カテゴリ:キャンプ旅( 47 )

d0164443_20254816.jpg

今年は大手企業のように9連休した、一人企業なオイラです^^;

前半はトレーサーと紀伊半島をウロウロと・・・(3泊4日)

山あり
d0164443_20291912.jpg

川あり
d0164443_20294404.jpg

海あり
d0164443_20301755.jpg

岩あり
d0164443_20314820.jpg

上へ下へ、行ったり来たりの紀州路でした。
d0164443_20320727.jpg



後半は家族でキャンプ(2泊3日)

以前も行った和良川公園オートキャンプ場へ(GWなのにこの広々スペース^^;)
d0164443_20325528.jpg

ここをベースに
d0164443_20341090.jpg

周辺の観光名所をウロウロと
d0164443_20370353.jpg

計7日間の野外活動で、日頃のストレスと運動不足を解消してきました\(^o^)/
d0164443_20372440.jpg


詳細レポはまた後日にでも・・・(遅くなりそう)

あぁ、そういえば昨秋の平湯キャンプツーのレポもまだやってなかった^^;







[PR]
d0164443_15220315.jpg

ホント今年は天候不順で雨ばっかりでして・・・
9月からず~とタイミングを見計らってましたが、やっとキャンプツーに行けました。

年に一度は平湯でキャンプでしょ\(^o^)/
d0164443_15263450.jpg

この時期に標高1,300mでのキャンプは初めてでしたが、凍える事無く生きて帰ってきました^^;
d0164443_15414773.jpg

今年の紅葉はまだまだ・・・
d0164443_17513645.jpg

どういうことでしょうかね?

一気に茶色になって、散ってしまうような話もチラホラと聞きました。
d0164443_15312697.jpg

今回も秋晴れの快晴とはいきませんでしたが、
何はともあれカッパを着ることもなく道中楽しめたのは良かったな♪

レポはまた後日にでも~。






[PR]
d0164443_1015437.jpg

『キャンプも2日目になると、ぐっすり寝むれるんだよね~』
と、キャンプあるあるを呟きながら、テントの中で朝食です^^
d0164443_10151412.jpg

今日は天気も悪い事だし、いろいろぐるぐる走り回らず、キャンプ場でゆっくりしましょう。

朝の散歩と・・・
d0164443_10155181.jpg

コーヒーと・・・
d0164443_1016716.jpg

あ~、川遊びしたい・・・夏にまた来よっかな。
d0164443_10162046.jpg

ホント、道志の森は気持ちいいキャンプ場です♪
d0164443_1016329.jpg

さて、ゆっくり撤収して、道志みちを下ってまずは山中湖へ行きましょう。

昨年の富士周遊ではまったく見えなかった富士山。
今日は曇り空ですが、よく見えます。
d0164443_10184039.jpg

富士五湖巡り、リベンジいたしましょう♪

山中湖
d0164443_10194262.jpg

河口湖
d0164443_10195477.jpg

西湖
d0164443_10202157.jpg

d0164443_10204899.jpg

精進湖
d0164443_10211757.jpg

d0164443_1021277.jpg

d0164443_10213730.jpg

本栖湖
d0164443_10214571.jpg

d0164443_10223184.jpg

d0164443_10234952.jpg

途中、何度か飽きたりしながらも、なぜか見える度に惹き付けられちゃって・・・
富士山があまりに象徴しすぎて、楽しいのかつまらないのか分からなくなってきた^^;

いっそ見えないであろう、樹海ロードなr71を走る。
d0164443_10272916.jpg

これこれ~!これが僕には大事なの~。
d0164443_10361589.jpg

新緑木漏れ日グリーントンネル\(^o^)/

おお、本栖湖越しに南アルプスも見えまして・・・
d0164443_10283422.jpg

富士山ばっかじゃつまんないよね♪

でも朝霧高原付近まで下ると・・・最後はやっぱりまた富士山なのです^^;
d0164443_1028437.jpg

山頂を見るとあらためて思っちゃう・・・
d0164443_10285469.jpg

『みゃ~いっぺんあのテッペンに登ってみたぁがね~』
あぁ、やりたいことばっかですな^^;

さて、富士宮道路、北山ICに着き、おもむろにiPadを開くと・・・
d0164443_1029552.jpg

残念な事に、雨雲ズームレーダーはとっても正確です(ーー;)
けど、これ見れば事前に覚悟も出来るし、カッパ着ることに何の迷いもありませんぜ!

あとは雨の中、新東名で帰るだけさ~ 雨なんかには負けないぞ!
ついでに3日間の汚れを、雨で洗い流してやるぜ!!

走り出したら体感的にはあっという間に帰着です。ホント新東名使えるわ~。

今回もあまり走り回らず。3日間の走行 960km。
適当に走り、適当にルーティングしたら、以前走った道ばかりだった・・・富士三昧のキャンプ旅でした。
d0164443_10354726.jpg

[PR]
d0164443_203473.jpg

5時半ごろに起きて、ゴソゴソとテントの中から朝食準備。
僕はスマホじゃなくて、ガラケー+iPadの組み合わせなんだけど、
これを使いながらキャンプ旅をするのは初めてだからとても新鮮だね。
無くても良いとは思うけど、あるととても便利だということがよ~く分かりました^^;

テン場のロケーションは・・・
d0164443_2055472.jpg

なので朝食後、サクっとテントを片付けていざ出発。

雲見からR136を南下して最南端石廊崎へ向かいます。
d0164443_2072040.jpg

海沿いにかかると、今日もけっこうな風が吹いています。
昨日は全国的に強風だったようですね。

石廊崎 あいあい岬からの展望も、波のうねりが激しく、荒々しい景観でありました。
d0164443_2075531.jpg

交通量の無いシーサイドロードr16を気持ちよく走ります。
d0164443_2082974.jpg

d0164443_209780.jpg

ちょっと寄り道して、弓ヶ浜へ。
d0164443_2092269.jpg

白浜が弓状に1kmほど続くそうな・・・

さて、お次は山に戻りましょう♪
R414天城街道で北上。河津七滝ループを越えて、旧天城トンネルへ。
d0164443_2010251.jpg

新緑の木漏れ日ダート。
d0164443_20105811.jpg

オフ車じゃなくても走れるダートです。トレーサーなら余裕ですよ♪

まあ、この辺りはお約束のようなルーティングです^^;
よってr59から伊豆スカイラインを目指します。

途中にあるワサビ田。圧巻です!
d0164443_20111732.jpg

伊豆スカイライン 巣雲山辺りから富士山がお目見え\(^o^)/
d0164443_2012660.jpg

今日のスカイラインは交通量も多く、道の脇に止めるのは迷惑なので写真はありませんが、
景色も良くホント走って気持ちいい道。

飛ばしたくなるコーナーも連続しますが、二輪の事故も多いそうなのでゆったり走りましょう♪

沼津の街並みと駿河湾を見下ろし、愛鷹山越しに見える雄大な富士山。
d0164443_2013345.jpg

すこし霞んではいるけれど、なかなかどうして良い眺めでした。
d0164443_20135419.jpg

熱海峠、十国峠、湯河原峠を越え、芦ノ湖スカイライン
d0164443_2014891.jpg

ここも景色のいい楽しい道です^^
d0164443_2014283.jpg

あぁ、飛行機雲のお出ましだ~。確かに明日から天気予報は下り坂だったなぁ・・・
d0164443_20164312.jpg

富士山を横目に、スカイラインを繋いで走る・・・
正直この辺りではもう富士山に飽きてきちゃいまして^^;

ええいっ!お次の箱根スカイラインは一気に抜けちゃいました!
d0164443_201812100.jpg

お、終わった・・・スカイライン・・・もうお腹いっぱい・・・なんか疲れた^^;
だけど、終点からのr401の木漏れ日クネクネ道が楽しくて、また生き返りましたよ♪

突き当たりに温泉があったので、ひとっ風呂浴びていきましょう。
d0164443_20204673.jpg

富士八景の湯 びっくり価格の1,000円+GW300円の1,300円
d0164443_20205685.jpg

まあ富士山が見えますからね・・・

ところで、すぐ横に 御殿場市温泉会館 という富士山の見える温泉施設があり
半額だったのはあとで知りました(ーー;)

ここで昼食。 名物? 御殿場みくりやそば おいなり付 900円
d0164443_20315274.jpg

濃い目の味付けですが、食べ終わりはさっぱりして、とても美味しかったですよ。

汗を流し、さっぱりしたあとは、そのままR138で須走へ。

ふじあざみライン 富士山へ一直線♪
d0164443_20234529.jpg

なかなかの急勾配で、一気に標高2,000m付近まで上がります。

間近に見ると、また富士山の魅力が増してきます。
d0164443_20235752.jpg

もう1回山頂まで登りたいな~^^; やっぱ無理かな~^^;;

そんな事を思いながら、ふじあざみラインを下り、今日の寝床に向かいます。
この辺りのキャンプなら道志の森でしょ!ってことで、昨年に続きまた来ちゃいました。

道志の森キャンプ場
d0164443_20254067.jpg

テントを建て、道志の湯でさっぱりして・・・
d0164443_20255477.jpg

今日のキャンプ場は一人の、もしくは家族の時間を大切にしているキャンパーさんがまばらにいるだけ。
d0164443_20261592.jpg

せせらぎを聞きながら、とても静かで、贅沢な夜を過ごせました♪
[PR]
d0164443_1313371.jpg

GW後半はトレーサーとのバイクキャンプ旅。
年度末仕事からようやく解放され、ガッツリとトレーサーに乗りたいと思います。
とは言え、若い頃のように走りまくる旅じゃなく、現地ではゆっくり適当に過ごしたいので
近場の伊豆方面へ進路をとることにしました。

まだまだ信州を含め、山方面は寒いしね~^^;

新東名のおかげで、さらに近くなった静岡方面。一気に清水市まで行っちゃいます。
d0164443_11112549.jpg

すると、高速道路から、今日は惜しげもなく富士山が顔を出してくれました\(^o^)/
さっそくNEOPASA清水で休憩がてら富士鑑賞・・・こんなによく見えたのは十何年ぶりでしょうかね♪
d0164443_11113961.jpg

少々興奮気味でSA内を散策。
d0164443_1112327.jpg

そうそうココにはクシタニの店がありますから、以前から気になっていたウェアを物色。

富士山を見たあとだけに、富士山マークのウェアも一度着てみるか・・・
なんて思ってしまい、この旅を終えたあと、地元のクシタニさんで散在しちゃいましたよ^^;

話は戻して、長泉沼津ICで新東名を下り、伊豆縦貫自動車道(無料)で一気に戸田方面へ。
便利になりましたなぁ。
d0164443_1119161.jpg

点在する漁港を繋ぐr17のクネクネ道。
道と潮風と富士山と・・・五感を刺激されます。あ~腹も減ってきたわ~^^;
ツーマプにも載っている以前食べた鯛丼が食べたかったけど、開店には早すぎました。

そのまま海沿いを南下して・・・
ここも来たかった 『煌めきの丘』 
d0164443_13214642.jpg

相棒MT-09 TRACERも出てくる、YAMAHAのアニメ マスター オブ トルク
そのSeason3で主人公達が夕日を眺めていた場所。
d0164443_112623.jpg

我ながらミーハーだなぁと思いながらも、なかなかの絶景♪
d0164443_11261694.jpg

しばし見とれてしまいました。

さらに南下し、戸田港あたりで早めの昼食。
d0164443_11273043.jpg

魚重食堂 深海天丼 1,150円
d0164443_11295732.jpg

ものすごいボリュームでおっさんには堪えましたが無事完食。
とても美味しかったですよ。

さて、ここからはお待ちかねのワインディングです。
r18でグングン標高を上げながら、西伊豆スカイラインを目指します。

今日の西伊豆スカイライン・・・ちょっと風が強いな~なんて思いながら写真撮ってましたが、
d0164443_11304652.jpg

このあと、富士山が見え、『お~絶景!』と思った瞬間、台風のような強風でありまして・・・
ヘタな所でバイクを止めたら、転倒しそうでした。

風向きとバイクの傾斜を考えて、何とか止めれた場所。
d0164443_11315739.jpg

富士山はよく見えるけど、風が強すぎてゆっくりできるような状態ではなかったのが残念でした。
d0164443_1132352.jpg

見えたり隠れたりする富士山に、一喜一憂しながら・・・
d0164443_11325665.jpg

西伊豆スカイラインを走り抜けました。
スカイライン最後にある仁科峠・・・
d0164443_11334649.jpg

ここも含め、強風じゃなかったら散策できるところがいっぱいあったので残念なところでもあります。
けど、これだけ富士山を横目に見ながら、楽しいワンディングを走れたのは良かったですな♪

ここからr410で山を下り、強風の堂ヶ島へ。
d0164443_1144982.jpg

オンロードバイクに乗ってから、少々観光ライダー化しつつある自分に呆れながらも場内を散策。

まあ、こういうのも悪くないもんだと、最近思うようになってきた自分を褒めてあげたい^^;
3度目になる伊豆ツーリングだけど、近年はそんなに行きたいとは思わなかったエリア。
車の流れに乗って、海沿いをぷらぷらとバイクで走るのも悪くないさ~。

さて、今日の寝床はお昼過ぎに連絡してOKをもらった雲見付近のキャンプ場。
あまりに早い時間に着いたので、素通りして波勝崎へ行ってみる。
途中お猿さんが何匹か迎えてくれました。
d0164443_1314488.jpg

ここはお猿苑が有名のようですが、お金がいるそうなので僕は遠慮しておきました。

すこし周辺をぷらぷらしたあと、引き返してキャンプ場に到着。

伊豆 花沢キャンプ場
GW真っ只中でありましたが、当日予約でもOK! 伊豆でバイク1,000円ポッキリ\(^o^)/
d0164443_11472328.jpg

今日は強風の為、吹きさらしな場所では大変だと思いここを選んだのですが、予想通り!
ここは周りが囲まれていて、ほとんど風の影響を受けずにすみました。

あっ、ロケーションはあまり良くないですけどね^^;
実は、このキャンプ場は2度目だったりします^^;;

前回は近くの石部温泉に入ったけど、時間もあるので西伊豆町まで戻り、
せせらぎの湯で汗をながしました。
d0164443_11511327.jpg

テントを建ててから温泉まで走る・・・近場の時もあるけど、遠い時もある。
けど、さっぱりしたあと、夕日を見ながらテン場まで帰るのもまた楽しいものです。
d0164443_1151406.jpg

テン場に戻り、いつもの飯炊きと少しのお酒・・・あとは同級生達とLINEなんかもしちゃって・・・
d0164443_11515456.jpg

『やっぱバイクキャンプ旅はいいもんだ~』と、あらためて思いながら、シュラフに潜り込みました。
[PR]
d0164443_1638737.jpg

今年のGW前半は、まだ行ったことのないキャンプ場に行きたくて、マキノ高原キャンプ場に決定。

何せ、毎度の直前段取りな僕ですから、人気キャンプ場は全て予約済みです。
でも、ここはキャパが大きいだけに、すんなりと予約できましたよ♪

DAY1
僕らが予約したのは林間サイト。
d0164443_16403260.jpg

早めのチェックインでしたが、川沿いや隅っこのゆったりサイトはすでにテントで埋まっていました。

基本フリーサイトですが、木々や段差である程度区画されてます。
まあ、GWですから贅沢はいえません。スパッと決めて設営完了♪
今日はもう風が強いのなんのって・・・設営が大変でした。
張綱までしっかりやったので大変ではありましたが、いよいよ息子達も戦力になってきましたから、
以前に比べれば随分楽になったものです。

初日は、サイトでまったりしたり、
d0164443_16423545.jpg

広い場内を散策したりと、
d0164443_16425752.jpg

まあゆっくりと日ごろの疲れを癒しました。

DAY2
2日目は、思いっきりアクティブに山登りでございます。
ここマキノ高原は登山口がありまして、中央分水領・高島トレイルの一部を歩く事ができます。

ここからの登山は何種類かコースがあるのですが、我家はまず、寒風を目指します。

スキー場を登るコースから始まります。
d0164443_164628100.jpg

徐々に高度を上げながら、振り返れば琵琶湖やメタセコイア並木の景色を楽しむことができます。
d0164443_16464855.jpg

登山道も変化に富んでいて飽きないです。

スギ林だったり
d0164443_1647369.jpg

ブナ林だったりと
d0164443_16471989.jpg

木漏れ日の新緑の中を歩く気持ち良さ・・・この時季ならではですね。
d0164443_16473379.jpg

そして、まずは標高840mの寒風に到着。
d0164443_16485278.jpg

絶景です♪
お昼のおにぎりを食べて、パワーチャージします♪


そして、いよいよ中央分水領を歩く、高島トレイルコースに突入。我家は赤坂山方面に向かいます。
d0164443_1650021.jpg

尾根伝いを歩くトレイルコース。
d0164443_16502791.jpg

標高は800m程度ではありますが、眼前に広がる迫力のある景色は、なかなかの感動ものです\(^o^)/
d0164443_16511584.jpg

右に琵琶湖
d0164443_1650493.jpg

左に日本海も見えたりと
d0164443_1651185.jpg

分水嶺ならではの景色が楽しめます♪

楽しみと同時に、なかなか急勾配なところもあるトレイルコース・・・
d0164443_16514258.jpg

頑張ったものだけにしか絶景のご褒美はありません。

さあ、いよいよ『ごんぎつね鉄塔(次男命名)』が見えてきました。
d0164443_1654635.jpg

この先に、キャンプ場への分岐になる粟柄峠があり、赤坂山山頂へは
往復30分程のピストンコースになります。
ここもなかなかの急勾配と滑りやすい路面で疲れた足にさらに追い討ちをかけられます^^;

そして苦労しながらも 標高823.8m 赤坂山山頂に到着♪
d0164443_1656729.jpg

まあ、子供達は余裕のようでしたけどね(ーー;)
d0164443_16565479.jpg

記念に三角点タッチでも・・・(あれれ、3人?)
d0164443_16525323.jpg

おやつ休憩を少しして、急いで奥さんの待つ粟柄峠まで下山しました^^;

さあ、キャンプ場までの下り・・・コース図では95分とありますが、我家は何分かかるのやら・・・

この下りコースも変化に富んでいまして、林の中はもちろん、沢沿いを歩いたり、
d0164443_18424026.jpg

段差の大きなところもあったりと
d0164443_18425533.jpg

なかなか楽しませてくれますよ。
ただ、すでに足がヘタってしまっていた僕・・・
最後の長~い階段路で足を滑らせ、ケツを強打したことは内緒です^^;
d0164443_18444937.jpg

結局、我家は休憩も含め、7時間コースとなりました。

寒風と赤坂山の山バッチを購入し、皆で乾杯です。
d0164443_18443593.jpg

そして、温泉でさっぱりしたあとは焚き火を楽しみます。
d0164443_1846686.jpg

いよいよ子供達は火遊びをしたくてしょうがないお年頃になりました^^
棒に刺したソーセージをチマチマと焼くのがお気に入りです。

火を操る楽しみに目覚めた次男君はウチワを放しません・・・
加減の知らない坊やは、強烈に扇いで柄を折ってしまったことも内緒です^^;;

DAY3
3日目も焚き火からスタートです。
d0164443_18475961.jpg

まだまだ早朝は寒いですから、焚き火はホント楽しくもあり、この温もりはありがたいです。

ジャガイモやサツマイモの投入もお忘れなく!
d0164443_18482254.jpg

焼きたてめちゃうまですよ♪
d0164443_18483323.jpg

子供達は場内で枯れ枝を集めてきては、随分と長い時間火遊びしておりました。
d0164443_18485294.jpg

木漏れ日のサイトでまったりしたあとは、皆で一気に撤収。
マキノ高原、素敵なキャンプ場でした。

帰りは、まず近くにあるメタセコイア並木をフォレスターで流しましょう。
d0164443_18541940.jpg

緑のトンネル。気持ち良い道です♪

そして、琵琶湖湖畔でお昼です。
d0164443_18552178.jpg

道の駅マキノ追坂峠 には、いろいろなお弁当が売ってまして、ここで買った鯖寿司でお外ごはん。
d0164443_18532721.jpg

とても美味しかったですよ。おすすめです♪

最後は以前から走りたかった奥琵琶湖パークウェイを経由して帰路に就きました。
ここの展望台パーキング。バイクおじさんがいっぱいでした\(^o^)/

-マキノ高原キャンプ場-

我家は今回、渓流横にある林間サイトを選びました。
d0164443_18565940.jpg

高原サイトも広々して気持ち良さそうです。
d0164443_18571551.jpg

ただ、高原サイトはそれなりに傾斜があったり、強風だともろに吹き降ろしの風が直撃しそうです。
あと、虫が一部大量発生してたけど・・・どうなんだろう?

そんな思いから、次も林間サイトにしちゃいそうです^^;

ハイシーズンのプラス料金もなく、温泉(マキノ高原さらさ)も場内にありますのでホント快適でしたよ。
d0164443_18573280.jpg

そして、高島トレイル(その一部を歩いた)
d0164443_18591684.jpg

我家が登ったのは、マキノ高原-寒風-粟柄峠・赤坂山-マキノ高原 
5時間45分の中級コースとして案内されていました。

下山後、キャンプ場から歩いた尾根を見上げれると、また感慨深いものがありますよ♪
d0164443_2043275.jpg

道中水場や、トイレはありません。あまり小さなお子さんには無理だと思いますが、
景色を見ながら1日中楽しめますし、疲れた体を癒しに温泉も入れますのでおすすめです。

我家的には、また行ってみたいキャンプ場が増えちゃいました\(^o^)/
d0164443_18593448.jpg

[PR]
d0164443_2124689.jpg

今年は中間に平日があり、前後半に分かれたGW。

前半は、家族優先でファミリーキャンプ(2泊3日)
d0164443_214233.jpg

初めて行くキャンプ場 マキノ高原キャンプ場
d0164443_2143686.jpg

ここから登山することも出来たりして、とても素敵なキャンプ場でした♪
d0164443_2144465.jpg



後半は、ひとりバイク旅で富士三昧(2泊3日)

前回はまったく見えなかった富士山が、飽きるほどに顔を出してくれました♪
d0164443_215525.jpg

潮風を受けながら走ったり・・・
d0164443_2151389.jpg

新緑のトンネルの中を走ったり・・・
d0164443_2152250.jpg

相変わらずの雨男ですから、3日間快晴とはいかなかったけど^^;
d0164443_2153433.jpg

計6日間の野外活動・・・なかなかどうして楽しめたGWでした。
詳細レポは、また後日にでも^^
[PR]
d0164443_1741013.jpg

白樺湖付近からの蓼科山方面は・・・随分と雲が多そうです(ーー;)

蓼科スカイライン
何年も前にセローと走っていますが、あの時は新緑眩しい6月だったっけ。
今日はそれとは違った景色に会えそうで、ワクワクです。

木漏れ日で迎えてくれた蓼科スカイライン。赤いマシンが駆け抜けます(^_-)-☆
d0164443_17422057.jpg

御泉水自然園を横目に気持ちいいワインディングが続きます。

以前家族でもゴンドラリフトに乗って、御泉水自然園を散策した事を思い出します。
ツーリングの時はリフトに乗らなくても走っていけます。時間があれば、ここおすすめですよ。

太陽は隠れても、しっとりとした秋の気配が気持ちいい。
d0164443_17445733.jpg

トレーサーを道路脇に止めては、少し散歩・・・この繰り返しです。

ぐんぐん標高を上げながら、蓼科山をクネクネ道で右へ左へ回り込む。

あっちで霧に包まれて・・
d0164443_17452323.jpg

こっちで太陽の光を浴びて・・・
d0164443_17454831.jpg

めまぐるしく変わる道と景色でして、楽しいったらありゃしない^^
ここも随分と紅葉しており、とても綺麗でしたよ。
d0164443_17471253.jpg

標高2,093m。大河原峠で軽い昼食。
d0164443_17493926.jpg

ここからも蓼科山の登山道があります。来年はこの蓼科山頂を制覇しよう!
d0164443_17495710.jpg

蓼科スカイラインは、蓼科側のクネクネ道から、佐久方面は高速コーナーが多い道に変わる。
トレーサーと走るこの道も最高に楽しかった!
僕的にはこの周辺で一番バイクで走って楽しい道かも?なんて思っています。
d0164443_17532970.jpg

佐久市からは南下して、お次は定番のR299メルヘン街道を走ります。
一部青空も広がっていて、ヘルメットを脱いで深呼吸♪
d0164443_17531335.jpg

曇り空が多いからこそ、突然現れる青空がとてもうれしいのです。
d0164443_175625100.jpg

10月初旬、ここもすっかり紅葉していて・・・もうピークは近いでしょうか。
d0164443_17564367.jpg

今年の秋は早くて短いんじゃないか・・・そう思いました。

尖ったヤツが見えてくると心が高ぶりますな^^;
d0164443_1757258.jpg

八千穂高原の白樺林はカメラマンがいっぱいでした。
d0164443_18422395.jpg

僕も脇にバイクを止めて、少し散策。
d0164443_17574957.jpg

ここではさすがに太陽光があったらなぁとぼやいてしまいました。ホント素敵な空間です。

『寒いよ~』と叫びながら、グングン標高を上げる。
d0164443_1759544.jpg

でも、良い所があれば何度もバイクを止めて、また深呼吸^^
d0164443_1801069.jpg

ぜんぜん先に進まないよ~^^;
d0164443_17591926.jpg

ようやく標高は2,000mを越えて・・・

メルヘン街道最高地点 麦草峠に到着。
d0164443_1811199.jpg

どんよりした天気ではありますが、白駒池周辺は、たくさんの人でにぎわっていました。

ここから下り始めると、蓼科方面は太陽サンサンでありまして・・・
d0164443_1813298.jpg

やっぱ天気は良いほうがいいに決まってますね^^;
d0164443_1814457.jpg

下りは一気にトレーサーの走りを堪能しました。

途中、『蓼科温泉 石遊の湯』という看板があり、吸い寄せられるように行ってみる。
『こういう素朴な温泉に入りたかったよ~』と思うような温泉でした♪
d0164443_1821276.jpg

貸切状態だったのですが、写真は厳禁ということで・・・
二つの湯船があり露天はぬるめでゆっくり長湯できました。

お隣りには、お蕎麦屋さんがありまして・・・
d0164443_1834184.jpg

山芋せいろ 大盛り 1,250円
d0164443_1835219.jpg

せせらぎを聞きながら、外のデッキで食べるお蕎麦。とても美味しかったです♪

さて、気付けばもう14:00を過ぎていまして、潔く信州を後にする事にします。
d0164443_1864065.jpg

さよなら信州。また来るよ~。

諏訪から飯田山本まで高速に乗り、R153で帰路に就きました。

2日間の走行距離は650km。今回も止まってばかりの、ゆったりキャンプツーリングなのでした^^
d0164443_1865290.jpg

[PR]
d0164443_1627228.jpg

2日目(10/6)
随分日の出が遅くなりましたが、5時30分頃には起きて、ゴソゴソし始めます。

いつもの朝ラーと朝ラジオ・・・6時前から長渕の『乾杯』聞くとは思いませんでした^^;
d0164443_16244687.jpg

本日の天気予報は、雲は多いが晴れとの事。まあ昨日と同じと言うことですな。

少しずつ明るくなってきた、ミヤシタヒルズの気持ちいい朝。
d0164443_16272876.jpg

バイクは1,200円。設備も充実していてます。今度は家族で来たいな。

あまり慌てて出発しても、ガスが多そうだから結局ゆっくり身支度撤収。
d0164443_16275754.jpg

場内を散歩してから8時頃の出発でした。お世話になりました。
d0164443_16284087.jpg


さて、本日最初に向かうのは、和田峠からのビーナスライン。
R142からのアプローチですが、このR142も木漏れ日の気持ち良い道でした^^

和田峠の分岐からは、まずはいつもの三峰展望台まで北上します。
d0164443_16334323.jpg

標高を上げるごとに景色が秋色です\(^o^)/
d0164443_1638384.jpg

朝も早いから、雲も多いのですが、そこもまた神秘的でいいよね♪
d0164443_16341564.jpg

毎度いつもの風景に出会い、ビーナスに来た喜びがフツフツと湧き上がってきます。
d0164443_16394791.jpg

これ以上北上しても雲が多そうなので、ここでUターンして白樺湖方面へ下りるとします。

天気は快晴とはいかなくても、ビーナスの懐は深く、この空間を走ってるだけで癒されます。
d0164443_16464719.jpg

d0164443_176212.jpg

10月にビーナスラインに来たのは初めてだから、とても新鮮です。
d0164443_16473562.jpg

d0164443_1647699.jpg

グリーン一色だったビーナスの丘は、随分とブラウンカラーに変わってきてます。
d0164443_1782952.jpg

d0164443_1648289.jpg

この辺りも標高1,700ありますから、もう秋本番なのですね。
d0164443_1649948.jpg

本日の富士見台。
d0164443_16494579.jpg

残念ですが、富士山はすっぽり雲の中でした。
それもまた、ビーナスなのです^^;

こんなに紅葉しているとは思っていなかったので、そこは随分と楽しめました。
d0164443_16542353.jpg

d0164443_16543412.jpg

秋味ビーナスをゆっくり堪能した後は、久しぶりに蓼科スカイラインを走ります。

長くなりそうなので・・・3へ続きます^^;
[PR]
d0164443_21184693.jpg

仕事をやっつけ、トレーサーに荷物を積んで、10/5-6の平日ゆったりキャンプツーリング♪
今回は伊豆方面でも行こうと思っていましたが、当日の天気予報では太平洋側は天気が悪いらしい。

信州方面は2日共晴れ模様なので、進路を北へとトレーサーを走らせます。

今日は子供達の通学を見送ってからの遅い出発でして、朝のラッシュでスリ抜けスタート。
スリ抜けが出来ないとストレスが溜まるので、サイドパニアは絶対に付けないぞ~。

山の中は予想以上に寒くて、さっそくグリップヒーターのスイッチをONにする^^
d0164443_20222019.jpg

3シーズンのジャケットでは寒くて寒くて・・・ついでにモンベルのインナーダウンも着込みます。
d0164443_20223018.jpg

こんなにコンパクトに収納できて、めちゃ暖かい優れものです。もう7年物ですがね。

いつもの、つぐ高原が一発目の休憩ポイント。
d0164443_20293541.jpg

『今日の天気予報って晴れだったよね?(ーー;)』
d0164443_20303848.jpg

太陽に当たらないと、寒いんですけどね・・・

今日はなんとなく、下道だけで信州に行こうと思い、R153を北上し、飯田からr251~矢筈トンネルで
しやびそ方面のR152に合流する。
国道・県道・トンネルも含めて工事が多く、片側通行ばかりでなかなか進まない。

ここから蛇洞林道を通って、地蔵峠へ向かいます。
d0164443_20315260.jpg

グングン標高を上げ、時折見える山肌もうっすら秋色が増しているよう。
d0164443_20323042.jpg

そして、ここのペアピンカーブのカラマツ空間にさしかかると、いつもうれしくなっちゃう。
d0164443_20324537.jpg

ホント気持ちいい~♪
d0164443_2033349.jpg

セローからトレーサーに乗り換えて、前よりよく止まるようになった気がする。
止まってからも、カメラ片手に散策しちゃったりして・・・
最近はセローの時より走行距離が伸びないなぁ^^;
d0164443_20334231.jpg

地蔵峠からまたR152に戻り、クネクネ道を堪能する。
d0164443_20335318.jpg

R152 浜松から諏訪まで、さらにビーナスライン大門街道まで伸びるこの国道は、本当に楽しい道。
クネクネ1.5車線から快速ワインディングまで・・・全てがそろっておりますぞ\(^o^)/

途中川原へ下りれるところがあってさ・・・
d0164443_20341884.jpg

一度ここで、野宿でもしてみたいなぁ・・・なんて思うけど、クマとかいるかなぁ・・・

橋の上にトレーサーがいるので、探してみてください^^;
d0164443_2035011.jpg

ほとんど見えないけど・・・この写真撮る為に、めちゃ歩きましたよ^^;;
d0164443_20351384.jpg

標高が上がれば、木々もかなり色付いており、あっと言う間に本格的に秋なのだと実感しました。
d0164443_20352697.jpg

南アルプスむら では、今回は有名なパンじゃなくて、オサレに雑穀カレーを食べてみました。
d0164443_20354298.jpg

野のもの 雑穀カレー  1,000円
d0164443_21505957.jpg

このカレーはアレルギーにも対応。香辛料のピリっとした深みある味わいで、とても美味しかったですよ♪

さて、この時点でもう14:00でして・・・この先を考えて、今日は何処に泊まろうか・・・
何個か候補があったキャンプ場の一つに連絡して、本日の宿を決定!

とは言えまだ結構距離があるので、そそくさと出発。一気に杖突峠~大門街道をトレーサーでワープ^^

ビーナスライン、白樺湖に着くまでもずっとこんな天気でして・・・
d0164443_20373843.jpg

今日は何度 『天気予報って晴れだったよね?(ーー;)』 とつぶやいたことか・・・

薄暗い大門峠を越え、これまた薄暗いr155を飛ばす。
このr155、天気のいい日にまた走りたいな~と思うくらい快速で楽しい道ではありましたよ^^

そしてR142に合流後、程なくしてキャンプ場に到着。
d0164443_2038099.jpg

ミヤシタヒルズオートキャンプ場

突然の午後から電話で、僕一人だけお世話になってしまい、本当にありがとうございました。
激混みだったシルバーウイークのキャンプとは違って、平日キャンプはとても静かです。
ミヤシタヒルズ 貸切で~す\(^o^)/
d0164443_20391263.jpg

月曜日は近くの温泉 「ふれあいの湯」 が定休日でして、シャワーになってしまいましたが、
コインシャワーではなく、300円前払いで時間に追われずゆっくり浴びれて良かったですよ。

いつものように、ほんの少しのお酒とおつまみ。
d0164443_2039044.jpg

暇ですからお米を炊いて(これが楽しい)、ボンカレーの夕食です。ね、美味しそうでしょ♪
d0164443_20392919.jpg

チタンコッヘルですから、米炊きは上級編ですよ^^;
コツは秘密で教えれません・・・適当ですからね^^;;

この時季で標高は1,000mありますから、テントの外はそれなりに冷え込みました。
けど、テント内ではナンガのダウンシュラフ450とモンベルのインナーダウンで朝までポッカポカでした。

時折、鹿の鳴き声や足音なんかも聞こえてきますが、自然の中ゆっくり眠ることができました^^
[PR]