カテゴリ:キャンプ旅( 52 )

d0164443_1638737.jpg

今年のGW前半は、まだ行ったことのないキャンプ場に行きたくて、マキノ高原キャンプ場に決定。

何せ、毎度の直前段取りな僕ですから、人気キャンプ場は全て予約済みです。
でも、ここはキャパが大きいだけに、すんなりと予約できましたよ♪

DAY1
僕らが予約したのは林間サイト。
d0164443_16403260.jpg

早めのチェックインでしたが、川沿いや隅っこのゆったりサイトはすでにテントで埋まっていました。

基本フリーサイトですが、木々や段差である程度区画されてます。
まあ、GWですから贅沢はいえません。スパッと決めて設営完了♪
今日はもう風が強いのなんのって・・・設営が大変でした。
張綱までしっかりやったので大変ではありましたが、いよいよ息子達も戦力になってきましたから、
以前に比べれば随分楽になったものです。

初日は、サイトでまったりしたり、
d0164443_16423545.jpg

広い場内を散策したりと、
d0164443_16425752.jpg

まあゆっくりと日ごろの疲れを癒しました。

DAY2
2日目は、思いっきりアクティブに山登りでございます。
ここマキノ高原は登山口がありまして、中央分水領・高島トレイルの一部を歩く事ができます。

ここからの登山は何種類かコースがあるのですが、我家はまず、寒風を目指します。

スキー場を登るコースから始まります。
d0164443_164628100.jpg

徐々に高度を上げながら、振り返れば琵琶湖やメタセコイア並木の景色を楽しむことができます。
d0164443_16464855.jpg

登山道も変化に富んでいて飽きないです。

スギ林だったり
d0164443_1647369.jpg

ブナ林だったりと
d0164443_16471989.jpg

木漏れ日の新緑の中を歩く気持ち良さ・・・この時季ならではですね。
d0164443_16473379.jpg

そして、まずは標高840mの寒風に到着。
d0164443_16485278.jpg

絶景です♪
お昼のおにぎりを食べて、パワーチャージします♪


そして、いよいよ中央分水領を歩く、高島トレイルコースに突入。我家は赤坂山方面に向かいます。
d0164443_1650021.jpg

尾根伝いを歩くトレイルコース。
d0164443_16502791.jpg

標高は800m程度ではありますが、眼前に広がる迫力のある景色は、なかなかの感動ものです\(^o^)/
d0164443_16511584.jpg

右に琵琶湖
d0164443_1650493.jpg

左に日本海も見えたりと
d0164443_1651185.jpg

分水嶺ならではの景色が楽しめます♪

楽しみと同時に、なかなか急勾配なところもあるトレイルコース・・・
d0164443_16514258.jpg

頑張ったものだけにしか絶景のご褒美はありません。

さあ、いよいよ『ごんぎつね鉄塔(次男命名)』が見えてきました。
d0164443_1654635.jpg

この先に、キャンプ場への分岐になる粟柄峠があり、赤坂山山頂へは
往復30分程のピストンコースになります。
ここもなかなかの急勾配と滑りやすい路面で疲れた足にさらに追い討ちをかけられます^^;

そして苦労しながらも 標高823.8m 赤坂山山頂に到着♪
d0164443_1656729.jpg

まあ、子供達は余裕のようでしたけどね(ーー;)
d0164443_16565479.jpg

記念に三角点タッチでも・・・(あれれ、3人?)
d0164443_16525323.jpg

おやつ休憩を少しして、急いで奥さんの待つ粟柄峠まで下山しました^^;

さあ、キャンプ場までの下り・・・コース図では95分とありますが、我家は何分かかるのやら・・・

この下りコースも変化に富んでいまして、林の中はもちろん、沢沿いを歩いたり、
d0164443_18424026.jpg

段差の大きなところもあったりと
d0164443_18425533.jpg

なかなか楽しませてくれますよ。
ただ、すでに足がヘタってしまっていた僕・・・
最後の長~い階段路で足を滑らせ、ケツを強打したことは内緒です^^;
d0164443_18444937.jpg

結局、我家は休憩も含め、7時間コースとなりました。

寒風と赤坂山の山バッチを購入し、皆で乾杯です。
d0164443_18443593.jpg

そして、温泉でさっぱりしたあとは焚き火を楽しみます。
d0164443_1846686.jpg

いよいよ子供達は火遊びをしたくてしょうがないお年頃になりました^^
棒に刺したソーセージをチマチマと焼くのがお気に入りです。

火を操る楽しみに目覚めた次男君はウチワを放しません・・・
加減の知らない坊やは、強烈に扇いで柄を折ってしまったことも内緒です^^;;

DAY3
3日目も焚き火からスタートです。
d0164443_18475961.jpg

まだまだ早朝は寒いですから、焚き火はホント楽しくもあり、この温もりはありがたいです。

ジャガイモやサツマイモの投入もお忘れなく!
d0164443_18482254.jpg

焼きたてめちゃうまですよ♪
d0164443_18483323.jpg

子供達は場内で枯れ枝を集めてきては、随分と長い時間火遊びしておりました。
d0164443_18485294.jpg

木漏れ日のサイトでまったりしたあとは、皆で一気に撤収。
マキノ高原、素敵なキャンプ場でした。

帰りは、まず近くにあるメタセコイア並木をフォレスターで流しましょう。
d0164443_18541940.jpg

緑のトンネル。気持ち良い道です♪

そして、琵琶湖湖畔でお昼です。
d0164443_18552178.jpg

道の駅マキノ追坂峠 には、いろいろなお弁当が売ってまして、ここで買った鯖寿司でお外ごはん。
d0164443_18532721.jpg

とても美味しかったですよ。おすすめです♪

最後は以前から走りたかった奥琵琶湖パークウェイを経由して帰路に就きました。
ここの展望台パーキング。バイクおじさんがいっぱいでした\(^o^)/

-マキノ高原キャンプ場-

我家は今回、渓流横にある林間サイトを選びました。
d0164443_18565940.jpg

高原サイトも広々して気持ち良さそうです。
d0164443_18571551.jpg

ただ、高原サイトはそれなりに傾斜があったり、強風だともろに吹き降ろしの風が直撃しそうです。
あと、虫が一部大量発生してたけど・・・どうなんだろう?

そんな思いから、次も林間サイトにしちゃいそうです^^;

ハイシーズンのプラス料金もなく、温泉(マキノ高原さらさ)も場内にありますのでホント快適でしたよ。
d0164443_18573280.jpg

そして、高島トレイル(その一部を歩いた)
d0164443_18591684.jpg

我家が登ったのは、マキノ高原-寒風-粟柄峠・赤坂山-マキノ高原 
5時間45分の中級コースとして案内されていました。

下山後、キャンプ場から歩いた尾根を見上げれると、また感慨深いものがありますよ♪
d0164443_2043275.jpg

道中水場や、トイレはありません。あまり小さなお子さんには無理だと思いますが、
景色を見ながら1日中楽しめますし、疲れた体を癒しに温泉も入れますのでおすすめです。

我家的には、また行ってみたいキャンプ場が増えちゃいました\(^o^)/
d0164443_18593448.jpg

[PR]
d0164443_2124689.jpg

今年は中間に平日があり、前後半に分かれたGW。

前半は、家族優先でファミリーキャンプ(2泊3日)
d0164443_214233.jpg

初めて行くキャンプ場 マキノ高原キャンプ場
d0164443_2143686.jpg

ここから登山することも出来たりして、とても素敵なキャンプ場でした♪
d0164443_2144465.jpg



後半は、ひとりバイク旅で富士三昧(2泊3日)

前回はまったく見えなかった富士山が、飽きるほどに顔を出してくれました♪
d0164443_215525.jpg

潮風を受けながら走ったり・・・
d0164443_2151389.jpg

新緑のトンネルの中を走ったり・・・
d0164443_2152250.jpg

相変わらずの雨男ですから、3日間快晴とはいかなかったけど^^;
d0164443_2153433.jpg

計6日間の野外活動・・・なかなかどうして楽しめたGWでした。
詳細レポは、また後日にでも^^
[PR]
d0164443_1741013.jpg

白樺湖付近からの蓼科山方面は・・・随分と雲が多そうです(ーー;)

蓼科スカイライン
何年も前にセローと走っていますが、あの時は新緑眩しい6月だったっけ。
今日はそれとは違った景色に会えそうで、ワクワクです。

木漏れ日で迎えてくれた蓼科スカイライン。赤いマシンが駆け抜けます(^_-)-☆
d0164443_17422057.jpg

御泉水自然園を横目に気持ちいいワインディングが続きます。

以前家族でもゴンドラリフトに乗って、御泉水自然園を散策した事を思い出します。
ツーリングの時はリフトに乗らなくても走っていけます。時間があれば、ここおすすめですよ。

太陽は隠れても、しっとりとした秋の気配が気持ちいい。
d0164443_17445733.jpg

トレーサーを道路脇に止めては、少し散歩・・・この繰り返しです。

ぐんぐん標高を上げながら、蓼科山をクネクネ道で右へ左へ回り込む。

あっちで霧に包まれて・・
d0164443_17452323.jpg

こっちで太陽の光を浴びて・・・
d0164443_17454831.jpg

めまぐるしく変わる道と景色でして、楽しいったらありゃしない^^
ここも随分と紅葉しており、とても綺麗でしたよ。
d0164443_17471253.jpg

標高2,093m。大河原峠で軽い昼食。
d0164443_17493926.jpg

ここからも蓼科山の登山道があります。来年はこの蓼科山頂を制覇しよう!
d0164443_17495710.jpg

蓼科スカイラインは、蓼科側のクネクネ道から、佐久方面は高速コーナーが多い道に変わる。
トレーサーと走るこの道も最高に楽しかった!
僕的にはこの周辺で一番バイクで走って楽しい道かも?なんて思っています。
d0164443_17532970.jpg

佐久市からは南下して、お次は定番のR299メルヘン街道を走ります。
一部青空も広がっていて、ヘルメットを脱いで深呼吸♪
d0164443_17531335.jpg

曇り空が多いからこそ、突然現れる青空がとてもうれしいのです。
d0164443_175625100.jpg

10月初旬、ここもすっかり紅葉していて・・・もうピークは近いでしょうか。
d0164443_17564367.jpg

今年の秋は早くて短いんじゃないか・・・そう思いました。

尖ったヤツが見えてくると心が高ぶりますな^^;
d0164443_1757258.jpg

八千穂高原の白樺林はカメラマンがいっぱいでした。
d0164443_18422395.jpg

僕も脇にバイクを止めて、少し散策。
d0164443_17574957.jpg

ここではさすがに太陽光があったらなぁとぼやいてしまいました。ホント素敵な空間です。

『寒いよ~』と叫びながら、グングン標高を上げる。
d0164443_1759544.jpg

でも、良い所があれば何度もバイクを止めて、また深呼吸^^
d0164443_1801069.jpg

ぜんぜん先に進まないよ~^^;
d0164443_17591926.jpg

ようやく標高は2,000mを越えて・・・

メルヘン街道最高地点 麦草峠に到着。
d0164443_1811199.jpg

どんよりした天気ではありますが、白駒池周辺は、たくさんの人でにぎわっていました。

ここから下り始めると、蓼科方面は太陽サンサンでありまして・・・
d0164443_1813298.jpg

やっぱ天気は良いほうがいいに決まってますね^^;
d0164443_1814457.jpg

下りは一気にトレーサーの走りを堪能しました。

途中、『蓼科温泉 石遊の湯』という看板があり、吸い寄せられるように行ってみる。
『こういう素朴な温泉に入りたかったよ~』と思うような温泉でした♪
d0164443_1821276.jpg

貸切状態だったのですが、写真は厳禁ということで・・・
二つの湯船があり露天はぬるめでゆっくり長湯できました。

お隣りには、お蕎麦屋さんがありまして・・・
d0164443_1834184.jpg

山芋せいろ 大盛り 1,250円
d0164443_1835219.jpg

せせらぎを聞きながら、外のデッキで食べるお蕎麦。とても美味しかったです♪

さて、気付けばもう14:00を過ぎていまして、潔く信州を後にする事にします。
d0164443_1864065.jpg

さよなら信州。また来るよ~。

諏訪から飯田山本まで高速に乗り、R153で帰路に就きました。

2日間の走行距離は650km。今回も止まってばかりの、ゆったりキャンプツーリングなのでした^^
d0164443_1865290.jpg

[PR]
d0164443_1627228.jpg

2日目(10/6)
随分日の出が遅くなりましたが、5時30分頃には起きて、ゴソゴソし始めます。

いつもの朝ラーと朝ラジオ・・・6時前から長渕の『乾杯』聞くとは思いませんでした^^;
d0164443_16244687.jpg

本日の天気予報は、雲は多いが晴れとの事。まあ昨日と同じと言うことですな。

少しずつ明るくなってきた、ミヤシタヒルズの気持ちいい朝。
d0164443_16272876.jpg

バイクは1,200円。設備も充実していてます。今度は家族で来たいな。

あまり慌てて出発しても、ガスが多そうだから結局ゆっくり身支度撤収。
d0164443_16275754.jpg

場内を散歩してから8時頃の出発でした。お世話になりました。
d0164443_16284087.jpg


さて、本日最初に向かうのは、和田峠からのビーナスライン。
R142からのアプローチですが、このR142も木漏れ日の気持ち良い道でした^^

和田峠の分岐からは、まずはいつもの三峰展望台まで北上します。
d0164443_16334323.jpg

標高を上げるごとに景色が秋色です\(^o^)/
d0164443_1638384.jpg

朝も早いから、雲も多いのですが、そこもまた神秘的でいいよね♪
d0164443_16341564.jpg

毎度いつもの風景に出会い、ビーナスに来た喜びがフツフツと湧き上がってきます。
d0164443_16394791.jpg

これ以上北上しても雲が多そうなので、ここでUターンして白樺湖方面へ下りるとします。

天気は快晴とはいかなくても、ビーナスの懐は深く、この空間を走ってるだけで癒されます。
d0164443_16464719.jpg

d0164443_176212.jpg

10月にビーナスラインに来たのは初めてだから、とても新鮮です。
d0164443_16473562.jpg

d0164443_1647699.jpg

グリーン一色だったビーナスの丘は、随分とブラウンカラーに変わってきてます。
d0164443_1782952.jpg

d0164443_1648289.jpg

この辺りも標高1,700ありますから、もう秋本番なのですね。
d0164443_1649948.jpg

本日の富士見台。
d0164443_16494579.jpg

残念ですが、富士山はすっぽり雲の中でした。
それもまた、ビーナスなのです^^;

こんなに紅葉しているとは思っていなかったので、そこは随分と楽しめました。
d0164443_16542353.jpg

d0164443_16543412.jpg

秋味ビーナスをゆっくり堪能した後は、久しぶりに蓼科スカイラインを走ります。

長くなりそうなので・・・3へ続きます^^;
[PR]
d0164443_21184693.jpg

仕事をやっつけ、トレーサーに荷物を積んで、10/5-6の平日ゆったりキャンプツーリング♪
今回は伊豆方面でも行こうと思っていましたが、当日の天気予報では太平洋側は天気が悪いらしい。

信州方面は2日共晴れ模様なので、進路を北へとトレーサーを走らせます。

今日は子供達の通学を見送ってからの遅い出発でして、朝のラッシュでスリ抜けスタート。
スリ抜けが出来ないとストレスが溜まるので、サイドパニアは絶対に付けないぞ~。

山の中は予想以上に寒くて、さっそくグリップヒーターのスイッチをONにする^^
d0164443_20222019.jpg

3シーズンのジャケットでは寒くて寒くて・・・ついでにモンベルのインナーダウンも着込みます。
d0164443_20223018.jpg

こんなにコンパクトに収納できて、めちゃ暖かい優れものです。もう7年物ですがね。

いつもの、つぐ高原が一発目の休憩ポイント。
d0164443_20293541.jpg

『今日の天気予報って晴れだったよね?(ーー;)』
d0164443_20303848.jpg

太陽に当たらないと、寒いんですけどね・・・

今日はなんとなく、下道だけで信州に行こうと思い、R153を北上し、飯田からr251~矢筈トンネルで
しやびそ方面のR152に合流する。
国道・県道・トンネルも含めて工事が多く、片側通行ばかりでなかなか進まない。

ここから蛇洞林道を通って、地蔵峠へ向かいます。
d0164443_20315260.jpg

グングン標高を上げ、時折見える山肌もうっすら秋色が増しているよう。
d0164443_20323042.jpg

そして、ここのペアピンカーブのカラマツ空間にさしかかると、いつもうれしくなっちゃう。
d0164443_20324537.jpg

ホント気持ちいい~♪
d0164443_2033349.jpg

セローからトレーサーに乗り換えて、前よりよく止まるようになった気がする。
止まってからも、カメラ片手に散策しちゃったりして・・・
最近はセローの時より走行距離が伸びないなぁ^^;
d0164443_20334231.jpg

地蔵峠からまたR152に戻り、クネクネ道を堪能する。
d0164443_20335318.jpg

R152 浜松から諏訪まで、さらにビーナスライン大門街道まで伸びるこの国道は、本当に楽しい道。
クネクネ1.5車線から快速ワインディングまで・・・全てがそろっておりますぞ\(^o^)/

途中川原へ下りれるところがあってさ・・・
d0164443_20341884.jpg

一度ここで、野宿でもしてみたいなぁ・・・なんて思うけど、クマとかいるかなぁ・・・

橋の上にトレーサーがいるので、探してみてください^^;
d0164443_2035011.jpg

ほとんど見えないけど・・・この写真撮る為に、めちゃ歩きましたよ^^;;
d0164443_20351384.jpg

標高が上がれば、木々もかなり色付いており、あっと言う間に本格的に秋なのだと実感しました。
d0164443_20352697.jpg

南アルプスむら では、今回は有名なパンじゃなくて、オサレに雑穀カレーを食べてみました。
d0164443_20354298.jpg

野のもの 雑穀カレー  1,000円
d0164443_21505957.jpg

このカレーはアレルギーにも対応。香辛料のピリっとした深みある味わいで、とても美味しかったですよ♪

さて、この時点でもう14:00でして・・・この先を考えて、今日は何処に泊まろうか・・・
何個か候補があったキャンプ場の一つに連絡して、本日の宿を決定!

とは言えまだ結構距離があるので、そそくさと出発。一気に杖突峠~大門街道をトレーサーでワープ^^

ビーナスライン、白樺湖に着くまでもずっとこんな天気でして・・・
d0164443_20373843.jpg

今日は何度 『天気予報って晴れだったよね?(ーー;)』 とつぶやいたことか・・・

薄暗い大門峠を越え、これまた薄暗いr155を飛ばす。
このr155、天気のいい日にまた走りたいな~と思うくらい快速で楽しい道ではありましたよ^^

そしてR142に合流後、程なくしてキャンプ場に到着。
d0164443_2038099.jpg

ミヤシタヒルズオートキャンプ場

突然の午後から電話で、僕一人だけお世話になってしまい、本当にありがとうございました。
激混みだったシルバーウイークのキャンプとは違って、平日キャンプはとても静かです。
ミヤシタヒルズ 貸切で~す\(^o^)/
d0164443_20391263.jpg

月曜日は近くの温泉 「ふれあいの湯」 が定休日でして、シャワーになってしまいましたが、
コインシャワーではなく、300円前払いで時間に追われずゆっくり浴びれて良かったですよ。

いつものように、ほんの少しのお酒とおつまみ。
d0164443_2039044.jpg

暇ですからお米を炊いて(これが楽しい)、ボンカレーの夕食です。ね、美味しそうでしょ♪
d0164443_20392919.jpg

チタンコッヘルですから、米炊きは上級編ですよ^^;
コツは秘密で教えれません・・・適当ですからね^^;;

この時季で標高は1,000mありますから、テントの外はそれなりに冷え込みました。
けど、テント内ではナンガのダウンシュラフ450とモンベルのインナーダウンで朝までポッカポカでした。

時折、鹿の鳴き声や足音なんかも聞こえてきますが、自然の中ゆっくり眠ることができました^^
[PR]
d0164443_20511859.jpg

シルバーウイーク連休後から2週間・・・お休み無しの仕事で午前様ばかりでして・・・
どっぷり疲れておりましたが、帳尻合わせて、ゆる~く1泊2日の信州キャンプツーリングへ。

僕は荷物は少なめ推奨派だけど、こうやってテント積んで、相棒と走るのは最高に楽しいね♪
d0164443_20542169.jpg

今回の旅も^^; 快晴とはいかず、雲が多くて大パノラマはあまり望めませんでした。
d0164443_20573942.jpg

けど、雨には降られることもなく、信州の新鮮な空気を存分に味わってきました。

思っていた以上に、秋色でして・・・
d0164443_20554083.jpg

3シーズンジャケットでは少々寒かったです。
d0164443_2056934.jpg

今年の秋は早くて、短いかもしれない・・・
だから意識して時間を作って・・・そしてまた野遊びしよう!

『忙しい』とは心を亡くすと書くから・・・そうなる前にリフレッシュしなきゃね♪
それも仕事の内ですぞ!
d0164443_2103445.jpg

詳細は、また後日にでも。
d0164443_2104653.jpg

ゆっくり楽しみながら書いていこうと思います。
[PR]
d0164443_2283645.jpg

3日目、最終日は僕の大好きなクネクネ道へ家族を巻き込む予定となっております^^;

2泊3日、お世話になった、平湯キャンプ場の区画の無いちょっと薄暗い隅っこサイト(ーー;)
d0164443_22102644.jpg

寝床は思ったより平坦で、通路横ですが人通りはほとんどないので、まだ良かったほうかと・・・

ホントはこちらを予定していたオートサイトの方々・・・木漏れ日が心地良さそうです(ーー;)
d0164443_22111067.jpg

これで払う値段は同じです^^;;

当日8時の受付でほぼ埋まってしまったそうなので、まあ今回はしょうがないですな。

テキパキ?と撤収して、いざ、クネクネ道第1弾、安房峠へ!
出発早々、バスターミナルのあるアカンダナ駐車場が大渋滞で身動き取れない状態になりましたが、
誘導員さんに道を抜けるだけと伝えると、無線でやり取りして先に行かせてもらいました^^

そして、緑に包まれたクネクネ道をフォレスターで悠々と走ります。
ホント気持ちいい!
家族を乗せているので、いつもよりギアを丁寧にシフトしながら、スムーズに走らせる。
車もほとんどいないので、フォレスターのギヤ比に合わせて楽しくドライビングできます。

久しぶりの安房峠 とっても寒い~。
d0164443_15554289.jpg


お次は上高地乗鞍スーパー林道\(^o^)/
こういう1~1.5車線の道を気持ち良く走ってくれるフォレさん。
何度も書いてしまうが思ったところをトレースしてくれるハンドリングがいいんだよね!
こいつもトレーサーと同じ、ホント頼もしい相棒です。

白骨温泉の駐車場も満車状態でしたが、走る道には我家のフォレさんのみだから
マイペースに走って止まって・・・山深いこの景色も、子供達には新鮮だったんじゃないかな^^
d0164443_22181316.jpg

昨日登った乗鞍岳山頂は雲に覆われて見れなかったのが残念。

クネクネ道を登ってほどなく、乗鞍高原に着くと一気に観光ムードに変わります。
けど、我家はそこを横切って、一ノ瀬園地へ向かいます。

ここのベンチで昼食。おにぎりやパンを食べて・・・
d0164443_22192030.jpg

そうそう、ヤマボウシの実もたくさん食べちゃいました^^;
d0164443_22193149.jpg

とっても甘くて美味しかったです♪

お腹もふくれたところで、散策開始。秋の気配が所々で感じられて、散策には良い季節です。
d0164443_22195664.jpg

昨日の山登りでは、疲労しないようにあまりお喋りもできない状況だったから、
今日の何気ないこの散策ルートは、家族4人そろって歩けて、とても楽しかったんだよね~♪
d0164443_22204953.jpg

岐阜の木 イチイ
d0164443_2222118.jpg

秋の七草 オミナエシ
d0164443_22222189.jpg

なんちゃら・・・
d0164443_22223821.jpg

かんちゃら・・・^^;
d0164443_22225198.jpg

たくさんの草花が楽しめます!

川があったら渡りたい・・・
d0164443_22231746.jpg

僕は余裕で渡りましたが、子供二人は片足ドボンです(ーー;)
もっと精進しておくれ^^

我家は川で時間を費やしすぎて、あざみ池までを終点としま~す。
d0164443_22243673.jpg

d0164443_22432342.jpg

d0164443_22252458.jpg

ここからあざみ池の側道を通って、林間のルートで戻りました。
d0164443_22254313.jpg

家族4人、静まり返った林の中・・・熊除けの音を鳴らす単管パイプが所々にありまして・・・
子供達は真剣に鳴らしていました。とても怖がりなんです^^;
d0164443_2225584.jpg

散策後は生乳ソフトクリーム。
d0164443_22263237.jpg

ひるがの高原で食べたほうが美味しかったなぁ(ーー;)

さて、帰りはロングドライブです。
上高地乗鞍スーパー林道A区間を走ります。お猿と鹿には会えましたが、カモシカに会いたかったな。
ドライブが楽しくて、道中の写真を撮るのをすっかり忘れてました。参考までに、こんな道です♪

奈川からR19までは県道26の楽しいワインディング。この道もハイペースで走ってくれるフォレさん。
家族4人と大荷物積んでるのに、大したものです!

R19で南下後、中津川ICから乗ろうと思っていた高速は恵那~土岐が大渋滞だそうで・・・
しょうがないので、ついでに大好き県道66(らっせいコース)で土岐南多治見ICまで山道三昧^^;
フォレさんとたくさんクネクネ道を走れて、ご満悦な僕なのでした♪

シルバーウイーク、家族での3日間の野外活動。
渋滞や人の多さは予想以上でありましたが、いろんな状況の中、臨機応変に組立ながら楽しめました。
d0164443_22291724.jpg

また、野遊びに付き合ってね!
[PR]
d0164443_2155796.jpg

2日目は念願の乗鞍岳登山です。
ツーリングでいつも下から拝んでいた乗鞍岳 山頂 剣が峰 を目指します。

早起きしたというのに、昼食のおにぎり作ったり、子供達はちょっとした時間で遊びに行ってしまい、
キャンプ場内で行方不明になったり・・・(ーー;)

結局、平湯バスターミナルから8時40分のバスに乗車しました。

とはいえ、ちょうど良かったかもと思える絶景を見ながら乗鞍スカイラインを堪能できました。
d0164443_2158283.jpg

あまり早すぎても、雲が多くて絶景が拝めない時もあります。

平湯バス停から途中まで、雲に覆われていた車窓の景色が、期待していた通り、
雲上の絶景スカイラインに変貌していきました\(^o^)/
d0164443_21572968.jpg

森林限界を超え、一変した景色の中を走る豪快な道。

乗鞍スカイライン・・・今は交通規制があり、車やバイクでは走れません。
僕は乗鞍スカイラインとエコーラインは、ラストランの2002年の時、残り3日前(降雪で前倒しになった)にF650で走りました。今でも最後に走れてホント良かったとしみじみ思い返します。
d0164443_2212883.jpg

と、同時にこんな景色を目の当たりにすると、叶わぬ事ですが、もう一度走ってみたいとも思いますね。

自転車いう手はあるのですが・・・^^; 僕には無理でしょ!

そんな事を考えながら、標高2702mの畳平に到着。
d0164443_2223178.jpg

畳平周辺コースだけでも絶景で感動ものです。
d0164443_223762.jpg

片道20分の魔王岳から穂高連峰の絶景が拝めますが、今回は乗鞍岳のみを目指します。
(以前バイクで来た時は、低い魔王岳のみ登頂しました^^)

さあ、百名山のひとつ 北アルプス 乗鞍岳を登頂開始です! 標高差300mです^^;
d0164443_2242579.jpg

短距離ルートを選択しましたが、階段がありますので少しきついルートです。
大回りルートに合流したころには、もう奥さんはヤバイ領域にきてました^^;
d0164443_224567.jpg

この辺りでもう無理宣言をしていました^^;
d0164443_2261151.jpg

ま、まずは肩の小屋まで頑張ろうよと励まし、休憩しながら歩いていきます。

途中で見える、雲上の乗鞍エコーラインが描くカーブがとても美しい。
d0164443_2264489.jpg

乗鞍スカイライン同様、道好きには堪らない絶景ロード。あぁ、走りたい・・・けどもう走れない(T_T)

そんな事を思いながら肩の小屋に到着。ここでおにぎりとおやつ休憩。
d0164443_2273734.jpg


奥さんには、もう少し頑張ってみようということになりましたが、昼食分のおにぎりは
おのおののザックに分けておきました^^;

ここでまったり休憩していると、ナント!雷鳥さんを発見!!
d0164443_2284370.jpg

距離も遠く、NikonのキットレンズDX18-105mmでは、かなりトリミングしてこの程度でしたが、
さっそく出会えることができ、僕も子供達も興奮しちゃいました。

さて、ここからは本格的な登りに入りますので気持ちを落ち着かせてアタック開始です!
登り始めてほどなく・ ・ ・奥さん撃沈^^;
d0164443_2292948.jpg

しょうがないので、奥さんは肩の小屋(赤い屋根の小屋)へ戻ることにしました。

子供達は・・・二人とも余裕です。
僕は子供達を山頂まで必ず連れて行ってあげたいので、再度奮起して登ります。
まあ、それなりに大変ですが、ゆっくり登れば平気なんですけどね^^;

なにせ子供達のほうが登るペース速いのです・・・合わせると疲れちゃう。
d0164443_2213814.jpg

今は威勢はいいが、最後に『もうダメ』なんて突然言われても困るので、なだめてペースを下げさせます。
d0164443_22144948.jpg

コースを右へ左へ折り返しながら登っていくと景色が変わっていきます。
d0164443_22191562.jpg

権現池が見える頃には、右も左も絶景です!

山頂が近づくにつれ、やはり次男君が少し心配になってきました。
d0164443_2228179.jpg

けど、少し休憩をすれば元気を取り戻してくれる。山頂も見えてきてパワーアップ!
d0164443_2230142.jpg


さあ、最後の岩登りにアタック開始です!
d0164443_2231370.jpg

山頂は写真を撮る為に20分ほどの渋滞でした。この待ち時間で次男君はグッタリ。
d0164443_22312673.jpg

けど、小さい体で頑張って登りきりました。
d0164443_22314997.jpg

2015 9/20 乗鞍岳 山頂 剣が峰 3,026m 登頂成功 \(^o^)/
d0164443_22325663.jpg

山頂からの景色も雲海が広がり絶景のひとこと!今日は四方ずっと雲海が消えませんでした。
d0164443_22332832.jpg

さあ、下山開始です。
d0164443_22365545.jpg

山頂は狭いので、少し下りたところで絶景を見ながら、おにぎり昼食。
d0164443_22334141.jpg

長男はまったくもって余裕でした。
身長も160cmになり、体力の面では間違えなく僕は抜かされてしまいました(ーー;)

次男君もおにぎりパワーで少し笑顔が戻ってきました。
山頂小屋では登頂記念に二人に山バッチを購入。これから少しずつ集めていこうよ!

さて、奥さんの待つ、肩の小屋まで下ります。
d0164443_2238552.jpg

登りに比べるとペースは速いのですが、踏ん張りが利かずズルズル滑ります。

足が少々疲れているのが原因ですが、やはり登山靴が欲しいとも思いましたね。
子供も普通の靴なので、少々ズルッと滑ってましたが、僕が一番滑っていたのが情けなかったです^^;

肩の小屋で奥さんと合流し、3度目のおにぎりパワーを注入。食えば元気になります^^
d0164443_22382711.jpg

ここから登った道を見上げると、再度、登頂した感動がよみがえってきます。
d0164443_2238471.jpg

いや~、ホント楽しかった!

ここから畳平までは、ハイキング気分です。
登山する人・・・スキーを楽しむ人・・・みんな一生懸命楽しんでる^^
d0164443_2240758.jpg

富士見岳・・・次はここも登りたい。
d0164443_2239482.jpg

帰りは魔王岳を望みながら、鶴ヶ池の横を通る大回りルートで畳平に到着です。
d0164443_22402237.jpg

1時間おきしかない平湯温泉へのバス。出発時間20分ほど前から並びましたが、
14時50分のバスには、まったくもって乗れないくらい混んでいました。

ただ、予想通り臨時便がすぐ来てくれまして、ギリギリ補助席でしたが乗り込めましたよ^^

1時間のバスドライブで平湯に戻り、ついでに温泉に入って汗を流していきます。
我家のある平湯キャンプ場に帰着したのは17時過ぎ。もう薄暗くなっていました。
d0164443_22481586.jpg

夜は簡単なレトルトカレーに、焚き火も少々楽しみました。

初の3,000m級ファミリー登山。何はともあれ、無事下山できた事に感謝という感じです。
今日は、ホントめいっぱい遊んだ1日でありました^^
[PR]
d0164443_11523644.jpg

今年のシルバーウイークは何とか4連休を取って、2泊3日で平湯キャンプ場へ。
ここをベースに、北アルプスをほんの少しですが味わう旅に行ってきました。

連休初日、ファミキャンにしては早い6時半出発。平湯キャンプ場9時半着でありましたが・・・
何と!サイトへの車の乗り入れはもう一杯で、手運びしてくださいとの事(ーー;)

受付がある山側のサイトはすでに奥の方の小さな区画しかないし、かなりの傾斜を登らなければいけない。
残りは道路対面にあるバイクがメインの広場サイト付近しか空いていません(>_<)

家族4人分の荷物を、手運びで道路横断するのか・・・ 『帰えろかしら』 と一瞬思いました。
5連休シルバーウィークの平湯キャンプ場を舐めてはいけませんでしたね。

30分ほど場内をウロウロし、キャンプ場の隅に車が乗り入れ出来る場所を発見!
ここしかないと意を決して場所取りし、手運びで10mくらいの場所に設営出来ました。\(^o^)/
ホント、助かりました^^
4人で運べば何とかなるものだと思いましたね!

この場所もとてもじゃないけど、本来乗り入れできる場所に比べればガックリな場所でしたが、
まだ良かったほうだと気づくのは、もう少し後のことでした^^;

設営に時間も掛かり、予定していた初日の上高地散策は中止する事にしました。
天気も良くなく、少しトーンダウンではありましたが、逆にゆったりキャンプを楽しむことにします。

男三人は、前回雨で行けなかった『平湯自然探勝路』大ネズコと平湯大滝を目指し、森を散策します。
小雨も降ったりの天気ですが、少々の事では負けてはおれません!

キャンプ場から始まるのですが、いきなり一人分の巾しかない、奥深い森の探勝路。
d0164443_1244540.jpg

前日の雨で地面もすべりやすく、ガケ沿いですので、お調子者の次男君がヒヤヒヤものでした(ーー;)

キャンプ場から400m。結構な登りを経て、大ネズコに到着です。
小さな冒険をしているようなコースと、大ネズコの神秘的なたたずまいに感動を覚えました。
d0164443_1245846.jpg

『平湯大ネズコ』  推定樹齢1,000年  樹高23m  幹周7.60m
見ごたえありです!大ネズコをクルッと歩道で1周できますよ。

お次の平湯大滝は、ここから1,250mほど。このコースも奥深い森の中を歩くコースで興奮します。
d0164443_1263732.jpg

誰もいない森の中、子供達のドキドキワクワク感が伝わってくる。
d0164443_1265099.jpg

あれだけたくさんの人がいたキャンプ場からは想像できないくらいの静けさでした。
d0164443_127076.jpg

別ルートでいったんキャンプ場に下り、今度は平湯大滝まで登ります。
d0164443_1272051.jpg

かもしか橋を渡り、平湯大滝公園の整備された遊歩道をがんばって登っていきます。
d0164443_12754100.jpg

子供達のペースが早くて早くて・・・いつのまにやら引っ張ってもらう側になっていました^^;;

d0164443_1211979.jpg

『平湯大滝』  滝巾6m 落差64m

これもなかなか見ごたえのある滝です。
ところどころでもう色付いていてます・・・もうすぐ紅葉がはじまりますね。
d0164443_12135134.jpg

帰りは足湯にもつかり、思っていた以上に楽しめる散策コースでした。
d0164443_12141852.jpg

子供達はまったくもって余裕の道のりでしたが、僕はけっこう疲れましたね^^;
d0164443_1215853.jpg

キャンプ初日はいつものバーベキュー。
d0164443_12144019.jpg

そして 平湯温泉 ひらゆの森 でポカポカのまま早めの就寝。

明日は早起きして、念願の3,000m級にアタックします!(大袈裟~^^;)
d0164443_12151721.jpg

[PR]
d0164443_1443720.jpg

今年のお盆は、ひるがの高原キャンプ場をベースにして、周辺で遊ぶ3泊4日のキャンプ旅♪

ひるがの高原キャンプ場、実は初めてだったりするわけですが、評判通りの気持ち良いキャンプ場でした。
ひるがの高原SAからスマートICですぐキャンプ場ですから、便利この上なしです。

基本フリーサイトですが、ほとんどが地形に合わせた区画サイトのような感じです。
ファミリーキャンプですから、トイレ、水道、川にも近いメイン通り沿いのサイトに決定!
d0164443_14434442.jpg

ほどよい木陰と、地面も平らでとても良いサイトでした。
d0164443_14565425.jpg

初日は木漏れ日の中ゆっくり設営し、子供達は場内での川遊び♪
さっそく次男が川から捕まえてきました^^
d0164443_14534598.jpg

ヒキガエル?
d0164443_14545520.jpg

あのねぇ・・・どう見ても毒ガエルだからさぁ・・・触らず元の場所へ返してあげてね(ーー;)

夕食は、キャンプ初日の恒例バーベキュー\(^o^)/
d0164443_14565753.jpg

お外ごはんはホント美味しいですね!
初日はキャンプ場でまったり楽しんだ1日でした。


2日目は近くにある ひるがの高原 牧歌の里 で花や動物とのふれあい^^
d0164443_14594465.jpg

乗馬体験したり・・・
d0164443_1501438.jpg

d0164443_150114.jpg

なでなでしたり・・・
d0164443_1504775.jpg

アルパカも・・・可愛いかったなぁ。
d0164443_1503624.jpg

むしゃむしゃ食べてるジャージー牛も面白かったよ。
d0164443_151195.jpg

標高ある場所ですから、木陰に入ればとても過ごしやすいです。
d0164443_1512728.jpg

d0164443_151444.jpg

d0164443_1534533.jpg

バイクでは何度も真横にある『やまびこロード』を走っているのですが牧歌の里に入場するのは初めて。
なかなか楽しめるテーマパークでした。
d0164443_156479.jpg



3日目は 福井県立恐竜博物館 で恐竜のお勉強。
d0164443_1565120.jpg

ものすごい人でした^^
d0164443_15101971.jpg

面白い仕掛けがたくさんあって・・・
d0164443_1572148.jpg

人気なのも頷けます。
d0164443_1582082.jpg

d0164443_1583133.jpg

一見の価値ありです。また時間をかけてじっくり見たいぞ!
d0164443_1585651.jpg

d0164443_1515039.jpg



4日目はゆっくり撤収して、近くにあるマス園で釣り&食事。
d0164443_1515324.jpg

7匹釣って、みんな塩焼き。メチャクチャ美味しかった♪
d0164443_15155087.jpg

この二人、仲が良いんだか悪いんだか・・・?
d0164443_15174732.jpg

よく喋り、よくケンカして、よく遊んでいました^^

まあ何はともあれ、天気にも恵まれて、盛り沢山な4日間でした。

たくさん食べて・・・たくさん飲んで・・・
d0164443_15194737.jpg

花火をしたり・・・
d0164443_15203958.jpg

焚き火をしたり・・・
d0164443_15195736.jpg

特に長男と二人、火を操りながらいろんな話ができたことが、僕はなんとも良かったよ^^

長男は設営、撤収、次男の相手と、要所々々で少しづつ助けてくれるようになってきたような?
子供達も暑さに負けず、いろんな体験が出来た4日間の野外活動でした。

ひるがの高原キャンプ場
d0164443_1522339.jpg

値段もハイシーズンにもかかわらず通常料金と同じで助かりました。
広大な場内は、杉や赤松に囲まれた木漏れ日のサイトが数多くあり、お盆中でもまだ空いていました。
小川にはヨシノボリやカエルを捕まえたり、小さな子でも遊べる水辺があります。
d0164443_15233022.jpg

標高900mで、朝夕もとても涼しく、場内を散歩するのが気持ちよかったです。朝方は結構冷えます。

お風呂は場内にある ロッジほらひら でも入れるそうですが、10人ほどでいっぱいになるそうで、
今回はハイシーズンということで入りませんでした。

車で5分ほどで 牧歌の里温泉 牧華 があり、少々値段が高いですが設備も充実してますので
ここに2回入りました。
車で15分ほどにある 荘川温泉 桜香の湯 にも入浴しましたが、子供達は湯船の種類が多い
牧歌の里温泉がお気に入りのようです。
d0164443_16185454.jpg

いつかまたここをベースに、白川郷や白山スーパー林道へドライブと散策しようと思っています。
ふらりバイクで来て、ゆったりと本を読んだり、焚き火をしたり・・・それもまたいいなぁ♪
[PR]