朝夕もとても涼しく、場内を散歩するのが気持ちよかったです。朝方は結構冷えます。

お風呂は場内にある ロッジほらひら でも入れるそうですが、10人ほどでいっぱいになるそうで、
今回はハイシーズンということで入りませんでした。

車で5分ほどで 牧歌の里温泉 牧華 があり、少々値段が高いですが設備も充実してますので
ここに2回入りました。
車で15分ほどにある 荘川温泉 桜香の湯 にも入浴しましたが、子供達は湯船の種類が多い
牧歌の里温泉がお気に入りのようです。
d0164443_16185454.jpg

いつかまたここをベースに、白川郷や白山スーパー林道へドライブと散策しようと思っています。
ふらりバイクで来て、ゆったりと本を読んだり、焚き火をしたり・・・それもまたいいなぁ♪
[PR]
d0164443_1743455.jpg

3日目の朝。今日も朝ラーで1日が始まります。
早朝はテントの中から顔を出し、調理・食事するのが通例です。
d0164443_1742778.jpg

昨日の天気予報では午前午後とも時間によっては雨模様との事。
実はもう1泊して伊豆方面でも走ろうと計画していたのですが、状況に応じて流動的に行動します。

とりあえず撤収して様子を見ることにしていましたが、陽も差してきてついついゆっくりしてしまいました。
d0164443_17442247.jpg

するとポツポツと雨が・・・
撤収途中だというのに、ドシャ降りになってしまいました(ーー;)

屋根のある炊事場等が近くに無かったので、ひとまずシートを掛け、人のみ雨宿り・・・
当分止みそうにもないので、意を決してバンガローがある屋根付き集会場へ荷物とバイクを移動します。

塗れた荷物を拭きながら撤収した頃には、やっと晴れ間が出てきました。

時間はもう10時半頃なので、いろいろ走るルートを相談し、山中湖まで下ったところで別れる事にしました。
今日はこんな感じの不安定な天気みたいで、僕はあまり走らず、ゆっくり富士山を周遊する事に。
ヒデちゃんはたくさん走りたいそうで、北上して信州方面へ抜ける事になりました。

流動的に、天候や気分次第で、お互い自由に行動する事がなにより楽しみに繋がると思います!
道志みちを二人で下り、山中湖のセブンイレブンで別れを告げ、各々の道へ進みました。

さて、僕は今日も富士の懐に抱かれて、走った事のない富士五湖をゆっくり巡るつもり。
いつ雨が降ってもおかしくない天気ですが、それはもう気にせずじっくり楽しむことにしましょう。

まずは今回の旅で毎日見ている山中湖。
d0164443_17535116.jpg

今日は一番どんよりしてました^^;

次の河口湖へ行く前に、少し早いですが昼食を。
名物『ほうとう』ではなく、『吉田のうどん』に食指が動きまして、通り沿いにある玉喜亭
d0164443_17571976.jpg

かき揚げ 肉うどん  暑いからこそ熱いうどん^^
d0164443_17574082.jpg

サラっとした腰のあるうどんで、薬味を入れるとピリッとした味わいが広がりとても美味しい。
汗をかきかきすすりました。大満足の一品でした♪

ここからすぐに河口湖に到着。湖畔の道を走ります。
d0164443_17584818.jpg

富士山は相変わらず見れないけど、太陽も出てきて木陰の道が気持ち良いです。
d0164443_180812.jpg

ネムノキの花 ほんのり甘い香り 初めて嗅いだけどこんなに良い香りだとは思いませんでした。
d0164443_18273922.jpg

雨も降らなさそうなので、シートバックのレインカバーも外し・・・
d0164443_1813562.jpg

いろいろ寄り道しながら・・・
d0164443_182033.jpg

d0164443_182644.jpg

お次は西湖へ。
d0164443_1823044.jpg

湖畔に下りて少し休憩。
水辺に下りられると景色も変わって・・・ちょっとうれしくなるのです♪

西湖からは富士山がほんの少し顔を出してくれまして・・・
d0164443_183113.jpg

『西湖、サイコー!』と、どれだけの人が口にしたかわからないけど、僕も素直につぶやきましたよ^^;

お次は小さな精進湖へ。
d0164443_183431.jpg

暑さに負けず、たくさんの釣り人が楽しんでおられました。

そして最後の本栖湖へ。
d0164443_187417.jpg

『本栖ブルー』
d0164443_1851457.jpg

深いブルーで、とても綺麗でした。
d0164443_188487.jpg

以前東北ツーリングで行った秋田県の田沢湖を思い出しました。

さて、ここからは少しTシャツで走ろうよ♪
d0164443_1882970.jpg

木漏れ日の湖畔道をTシャツでゆっくり走れば、体の火照りも少しクールダウン。
d0164443_1892150.jpg

Tシャツ走行・・・いつからかしなくなったけど、昔はよくやってたなぁ。
d0164443_1454253.jpg

時と場合によっては、『あり』ですな!

ほどなく本栖湖キャンプ場前の無料駐車場に着き、木陰で休憩。
d0164443_18115123.jpg

今度はここにキャンプして、カヌーやSUPをやってみたいものだ。

富士五湖巡りも終わり、朝霧高原方面に向かうと・・・
d0164443_18122062.jpg

一気に天気は下り坂(ーー;)

ポツリポツリと降りだして・・・
ここから先、静岡市清水まで合羽を着たり脱いだりが繰り返されまして・・・
d0164443_1813689.jpg

観光地の白糸の滝を横目に、新稲子川温泉ユートリオで汗を流そうと思ってクネクネ道のR469を
走ってきたけど、聞けばここの温泉は水着着用だそうでとても入る気になれず・・・

ガソリンスタンドにも入り損ねて、結局R52で清水ICまで南下してきちゃいましたとさ(ーー;)
もう雨も降らなさそうなので、合羽を脱いで最後は東名高速で帰路に就きました。

走ってすぐの日本平PAで最後の休憩を。
d0164443_1818910.jpg

雨の走行でドロドロのトレーサー・・・もそっと泥除けが機能してくれないものかいな。
d0164443_18182171.jpg

ここで由比で食い損ねた桜海老料理を発見^^
なごみ処 駿河亭  冷製桜海老おろしそば
d0164443_18143450.jpg

最近のSA、PAの食事は侮れません!とても美味しかったですよ♪

最後、いい温泉に入れなかったのが残念でしたが、美味しい食事を味わう事ができ、ご満悦な気分で
トレーサーと最後のハイスピードな走りを楽しみながら帰れました。

富士山周遊・・・今回はほとんど富士山は拝めませんでしたが、ゆったりと周辺を堪能できました。
今までの僕では考えられない少ない走行距離で、自分でもちょっとびっくり^^;
d0164443_1805990.jpg

3日間の走行距離 850km こんなキャンプツーリングも新鮮なのでした♪
[PR]
d0164443_109393.jpg

今日も天気は良さそう♪ 道志の森キャンプ場はいい雰囲気に包まれています。

まずはいつもの朝ラーで体を温めます。
d0164443_1092366.jpg

僕が設営した渓流沿いに面したフリーサイト。
d0164443_1095833.jpg

ソロライダーが多く、ゆったりとキャンプを楽しんでいられるとても静かなサイトでした。
d0164443_10181280.jpg

コーヒーを淹れ、ゆっくり本でも読みながら、D&Sメンバー、Vスト乗りのヒデちゃんを待ちます。
d0164443_1014429.jpg


夕方にでもキャンプ場で落ち合う予定でしたが、夜走りして朝の8時半ごろには着くとの事w( ̄▽ ̄;)wワオッ
相変わらず魔人なヒデちゃんなのでした。

気持ちいいキャンプでのひととき。
d0164443_10154989.jpg

バイクで走る事も楽しいけど、こんな素敵なキャンプ場で朝をゆっくり過ごすのもまた良いものです。
d0164443_10153357.jpg

程なくして、ヒデちゃん登場です。
d0164443_1016560.jpg

渓流に近い特等席が空いたので、僕のテントも引越しです。
d0164443_10161785.jpg

ヒデちゃんもテントを新調しました。
小川キャンパル アーデインST ・・・体が大きいから、居住空間を優先した選択です^^

さて、時間も10時半・・・元気なヒデちゃんは走りたくてしょうがない様子です。

ヒデちゃんが来る前に考えた、奥多摩方面を走るプランに決め出発。
道志みちを少し下りr76~R20~r33と展望もない山道をこなし檜原街道r226を堪能する。

檜原街道・・・初めのコーナーを2、3個過ぎると、この道が楽しいことが伝わってきました。
めちゃ楽しいワインディングでトレーサーの本領発揮です。

少しアクセルを多めに開けて、グングン加速して駆け上がっていく相棒トレーサー。
一気に風張峠を越えて、月夜見駐車場で奥多摩湖を見下ろす。
d0164443_10184894.jpg

走って楽しいワインディングと良い景色・・・ホント良い道でした♪
d0164443_1019085.jpg

お次は奥多摩湖沿いを通り小河内ダムまで走る。
d0164443_10191486.jpg

水と緑のふれあい館で遅めの昼食。
d0164443_10192287.jpg

パノラマレストラン 「カタクリの花」 で 奥多摩清流定食。
d0164443_10193262.jpg

山菜やヤマメの天婦羅とニジマスの唐揚げなどなど・・・とても美味しかったですよ♪

お腹もふくれたところで、奥多摩湖畔道をピストンし、青梅街道R411を西へ向かいます。
d0164443_10224420.jpg

こちらは檜原街道と違って、気持ち良い雰囲気を楽しみながらのワインディングが続きます。
d0164443_10244174.jpg

渓谷を横目に大菩薩ラインへと名を増やすR411。
d0164443_1025159.jpg

山深く、走り応えのあるグッドロードですなぁ。

道中にある柳沢峠。藤棚の木陰で休憩です。
d0164443_1025259.jpg

富士山はやはり雲に隠れて見えませんでしたが、心地良い風が火照った体をクールダウンしてくれました♪

ここからはループが続く壮大な風景を横目に下り、勝沼の街を抜け、R137御坂みちに合流。
クネクネ道好きは、迷わず御坂峠へ寄り道をしましょう!
d0164443_10255310.jpg

ここからの富士山も絶景でしょうが・・・照れ屋な富士山は顔を出すことはありませんでした(ーー;)

吉田の街で買出しして、道志みちで我家のあるキャンプ場まで帰ります。
今日の汗は 道志の湯 で洗い流します。
d0164443_10264334.jpg

檜の露天風呂につかり、疲れもいっしょに洗い流しました。

走った後はビールで乾杯♪
d0164443_10265445.jpg

バイク談義に道談義・・・少々家族や仕事の事など・・・話は尽きないですが、静かなキャンプ場です。
22時にはお開きにして、明日をまた楽しみましょう。
[PR]
d0164443_16111988.jpg

富士山周辺は観光地のイメージが付き纏い、今までツーリングの計画はしても後回しにしていました。
実際、富士五湖の辺りは今まで車でも行ったことが無い^^;
台風12号の進路も考慮して、少しでも東方面へ逃げるように富士山周辺を走る事に前日に決定!

トレーサーとも初キャンプであり、テントも新調したので、慣らしも兼ねてゆっくりペースで走った事のない道を選びながらのキャンプツーリングへ出発~♪

新東名で、まずは一発目の富士山を拝みに、絶景の薩埵峠(さったとうげ)を目指してみることにします。
d0164443_16124541.jpg

清水ICで下り、R1で東へ走りだすと、あっと言う間に行き過ぎて、由比方面から逆アプローチ^^;
こちら側からはビックリするような1車線の絶壁道で・・・少々怖いです。
d0164443_1613521.jpg

大きなバイクや車は清水方面からアプローチしましょう!

ほどなくして薩埵峠に到着。日陰が無いのでとても暑い・・・。
そして肝心の富士山は・・・
d0164443_16142273.jpg

うっすら見えましたよ! う、うそじゃないですよ^^;
ほんとうっすらと写ってるでしょ!よ~く見てくださいね^^;;

まぁ、なんとなくあまり見えないと予感してましたので、あまり気落ちすることもありませんがね(ーー;)

汗をかきながら富士山を被写体に納め?、満足した僕は由比方面で桜海老料理を食べようと、暑い中由比の町をうろうろ走りましたが、時間はまだ9時半・・・
『11時からですよ』と断られ、しかたなくr76で富士宮方面へ北上です。

r76~r75~r72と繋いで富士山スカイラインを目指します。

このr76は富士山が前面に現れる楽しいワインディング。何度も現れる富士山に感動です。
道が楽しくて写真は撮り損ねましたが、よく見えましたよ富士山。 う、うそじゃないですよ^^;
d0164443_16174840.jpg

車では何度か走っている富士山スカイライン。
d0164443_16155562.jpg

バイクでは初めてなので楽しみにしていました。
d0164443_1616357.jpg

夏季の通行規制でr152で新5合目まで走れないのは残念でしたが、流すようにゆっくり走って気持ち良い♪
そんな富士山スカイラインでした。
d0164443_16173268.jpg

途中、太郎坊という登山口のある分岐からは別の5合目までは行けました。
d0164443_16181011.jpg

ガスっていてあまり見えませんでしたが、山頂がほんの少し見えたような見えないような^^;
麓側もガスってまして、こちらは何も見えません。
d0164443_16183443.jpg

けど、それもかえって神秘的です^^

r23を下り、早めのお昼は 道の駅 すばしり の ふじやま食堂で 萬幻豚の豚丼。
d0164443_16185430.jpg

ボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになります。とても美味しかったですよ♪

ここから篭坂峠を抜け、山中湖へ。
d0164443_16192688.jpg

標高1000m近くあるとはとても思えないくらい暑いけど、せっかくだから少し散策。
白鳥がお出迎えしてくれました。
d0164443_16194293.jpg

お仲間がたくさんいてよかったね~

この暑さに負けず、たくさんの人が夏を謳歌してますなぁ。
d0164443_1620572.jpg

そんな人たちを見ると僕もうれしくなってくる^^

さて、今日はキャンプ場に早めにINするつもりなので、山中湖周辺で時間調整することにしました。

花の都公園
d0164443_16205098.jpg

綺麗な百日草が一面に咲き誇っていました\(^o^)/
d0164443_16213327.jpg

お花はどうやって撮ればいいのか、相変わらず分からずじまい・・・うまく撮れないのでした(ーー;)

下からあおったいい感じの写真は・・・
d0164443_16533810.jpg

残念ながら、おもいっきりボケてまして・・・たぶん暑さのせいです^^;

お次は温泉でゆっくりしようと、近くにある 山中湖温泉 紅富士の湯 へ。
d0164443_16215851.jpg

入ってびっくり!とても大きな温泉施設で人も多かったですが、露天風呂が37°程でゆっくり長湯できます!
富士山は雲に隠れてまったく見えませんでしたが、とてもいい湯でしたよ♪

さて、さっぱりしたところでキャンプ場を目指し、道志みちを走ります。
今日泊まるのは 道志の森キャンプ場 です。ここも一度来たみたかったキャンプ場なのです。
d0164443_1628581.jpg

木漏れ日の中、せせらぎを聞きながらテントを張り、ゆっくりします。

今日初張りのテントは 小川キャンパル ミルフォード12。廃盤価格で安かった♪  
d0164443_16282683.jpg

設営撤収が簡単な前後左右対称のモデルが欲しくて、1年以上前に購入済みでした。
ペグダウンも張り綱無しだと6本で済みます^^

そして、極楽椅子のヘリノックスチェア。これも2年前には購入済みでして・・・
あの頃は、まだ安かったです!軽量コンパクトで組立簡単。座り心地満点です\(^o^)/

場内のお風呂で再度さっぱりして・・・

少しのお酒と・・・
d0164443_16291655.jpg

楽しい米炊きをして・・・
d0164443_1629304.jpg

標高750mの心地良い風に吹かれ、せせらぎを聞きながら眠りにつくのでした。
d0164443_1630232.jpg

[PR]
d0164443_14414267.jpg

7月26日~28日の3日間、富士山周辺をゆっくりと巡るキャンプツーリングへ。

当初、鳥取大山方面に行こうと計画してたけど、台風12号が気になって急遽行き先を変更しました。
東に逃げれば、雨に降られないだろうと画策しておりましたが ・ ・ ・ 甘かったです^^;

トレーサーとの初キャンプツー。
d0164443_14425758.jpg

新しい道具も増え、いろいろ試行錯誤を楽しみながら、キャンプでゆっくりしたい。
d0164443_14435366.jpg

d0164443_14541817.jpg

そんな思いも胸に、真夏の富士山をほんの少しだけ味わってきました。
d0164443_1445263.jpg

d0164443_14452459.jpg

レポはまたゆっくり書いていこうと思います。
d0164443_1444409.jpg

ところで、今回の主役であろう世界遺産の富士山は ・ ・ ・ 出てこないかもしれません^^;
[PR]
d0164443_17454893.jpg

今年のGWは子供達は飛び石連休、私は前半仕事、後半のみ休みな中途半端な連休でした。

少ない休みを充実するために、キャンプに行こうと計画し始めたのは4月中旬・・・
まったくもってどこも予約いっぱいで、何とか見つけれたのが 和良川公園オートキャンプ場

初めて行くキャンプ場・・・
それにギリギリ予約の為、水場まで遠い電源無しのフリーサイトになるとの事。
しかも、通常3,000円の料金がGW中は2,000円UPになるところを、『不便なので3,000円でいいですよ』
なんて言われてたので、どんなサイトか行くまでとっても不安でした。

でも行ってみてびっくりw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
d0164443_17533889.jpg

めちゃめちゃ広~い\(^o^)/

他の電源サイトは、水捌けを良くする為に整備された砂利敷きで、しっかり区画され、
それはそれで良いのですが、場内端っこのフリーサイトに比べると少し区画も狭く窮屈な感じでした。
おまけに芝生で自然な感じのサイトだったので、私的にはとっても良かったです♪

新調したスノーピークのメッシュシェルターに戸惑いながらもなんとか設営完了。
風も少し強かったので、アメドも含め張綱までしっかりやりました。

その間子供達は川遊びや場内探検。
二人でいろいろ探検し遊んでくれるようになったので設営もはかどります。

そして夕食は恒例のバーベキュー\(^o^)/

少々面倒なので、最近はやるか迷うのですが、子供達はこれも楽しみにしてますので
大人はがんばって火を熾し、焼き焼きします。
d0164443_17583260.jpg

この時期はちょうど炭の温もりがありがたく、皆で焚き火台を囲んでの焼き焼きを楽しめました。
d0164443_1823352.jpg

食事後は車で20分程の 飛騨金山温泉 湯ったり館 でさっぱりし、満点の星空を見ながら眠りにつきました。
                       ・
                       ・
                       ・
二日目は朝からまったりモード。
ひとり早起きして、暖かいコーヒーを飲みながら朝陽を浴びます。
d0164443_183426.jpg

皆が起きてくる前の静かなひととき・・・カメラ片手に場内散歩

我が家のサイト全景
d0164443_1841234.jpg

広々サイトでホント気に入りました♪

綺麗な和良川
d0164443_183556.jpg

川もとっても気に入りました♪

ルーフボックスはスーリーのパシフィック2 200 アンスラサイト(ブラック)になりました。
d0164443_1845185.jpg

使い勝手もよく、これまた気に入りましたよ♪

まったりできる静かなひとときも束の間・・・子供達に特等席を盗られ、兄弟ケンカが勃発中・・・いつもの風景^^;
d0164443_185650.jpg

和良川公園オートキャンプ場の売りはやっぱり川遊びです。
d0164443_186543.jpg

時期的にまだ早いのですが、思っていたより冷たすぎず、二日目は一日中川遊びを楽しみます。
d0164443_188817.jpg

石でダムを作ったり・・・忍者石投げしたり・・・
d0164443_1893262.jpg

おにいちゃん・・・海パンじゃないんだからさ・・・パンツ濡らさないよう少しは気をつかってよ^^;
d0164443_1862830.jpg

網で狙うのは毎度のヨシノボリ。
d0164443_1865526.jpg

足だけの入水だから、川の深さと流れの速さで、なかなか捕まらない・・・

ようやく一匹捕まえてお父さんは面目躍如^^;
d0164443_1871442.jpg

長男君もヨシノボリを一匹捕まえた後は鮎を狙ってず~と川の中で待ち構えてました^^;;

『泳いでる魚は網では捕まらないよ』とは言っても、いろいろ試行錯誤していつまでも狙ってる長男君。
d0164443_1884018.jpg

跳ねたところをすくい取るそうな・・・^^
熱中人だからね・・・やってみなくちゃわからないよね・・・いろいろ経験していってくださいな。

夕食はファミリーキャンプの鉄板料理。バーベキューの次はカレーライスでしょ\(^o^)/
川から帰って来ない長男君をよそに、せっせと夕食の手伝いをする次男君。いつまでやってくれるかな?
d0164443_1895891.jpg

カレーライス めちゃくちゃ(゚Д゚)ウマー 定番料理だからこそ外せないよね!
d0164443_18102451.jpg

スーパードライ・・・アルコールのある方とない方を持ってきましたが、ない方しか飲まなかった^^;
d0164443_1811359.jpg

単純な僕は、これで結構お酒を飲んだ気になれちゃうのが自分でも不思議だったなぁ^^;;
                       ・
                       ・
                       ・
最終日は夜中から雨で・・・雨男はここでも苦難にさらされるのでした(T_T)
d0164443_18124451.jpg

撤収も大変でしたが、家に帰ってからの片付けがもっと大変でした(´・ω・`)ショボーン

とはいえ、雨はしょうがないさ~。
雨に慣れなきゃお外遊びは限定されちゃうから・・・気にしないぞ~^^


和良川公園オートキャンプ場
d0164443_1814187.jpg

夏は目いっぱい川遊びが楽しめると思います。

気になるところは
・木陰がないサイトも多いので、その場所に当たると夏はテント内が暑くて寝れないかも・・・
・温泉まで片道20km程、時間にして20分~25分程かかります。

初日は湯ったり館、二日目は道の駅にある飛騨金山ぬく森の里温泉に入りましたが、
断然 湯ったり館 がお勧めですよ!
シャワー室はあるので、夏はそれで十分かもしれません。
今夏、また行ってみたいキャンプ場になりました♪
d0164443_18152451.jpg

[PR]
d0164443_2115399.jpg

なんだかんだぐっすり眠れた感じで^^; 早朝5時に目を覚まし、朝ラーで体を起こします。
d0164443_21151944.jpg

暑くなる前に撤収して、早朝6時半頃の出発でした。

今日は出発してすぐ、鈴ヶ森林道 20km程の極上ダートを走ります。
d0164443_21161945.jpg

朝ダー最高♪
d0164443_2117450.jpg

渓流沿いのフラットダート。早朝の木漏れ日の中を走れる喜び\(^o^)/
d0164443_21171631.jpg

キャンプ場から早めに出てきたので渓流に下りて森林浴。
コーヒー飲んだり・・・
d0164443_21175373.jpg

穴を掘って野外で所用を済ませたり・・・^^;
ここでもたくさんの鹿を見ましたが、お尻出してるときに “バキューン” と
鹿猟の鉄砲音がこだまするのはとても怖い体験でした^^;;

さて、渓流沿いのフラットダートから、峠へ向けて登る頃にはワダチやガレが出てきます。
そこもまた林道の楽しい一面です。ラインを選んで右左。対向車だけは注意です。

峠を越えると展望がありました。
d0164443_21182562.jpg

ガタガタ道を懸命に登り、山深い林道からみる景色はやっぱり心に響きます。
鈴ヶ森林道・・・素敵な林道でした。

林道を抜け、分岐のR439(与作)を北上するとすぐ、あのお方がおられます。
d0164443_21204752.jpg

吉村虎太郎先生 ご無沙汰しておりました。
d0164443_21211142.jpg

不謹慎な物言いでしょうが、私の中でカッコイイ銅像No.1は今だ揺るぎません。

グッと心が熱くなりました・・・体も暑いですが^^; 
『近くにきたらまた寄ります』

さて『ここからは、Tシャツで走ろうよ♪』

ここらは景色のいいツーリングルートが目白押し!さっそく天狗高原カルスト台地へ向かいます。
d0164443_21215768.jpg

気持ちいいワインディングの東津野城川林道(舗装)でグイグイ標高を上げていきます。
d0164443_21222383.jpg

天狗高原が見えてきました。
d0164443_21223244.jpg

標高1400mを越えた高原は・・・無風で・・・とっても暑かったです^^;
d0164443_21234534.jpg

そう、この日は四万十市で観測史上最高気温41.0℃を叩き出した記念すべき?灼熱デー。

だから暑さでクラッとする瞬間がたまにありますが、龍馬魂で乗り切ります(^^)v
d0164443_212415100.jpg

容赦ない陽射しが、生腕をジリジリ焼いてくる・・・
d0164443_21245283.jpg

けどTシャツ走行はとっても気持ちいいのです\(^o^)/たまにはしようよ!

『こんなにも石ありました?』と思えるくらい快晴でよく見えました。
姫鶴平で休憩し、涼しい高原の風を待ちましたが・・・やっぱり最後まで無風でした(T_T)

地芳峠からクネクネR440→快速R33を北上し 道の駅 みかわ で早めの昼食にしようと思ったら
お店は休みでした・・・お盆で休みなんてさ・・・私と同じ昼食難民が自販機横であふれてましたよ。

気を取り直してr212→R494で面河渓谷へ
d0164443_21255991.jpg

『はあ~息子達と一緒に橋から川に飛び込みたい!』 気持ちいいだろうな~

面河グリーンですか?
d0164443_21262410.jpg

いや面河ブルーですか?
d0164443_21263122.jpg

ナナフシ君もいいところに住んでいるね~。
d0164443_21321050.jpg

おかげさまで、涼しい木陰で心と体をクールダウンできました。

さてお次はツーマプにある通り、豪快なワインディングの石鎚山スカイラインを走ります。
d0164443_21265113.jpg

展望台からの石鎚山はとても雄大で、いつか山頂へ登ってみたいものです。
d0164443_2127396.jpg


暑かった下界から一気に駆け上がりスカイライン終点頂上での石鎚山の風は・・・
四国上陸後、最高に心地良い風が吹いていました。
d0164443_21274770.jpg


そこで、地元愛媛県に里帰りしてきたKLXの方としばし談義。
石鎚登山の事や、面河渓、カルストや四万十・・・いろいろ旅談義に付き合って頂きました。
ほとんど高知県の話だったので『愛媛県もいいとこありますよ』と言われた時に
『佐田岬も行きました、いいですよね~』と21年も前の事を持ち出しましたが時すでに遅し・・・

少し悲しげなKLXの方と別れ、楽しみにしていた瓶ヶ森林道(通称UFOライン)へ♪

スカイラインから瓶ヶ森林道分岐にさしかかると、ナント 『崩落の為通行止め』 看板(T_T)

あ~またしても・・・瓶ヶ森林道 3回目で1勝2敗です。
走って楽しいエスケープルートr40があるのでまあ良しとしましょう。

けど往生際の悪いオフローダーは行ける所までは行くのです。
d0164443_21291659.jpg

あ~最高の天空の道。
d0164443_21302913.jpg

前回はダートもあって・・・それはもう私にとっては天国のような道でした。

程なく通行止めで・・・瓶ヶ森(男山)登山口までは走れました。
d0164443_21304840.jpg

この先の道は・・・
d0164443_2131666.jpg

いつかまた・・・必ず!

6、7km程戻ってr40でクネクネ道で下山します。
予定では北上して高速で帰ろうとも思っていましたが、まだまだ走り足りないのでR194を南下。

快適区間のR439(与作)を西へ徐々に北上し、道の駅 土佐さめうら で遅い昼食にしました。

火照った体をお店のクーラーで冷ましつつ・・・
熱~い『嶺北牛肉うどん』を大汗かきながら食べます^^; 
d0164443_2131285.jpg

こ、これはとっても美味しいですよ!おすすめです!!

さて、お腹もいっぱいになってR439からR32で大歩危小歩危へ
d0164443_21322564.jpg

その先の徳島自動車道 井川池田ICで高速に乗ろうと思ってましたが、まだ四国を走りたい気持ちが強く・・・
吉野川に沿ってR192を徳島方面へ流す事にしました・・・その時の気分でころころ変わります^^;

最後に、夕暮れの吉野川を・・・
d0164443_2132446.jpg


たくさんの人で賑わう阿波踊りを横目に走り、徳島港からフェリーで和歌山港へ向かいます。
また走りにきますよ、さよなら四国!
d0164443_21343057.jpg

和歌山港へ到着する頃には日付も変わっていました。

阪和自動車道 和歌山ICからは夜の高速走行。
『来た道とは少し変えよ』 と吹田経由で初走りの新名神高速道路へ向かいます。

途中、桂川PAによると、寝て下さいと言わんばかりの畳敷きベンチあり♪
昔、ロンツーでは高速SAのベンチでよく寝たものです。2時間程仮眠させていただきました。

夜明けの快適な新名神を走り、朝日が眩しくて眠気を誘う伊勢湾岸を乗り切って早朝7時に帰着すると・・・
d0164443_21411144.jpg

庭で次男君が水遣りをしてた(^^)

『おかえり~』の第一声で最後の緊張感が解けました。

地元を離れると、よりいっそう人と出会い話せるような気がします。バイク一人旅ではなおさらに・・・
これからも少しずつ日程を延ばしながら、心の趣くままに、あまり計画せず、適当な一人旅をして行きたいな。

40代になっても相変らずな行動で・・・いろいろな意味でリターンな感じな走行1,400km程のバイク旅でした。
d0164443_21415127.jpg

[PR]