カテゴリ:キャンプ旅( 43 )

d0164443_2119624.jpg

夏もそろそろ終わりの週末、いつもソロキャンプで利用させてもらっている
平湯キャンプ場へ家族で行ってきました。
早朝6:30に出発!自宅から高山まで高速道路を利用して
キャンプ場には休憩を含め10:00前には到着です。
基本フリーサイトなキャンプ場。バイクでは何度か来ているのですが、
車で来るのは初めてなので、場内をグルグル周って良い所を探します。
が、なかなか駐車場を含めて良いサイトが見つからず・・・
サイト選びって難しいなぁと思いつつ、最後は奥さんに決めてもらいました^^;
d0164443_21195681.jpg

早速テントを設営して、平湯バスターミナルへ歩いていきます。
15分くらいの長い下り坂を疲れないようにゆっくり歩き・・・
d0164443_21201099.jpg

いや、調子に乗ってご機嫌で走り出す子供達を何度もなだめながらバスターミナルへ急ぎます。
11:30の上高地行きバスで大正池へ。
d0164443_21202265.jpg

初めての上高地は、大正池から河童橋を目指す片道約1時間コース。
バスを降り、大正池へ下りると、いきなり絶景が・・・

大正池から見える穂高連峰   あ~上高地~\(^o^)/
d0164443_21214177.jpg

まずは大正池から田代池を目指し出発~。
湿原の中を歩く木漏れ日の遊歩道が気持いいです。
d0164443_21222180.jpg

池にはイワナがたくさんいます。
d0164443_21222864.jpg

大正池北端からの焼岳  とっても美しい!
d0164443_21224393.jpg

子供達も興奮。なかなか先へ進みません^^;
d0164443_21234817.jpg

d0164443_21233310.jpg

田代池への遊歩道   青空の中歩けて幸せ!
d0164443_2127312.jpg

田代池への分岐点、湿原からの穂高連峰   もう最高っ!
d0164443_2124495.jpg

田代池の水もとっても冷たい!
d0164443_21241242.jpg

気持ち良い遊歩道が続きます。
d0164443_2125550.jpg

もうお昼にしたいけど、なかなかよい場所がない。子供達もハラペコ。
お菓子と飴で繋ぎます^^;

田代橋からの穂高連峰   どこから見ても美しい~!
d0164443_2127513.jpg

ここを渡ると木陰のベンチを発見!やっと昼食となりました。
d0164443_2128357.jpg

こんな素敵な場所でのお外ごはん。本当においしかったです!!

次男:『あの山が奥穂高だよ~』        ・・・すみません、やらせです^^;
d0164443_21284492.jpg

ここから河童橋方面へは、休憩用のベンチがたくさんありましたよ~。

ウェストン碑辺りから少し疲れが見え始め、ペースダウンな次男君。
d0164443_2129025.jpg

梓川に下りて川で遊びたそう。
『河童橋のゴールに着けば下りられるよ』の言葉を励みにがんばりました。

たくさんの人でにぎわう河童橋  やっと到着!
d0164443_21293561.jpg

梓川へ下りると、明神岳が目前に迫りました。

所々で会う、人馴れしたカモ隊長と遊ぶ子供達^^
d0164443_21301478.jpg

清流梓川から望む穂高連峰  あ~感無量~\(^o^)/
d0164443_21364411.jpg

d0164443_21373658.jpg

日向では少し汗ばむ陽気・・・まだまだ秋らしさの少ない上高地。
梓川に手を入れると、とっても気持ちいい!けど30秒も浸かっていればかじかむ冷たさです。
d0164443_21374921.jpg

おっ!ちいさい秋 見~つけた^^
d0164443_21375895.jpg

河童橋周辺でたくさん遊んだら、バスターミルから平湯へ戻ります。

バスは30分毎にありますが、上下共3分遅れで臨時便が出ていました。
私達は上下共、ギリギリのところで臨時便でしたのでホント助かりました。

次来るときは、河童橋から明神方面へ、そしていつかは
涸沢キャンプ場へ・・・なんて夢は膨らみますね。

キャンプ場に戻り、夕飯のバーベキューを準備し、また10分強歩いて
平湯温泉 ひらゆの森 へ。露天風呂でゆっくり疲れを取りました。

そしてまたキャンプ場への登り坂。
今日はたくさん歩いた子供達。でもまだまだ元気そうで助かりました。

標高1300mのキャンプ場で日が暮れてからの夕食。
バーベキューで焼いてる私以外は結構体が冷えてたみたい・・・

20時前には奥さんと次男君はあったかいテントへ。

私と長男君は楽しみにしていた焚き火で暖を取りました。
d0164443_2138431.jpg

ほどなく長男君もテントへ。
私はひとり、3時間ほど焚き火を楽しみました。

ゆらゆら踊る火を見つめながら ひとりで少しのお酒を飲む
火が落ちつき始めると ふっと息を吹きかけてやる
すると 生き物のように シューと音を立て 火が走る
火をあやつる感じがたのしい とっても大切な時間 ^^;;

盛りだくさんな一日でした。



翌朝は、夜中から降り続ける雨で少し憂鬱な大人達。
そんな事はあまり関係なく、テントの中で楽しく遊んでる子供達。いいなぁ。
d0164443_21391413.jpg

しっとりした平湯キャンプ場。
d0164443_21392612.jpg

朝食を終え、一息入れたら雨撤収です。
d0164443_21402958.jpg

芝もないので、雨撤収でベタベタドロドロ・・・(T_T)
区画された高規格なキャンプ場のありがたさが身にしみます^^;
けど、自然度が高くて大好きなキャンプ場。(私は5泊目です)

二日目の雨で、周辺の平湯大滝や大ネズコ散策が宿題になりました。
バイクツーでは行かないので、上高地、乗鞍も含めてまた家族で来たいな!
d0164443_21404854.jpg

[PR]
d0164443_22341112.jpg

今年のお盆連休も恒例?の 福岡ローマン渓谷オートキャンプ場 へ2泊3日のキャンプに行ってきました。
時々雨に降られましたが、ほぼ晴天な天候に恵まれ、3日間川遊び三昧(^^)v
d0164443_2235823.jpg

長男君はカバ岩(長男命名)からの飛び込みがやはりお気に入り。何度も飛び込んでいました。
d0164443_2253842.jpg

昨年は膝下までの入水が限度だった次男君^^;・・・今年は違います\(^o^)/
最近、何にでもチャレンジするようになって来ました。

川岸での浮き輪練習もソコソコに、本流へと目覚めて、何度も付き合わされました。
d0164443_22355446.jpg

d0164443_2333185.jpg

d0164443_22362438.jpg

とは言え、私の出番は軌道修正や最後の引き上げぐらいで、ほとんど自分で川へ
入って行けるほどになってくれたのでホント楽ちん!次男君も 『川最高!』を連発でした。

そして魚捕り・・・ハヤの稚魚は次男君でもたくさん獲れます。
私はもう少し大きいのを狙いますが、すばしっこくて網ではまったく捕れません。
ですから、底を這うように泳ぐヨシノボリを狙います。がこれもなかなかすばしっこい!

写真は、近くで捕っていたお兄ちゃんのヨシノボリを貰いました^^;;
d0164443_2237952.jpg

私は何とか1匹捕って面目躍如でした^^;

川の水はとても冷たい・・・冷えたら石に張付いて暖めます(笑)
d0164443_22394884.jpg


キャンプといえば自炊です。子供達は食事の手伝いも積極的♪~
d0164443_2240498.jpg

d0164443_22401511.jpg

お父さんも働きますよ~
d0164443_22404747.jpg

バーベキューやカレー、お外ご飯はとっても美味しいです。
d0164443_2241217.jpg

ここは合間で遊べる芝生広場があるのもポイント高いです!
d0164443_23243362.jpg


カマキリやバッタも捕まえましたが、ノコギリクワガタも一匹ゲット。
d0164443_22473824.jpg

雌ですが・・・^^;

次男君は鮎も捕まえました。
d0164443_22532932.jpg

死んでいましたが・・・^^;;

とっても綺麗な付知川。
d0164443_22534561.jpg

素敵なキャンプ用品で雰囲気のよいテントサイトな人々もたくさんおられましたが・・・
d0164443_22541683.jpg

我家のサイトは庶民的(-_-;) まあいいか・・・


キャンプって朝起きた時から寝るまでの全てが非日常で、色々な発見があると思います。
子供達は、終始ハイテンション!!行く前からも『キャンプ!キャンプ!』と大騒ぎでした。
たまに兄弟喧嘩やバラバラ行動もありますが、お手伝いもしっかりやってくれますし
何より楽しくてしょうがない感じが伝わってきます。

そして我家の夏キャンプ・・・やっぱり今年もローマンにしました。
子供達も勝手が分かっているし、そして私的には、これ以上上流だと水が冷たすぎて
川に入っていられる時間が少なくなってしまうのではと思っています。
ここでも本当に冷たくて長時間は入っていられませんからね。
d0164443_2304753.jpg

d0164443_2305346.jpg

来年もまたくるぞっ!なローマンキャンプでした。
d0164443_2318522.jpg

[PR]
d0164443_21241553.jpg

翌朝 AM5:00前には鳥のさえずりで目を覚まします。
標高1200mのイースタン。夜中は結構冷えました。
d0164443_21301580.jpg

モゾモゾと起きて、毎度の朝ラー。冷えた体にはちょうどいい。
d0164443_21252137.jpg

2日目は奥志賀林道方面をゆっくりと回ろうとしていたのですが、
ヒデちゃんによると、通行止めで抜けれない模様。残念。

以前走ったのが砂利道だった頃でもう17年くらい前?
あの時はXLR250 BAJA乗りだった・・・走りたかったな~

さあテントを片付け、キャンプ場を後にします。
d0164443_21302795.jpg

取合えず温泉を目指します。出来るだけクネクネ県道を選んで目的地へ向かいます。

野尻湖をかすめr504、r97で斑尾高原へ。程なく走ると『あ~通行止めだ~』で迂回。
最近はこればかりだけど、そんな山道を狙って走っているのだからしょうがない(-_-;)

よく分からない迂回路で道は細く何度も迷いUターン(>_<)
予定より時間がかかります。イライラ・・・

すると道の真ん中に大きな動物とご対面。カモシカでした・・・感動
しばらくにらめっこすると、山の中へ消えていきました。
『まあ、迂回路も悪くないもんだ』と気を取り直し、目的地の馬曲温泉へ~
d0164443_21312461.jpg

『ここ行きたかったんだよね~』 やっと来れました。
平日の午前中、狙い通りの貸切\(^o^)/
d0164443_21313429.jpg

とってもいい湯でした。

そして風呂上りのメローイエロー(笑)
d0164443_21331430.jpg

なぜか学生の時にツーリングに行った四国を思い出す。毎回休憩で飲んでたなぁ。
懐かしい味。そして美味しい~(^^)

さて、ここからR403で湯田中温泉方面から渋峠を目指します。
とスグに通行止めがありましたが迂回路がありひと安心。

そして楽しいワインディングが続きます。グングン標高が上がる。一気に景色が・・・空気が変わる。
あっと言う間に標高2000m~
d0164443_21354470.jpg

d0164443_21355221.jpg

ちょうどお昼なので渋峠のレストハウスで昼食。『あ~パンでも買っとけば良かったなぁ・・・』な味^^;
気を取り直して、万座温泉方面へ山岳ワインディングを走ります。
d0164443_21402089.jpg

d0164443_21393745.jpg

尾根を走る上信スカイラインを繋ぎ、ヒデちゃんリクエストの毛無峠へ向かいます。
d0164443_2141413.jpg

d0164443_2145370.jpg

d0164443_21451169.jpg

d0164443_21424316.jpg

青空はなかったけど、やっぱり溜息のでる素敵な風景。
心地よい風の中、ゆっくりと時が過ぎていきます。
d0164443_21431315.jpg

『ホントここで昼食にすれば良かったなぁ・・・(>_<)』

さあ、ここからは今日のキャンプ地まで結構距離があります。さ~走るぞ!
上信スカイラインを戻り、万座ハイウェイ、鬼押ハイウェイ、R146で軽井沢へ。
『暑い~、軽井沢って避暑地じゃなかったっけ?』

r137から迷いながらr44へ。暑さと時間のロスでちょっとヘトヘト。
街中を抜けr44に入りクネクネ道で元気を取り戻す。そしてキャンプ場に到着。
ここも絶対行きたかったキャンプ場。

内山牧場キャンプ場。
d0164443_21465745.jpg

来て良かった\(^o^)/
前情報もなしで連れて来たヒデちゃんもこのロケーションでニンマリ(^^)v
荒船山が良く見える一番上のサイトでテントを設営・・・荒船山 まるで鯨のようだな。
d0164443_2147895.jpg

しかしもうPM5時過ぎ~ 温泉も遠い~ 買出しもしてない~ 急いでテントを張らなきゃ。

テントを張ったら、速攻でクネクネ道を下り、西下仁田温泉 荒船の湯 へ
d0164443_21481426.jpg

あまり長湯は出来なかったけど、疲れも取れてさっぱり。ついでに夕食もここで済ませました。
ここから5分ほど下るとあるコンビニでお酒とつまみを買って帰ります。
もうPM7時半。久々の酷道ナイトラン(T_T) 大量の虫攻撃やら、小動物の光る目やら・・・^^;

PM8時前にはキャンプ場に着き、乾杯と共に今日もバイクに旅談義。話は尽きないね!
とても静かで、心地よい時を過ごせました。

で翌朝・・・
d0164443_21485072.jpg

ここもフカフカ牧草ベットでよく寝れました。
d0164443_2149353.jpg

テントをたたみ出発する頃に、荒船山が少し顔を出してくれました。 
d0164443_21492566.jpg

もう少し早く来て、この牧草地に寝転がり、荒船山を見ながらお酒を飲みたかったな。また来よう!

3日目の目的地は、15年ぶり?ダートな中津川林道 三国峠に決める。
用事がありPM5:30には帰らなきゃいけないので、実に迷ったルートを選択。

通行止めで迂回がなければ、問題のないルートだけど、最近多いからなぁ・・・(-_-;)
まあ、走るの大好きな二人だから行きましょう。

走る走る、一気に走る。R254→r45→r299で上野大滝林道へ。程なく野栗沢温泉で通行止め(>_<)
d0164443_2150792.jpg

国道との分岐では通行止め看板は無かったような・・・残念・・・以前からず~と通行止めっぽい感じでした。

気を取り直しさらに迂回で志賀坂峠からの分岐、金山志賀坂林道を走ります。
マップルに「ダンプ多く荒れた舗装路」 って事は、通行止めは無いだろう!・・・で正解!
d0164443_21503028.jpg

d0164443_21503936.jpg

d0164443_22581222.jpg

伐採された山の風景は淋しいけれど、断崖絶壁なスリリングなルート。慎重に走ります。

トンネルを抜け、さあ中津川林道~な瞬間に 中津川林道 通行止め看板!!(>_<)
あ~この林道って結構往来もあって通行止めはないだろうと思っていたんだけど・・・
あきらめきれないので、行けるところまで走ります。
d0164443_2151981.jpg

しかし、あえなく通行止め・・・砂利片道約6、7km程でしょうか・・・残念。
d0164443_21511740.jpg

さあ、最悪のシナリオになりましたが、以外に冷静でもあります。
だって、この二人、走るの大好きですからね・・・林道脇でおやつ休憩をしていざ出発!

目指すは、R140で秩父から南下し、勝沼ICで中央道で諏訪湖SAへ。ノンストップ~
地図で見ると笑えるくらい大回りですが、PM5:30リミットな私は必死!・・・でもないか^^;

高速事故渋滞等もありましたが、無事諏訪湖SAに一気に到着。
少し遅い昼食でソースカツ丼。
d0164443_21523130.jpg

駒ケ根のソースカツとは違って、ケチャップソース。でもソースも隠し味のように口に広がる。
とっても美味しかったです。SAのご飯も馬鹿に出来ないですね!

最後は強烈な暑さの恵那SAで  休憩\(^o^)/
d0164443_21532825.jpg

生き返ります。
ここで休憩中、中高生ぐらいの少年が、泥にまみれたセローとNC700xの写真を撮っていました。
ニコニコ笑いながら、360°・・・何枚も・・・どちらかと言うとセローを^^;

たくさんの豪華なビックバイクが並ぶ、SAの駐車場で、汚いバイク・・・でも旅してる感じが強いバイクを
選んで写真を撮っている少年を見て、とってもうれしい中高年なおっさんでした。(^^)

そいて、今回は中津川林道周辺でもたくさんのoff車を見かけました。
『こんなにoff車見るの何年ぶりだろ?』な感じ・・・やっぱoff車最高!!

d0164443_21535712.jpg

今回も素敵な風景と道に出逢えました。暑さに負けず、まだまだ夏ツーリングを謳歌したい!
心地よい信州の風に吹かれた 1100km程の旅でした。
[PR]
d0164443_21514382.jpg

暑い日が続いています。こんな時は高原の風を浴びに行くのが一番です。
AM5時前に起き、AM6時に出発。
今年初のキャンプツーリング。まずR153で一気に飯田方面を目指します。

家から 道の駅 信州平谷 まで早朝なら下道で1時間半で着きます。
d0164443_21523479.jpg

標高1000mの平谷・・・涼しい風が吹いている・・・気持ちのいい朝。
ホットコーヒーで体を暖める。
いつもは仕事を始める時間だな・・・ははは(笑)

R153をさらに標高を上げ治部坂峠へ。ここから長い下りのワインディング。
久しぶりにトラックや車に引っ掛からないで昼神まで一気に下る。あ~幸せ(^^)v

飯田山本ICから岡谷ICまでは高速道路。セローの苦手分野ですが、
もうセローも私も慣れたもんです。あまり苦痛に感じなくなってきたなぁ(笑)

今日のビーナス入りは 岡谷から r199八島高原線 で八島湿原から突入。
d0164443_2153628.jpg

1.5車線クネクネ木漏れ日路面チョイ悪ルート。これが楽しいんだなぁ。

八島湿原・・・何度も来てるけど一度も散策した事ない・・・だってライダーですもん^^;
d0164443_2154690.jpg

でも入口付近だけでも十分過ぎるほど、美しいのです。
d0164443_21543070.jpg

d0164443_21544710.jpg

晴天のビーナスラインを満喫
d0164443_21562573.jpg

d0164443_21552695.jpg

d0164443_2155426.jpg

横を走り抜けるライダーさんもみんな笑ってるだろうな
d0164443_21574188.jpg

感無量・・・今日のクライマックス、AM10:00(笑)

さあ美ヶ原高原までは走りを堪能。一気に標高2000mまでジャンプアップ。
d0164443_21581117.jpg

山頂は一転してガスっていました。まあこれも美ヶ原らしいかな。
d0164443_21583683.jpg

r464からr62で武石峠から美ヶ原林道を下って松本方面へ・・・
ここも1.5車線クネクネ木漏れ日路面チョイ悪ルート
d0164443_21585776.jpg

展望はあまりないルートですが楽しいったらありゃしない(^^)

美鈴湖でコアラのマーチ休憩。旅の必需品です^^;
d0164443_21591556.jpg

静かな湖畔の木漏れ日で・・・
d0164443_21592810.jpg

強烈な暑さのR19からR403を経由して、楽しそうな r12 丸子信州新線 を目指します。

途中、R403沿いの木陰で軽めの昼食。
d0164443_2201042.jpg

筑北村方面の山々を望む。お外ご飯は何でもおいしい!
d0164443_2202324.jpg


R403の麻績村からr12にアクセス。ツーリングマップルには
『アルプスの展望を楽しみながら軽快に走れるワインディング』
『稜線をつなぐ見晴らし最高のルート』
なんて書いてあるのですが期待しすぎたかな・・・

展望が良い→木漏れ日が少ない 標高もそれほど高くないので暑い暑いっ(T_T)
d0164443_2243185.jpg

d0164443_2251312.jpg

続きで r36 信濃信州新線 も同じような感じで淡々と走り抜ける。

r12、r36も観光ルートではなく、点在する集落を繋ぐ生活道な感じでしょうか。
d0164443_2253230.jpg

暑くて長いワインディングの道中、登校日の小学生や中学生が汗びっしょりで山道を歩いてる。
そんな彼らが、その横を走り抜ける時にペコリと挨拶をしてくれるんです。
すごくうれしい。元気をもらえます。
ライダーを含め観光客を歓迎してくれる子供達に癒されます。

そして、走り出したら止まりません! PM3:00ごろには戸隠に到着。
d0164443_226911.jpg

前回来たときは時間の都合で食べれなかった戸隠そばを求めて、休憩もそこそこに
走り続けてきました。お店の中で火照った体をCool down。

ツーマプにも載ってる戸隠そばの老舗『岩戸屋』さん
d0164443_2262963.jpg

大盛り 900円 そりゃもう十二分に美味しかったです(^^)

さて、今日のお宿 戸隠イースタンキャンプ場 に早めのチェックイン。

サイトをぐるっと回って一番奥の静かそーなところに決定。
フカフカな草原。こりゃいいやっ!
d0164443_2270100.jpg


ここで前日から旅をしているNC乗りのヒデちゃんと合流です。
d0164443_2272591.jpg

設営後、神告げ温泉でゆっくり汗を流し、夕食とちょっとのお酒と・・・
d0164443_2275596.jpg

高校からの付き合いで、大学の時から共にいろんな所を走ってきた友人。
けど、二人でキャンプ旅は実は初めてだったりするわけで、バイクやキャンプ談義に花が咲く。
d0164443_2282682.jpg

『キャンプはいいね~』

汗だくでテント張って大変じゃない?・・・『いや~その後の温泉がもう最高っ!』
虫いっぱいいない?・・・ 『いっぱいいるよ~。大きな蛾もいれば、ブヨにも刺されるし。
けど、今日は蛍もやってきた』

ランタンの光に誘われて  蛍が1ぴきやってきた
やさしく拾い上げる  いっとき 掌で光を灯しつづけると
天高く夜空に飛んでいった それはもうまっすぐに天高く
天体のひとつになるように  無数の星に僕らを導くように ・・・アホ

なんてベタな詩が思い浮かぶような瞬間があるからやめられない(爆)

ほろ酔いのまま、心地よい疲れと共にシュラフに潜りこみフカフカ草原べットで疲れも取れる。
最高に気持ちの良い イースタンの夜でした\(^o^)/
[PR]
d0164443_1802916.jpg

何度走っても飽きない、信州の旅へ。

きっかけは、NC700X乗りの(魔人)ヒデちゃんが平日に休みが取れそうなので
キャンプツーの相談に電話をしてきてくれた事。

うれしい事に、このブログを多少なりとも参考にして、さらに『道十色ファン』
なんて言ってくれるもんだから、調子に乗っていろいろ相談に乗っていたら、
私もどうしようもなく行きたくなってしまいました^^;

またまた、友人に刺激を頂き、遊びスイッチOn→仕事スイッチも強力On
仕事と私用を急ピッチで調整して2泊3日のキャンプツーへ行く事が出来ました。
ありがとう。

時にはゆっくりと、時には3時間耐久な激走りと・・・この二人は基本的に走りが中心\(^o^)/

出来るだけ近いうちにレポまとめたいと思います^^;
d0164443_1801592.jpg

[PR]
d0164443_22254380.jpg

キャンプ場の朝は早く、5時には起きてゴソゴソします。
ラーメンと昨晩炊いたご飯の残りで朝食。
d0164443_2229536.jpg

朝は簡単が一番です!
お世話になった平湯キャンプ場。木漏れ日の素敵な空間。最高でした。
d0164443_22311131.jpg

ビーナスラインか有峰林道か・・・人が大勢居る所か、ほとんど居ない所か(笑)
分岐点の交差点では、穂高岳が朝日を浴びて浮かびあがっています(^^)
右か左か・・・R471か安房峠道路か・・・
d0164443_22312995.jpg



トンネルじゃなく、渓流沿いを走っていました・・・
R471の高原川、太陽がまぶしい!
d0164443_22314193.jpg

空が広い~!
d0164443_22314991.jpg

有峰林道へ向かう高山大山林道。誰も居ない早朝のワインディング。
自分のペースで走り、自分のペースで止まる。
d0164443_2232585.jpg

飛越トンネルを越えると・・・3・2・1 有峰キターッ!
d0164443_22322324.jpg

まずは誰も居ない快走路を。そして木漏れ日1.5車線へと変っていきます。
そしてまた、自分のペースで走り、自分のペースで止まる。
d0164443_22325259.jpg

d0164443_22335584.jpg

途中、湖畔に下りて・・・トンボや蝶が気持良さそうに飛んでいました。
d0164443_22333462.jpg

ワインディングと、景色の楽しめる林道。来て良かった(^^)
d0164443_22483541.jpg

d0164443_2234678.jpg

有峰ダムで二股になる林道。前回は小口川線だったので、今回は小見線を利用。
断崖で迫力のあるルートですが、トンネルと工事中が多くてあまり楽しめない。
私的には、小口川線がおすすめです。

富山から立山方面を望む田園地帯。あ・暑い~。
d0164443_22343170.jpg

9月初旬のツーレポで、初秋だなんて言ってたような・・・まだ暑い夏は続きますね^^;

一昨年にR360の天生峠コースを走ったので、今回はR472からアプローチして
牛首林道を目指すことにしました。
走りやすく眺めの良い場所もある27.5kmのダートとマップルにはあったのです・・・

R472からR471へ、楽しいクネクネ道が続きます。
d0164443_22352731.jpg

そして県道34号へ。途中、この先通行止め看板があり
林道分岐まで行けるかドキドキしながら走りましたが、
その分岐場所で、県道34号側は通行止め。牛首林道方面は通行出来ました!(ホッ)
林道起点付近の橋。
d0164443_22345666.jpg

曇ってきてしまいましたが、炎天下の中走るより良かったかも。
d0164443_2237112.jpg

久しぶりのセミロングダート。空気圧パンパンですが、リム打ちパンクもイヤなので
空気圧は下げた事ありません。ダートは滑るものだと言う考えです。
もちろんスピードは出しませんよ~(出せません?)
d0164443_22375053.jpg

d0164443_2238973.jpg

とても走りやすい(マップル記)・・・けっこうガレてますよ?
所々眺めが良し(マップル記)・・・けっこう開けた林道で展望は良いほうです(^^)
分岐が多い(マップル記)・・・気を付けないと!地図とガーミンで確認。

すると牛首峠から分岐があり、普通に行けば広いダートをまっすぐ行きそうですが
地図をよく見ると渓谷より南側に林道表記がある・・・これが分岐が多く注意と言う事か!
でわざわざ引き返して、細いほうへ行ってみる。
ダートは草むし、ヘドロのような水溜まりを何度も越え、朽ち木を踏み倒し、進む・・・
何かおかしい・・・でも地図が間違っているはずは無い、もうすぐ開けるさ とドンドン進む。
ドロドログチャグチャ・・・Uターンも出来ないくらい狭い・・・これはやっぱりおかしいぞ!
進入時から明らかにおかしい廃道を、 「セローなら行ける!」
この口癖で5km以上も進んでしまいました・・・大バカですっ(>_<)

ツーリングマップルのダート表記は間違えです!渓谷より北側が正解です!(怒)
(白川方面からなら間違えることも無いです)

ヘドロの悪臭で、写真を撮る気にもならず、分岐に戻り、本線も止まらず一気に下ってきました。
わざわざ地図を確認しなければ、よかったものを・・・(涙)
林道の終わりに東海北陸自動車道が見えて来ました。
下りもガレが結構ひどく、抜けられて正直ホッとしました。
d0164443_223998.jpg

さらに下って行くと、何とゲートが道を閉ざしているではありませんかっ!!
ドキドキもので近づくと・・・フ~ 鍵はかかっていませんでした。
何かホッとしたのと同時に、疲れもドッとでた感じ(T_T)
d0164443_22383897.jpg

やはり林道を走るには、多少の下調べが必要だと反省・・・いや、調べないのが
バイクの旅なんだと言う考えも強いので今後も余り調べないだろうなぁ~(笑)
だいたいルートはその時の気分や状況で変るもんですから!

旅にはいろいろな事がある。疲れとイライラが一番危険だと言う事は
痛い目にあった経験上、休憩し気分を取り直して快適R156を楽しく南下。
そして、荘川より高速に乗って帰宅しました。

ガレた部分も結構多く、牛首林道には参った~な感じでしたが、
快晴の有峰林道を含め、岐阜の山道にキャンプと温泉を満喫できた、760km程のツーリングでした。
[PR]
d0164443_2213424.jpg

急遽タイミングが整ったので、念願のキャンプツーリングへ行ってきました。

行くのはここ数年、毎年恒例にしていた平湯キャンプ場。
昨年は行けなかったので、楽しみ~。

郡上八幡まで、セローの苦手な高速道路をこなし、まずは、せせらぎ街道へ。

せせらぎ=こもれび広場・・・(^^)
d0164443_222857.jpg

生憎、着いた時は太陽が雲に隠れてしまってます。
こもれび待ち・・・コアラのマーチでまったりと休憩。あ~幸せなひととき。
d0164443_2223063.jpg

こもれびキターッ!
d0164443_22165069.jpg

d0164443_2225850.jpg

休日のせせらぎはトラックも少なく快適そのもの!
d0164443_22193917.jpg

そしてまた川へおりて、まったりと休憩。ホント幸せな時間。
d0164443_225073.jpg

今日は地図を忘れてしまい、高山へ抜けてから書店探しへ。
すぐ見つかると思いきや、なかなか見つからず。
たまらず、地元の方に尋ねて、バロー内の本屋で2011年版のツーマプをget。
暑い中、高山の街中を廻った為、時間と体力をロスしてしまいました。
いつも、出来るだけ街中を走らないようにしているので、私には堪えました(T_T)
今日の走りはほどほどにと言うことで、近場で走った事の無い道を走ろう。

少しR41を北上し、県道75号で下小鳥湖方面へ。快走路と1.5車線のルート。
d0164443_2251617.jpg

保峠を越えると見えてきました。
d0164443_2252438.jpg

誰も居ない淋し~感じのダム湖(-_-;)
d0164443_2253465.jpg

ここから県道478号で南下すると湖から渓流へ。そして良い休憩場発見!
d0164443_2261162.jpg

ここで昼食です。またいつものパンです^^;
d0164443_2255247.jpg

青空の下、せせらぎと、ミンミンゼミの鳴き声を聞きながらの昼食はやめられません。
ソロの時は、お店でゆっくり食べる事より、今はこの方が私には合っています。
d0164443_2263585.jpg

ん~・・・まだ時間があるので、また北上の県道90号へ。
d0164443_2265050.jpg

直線となだらかなカーブの続く、快走路。気持いい~道(^^)v

少しR41を南下して、県道76号へ。以前走ったトヤ峠のある県道89号と比べると快適ルートです。
d0164443_2272621.jpg

距離もそこそこあって走り応えあり。展望も楽しめます。
d0164443_2273530.jpg

さあ、R471で平湯キャンプ場へ。途中雨に降られましたが、
キャンプ場では雨に降られず、助かりました。

今晩の宿を設営後、一杯のコーヒーで休憩。
d0164443_2275158.jpg

平湯キャンプ場 ひらゆの森温泉とセットで1,300円は安いと思います。
d0164443_228136.jpg

夕食も簡単にハヤシライス~♪
d0164443_228868.jpg

手の込んだ事はしない(出来ない?)ですが、十分においしいです。

ガスランタンも持って行きますが、食後はキャンドルランタンがいいですね~。
ゆらぐ炎を見ながら、ビールにチューハイ・・・落ち着きます。
d0164443_2282059.jpg

しかし、テントに入り地図を片手に明日のルートを考えだすと・・・
「早朝のビーナスラインか有峰林道か」・・・いつも興奮して寝付けないんですけど^^;

2へ続きます。
[PR]
d0164443_1517688.jpg

今年のお盆休みも(正確にはお盆前ですが)またまた 福岡ローマン渓谷オートキャンプ場 へ
2泊3日のキャンプに行ってきました。

今年は晴天に恵まれ、川遊び三昧(^^)v

長男君はスノーケリンググッズで川魚を探します。
ハヤに始まり、鮎、アマゴも見る事が出来ます。
d0164443_15172437.jpg

次男君は超怖がりの為、膝下までが限度(ToT)
水鉄砲で遊んだり、石投げ、石拾いに精を出します^^;
ホント誰に似たんだか・・・???
d0164443_15174087.jpg

川遊びの後は食事の準備。
キャンプに来ると率先してお手伝いを自分からやってくれます。
d0164443_15215989.jpg

初日の夕食は定番のBBQ。
d0164443_15181655.jpg

d0164443_15182837.jpg

ご飯も炊いたりで少し手間は掛かるけど子供達は大喜び。
ローマンキャンプ場はIN14:00で遅いので、肉や野菜は家で切って持って行きます。

さあ次の日も川遊び。
d0164443_15404198.jpg


長男君と私は対岸のカバ岩(長男命名)へ渡り、度胸試し!
d0164443_1547585.jpg

次男同様、長男君もなかなかの慎重派(怖がり?)ですが、
多少気が大きくなっているのでしょう(笑)。何度かカバ岩からの飛び込みも楽しんでいました。
d0164443_1547192.jpg

そのカバ岩の川淵で、長男君が弱った鮎を発見。
弱っていたとはいえ、生きている鮎をなんとか手で捕まえました。
そして、何事も体験! と言うことで塩焼きにして食べてしまおう!
d0164443_1552961.jpg

多分鮎釣りの方が、弱ったおとりを捨てられたんじゃないかと思われます。違うかな?
(何度かそんな鮎が流れてくるのを見ました。)

早速昼食に炭を起こし、焼き焼き。
d0164443_1552339.jpg

d0164443_15524648.jpg

小さな鮎なのであっという間になくなりましたがメチャおいしかったです。
子供達も大喜びでした。
食後にまったり休憩して・・・
d0164443_1643424.jpg

そして、また川遊び三昧。
d0164443_15555875.jpg


「やっぱローマンはいいわぁ~」と長男君がにんまり。
対岸の飛び込みポイントや、流されながら水中の魚を見たり泳いだり。
小魚やカエル、オタマジャクシを捕まえたり・・・
小さな子供が遊べる場所もあり家族で十分楽しめます。

注意点は、川岸に日影がないのでUV対策は必須。
あとは川だけに流れが強い場所があります。
ですが、無理に泳いで体力を消耗しないように素直に流されていけば
どんどん浅くなっていくので、この流される事をずっと楽しめます。

今年はもう少し上流にある 塔の岩オートキャンプ場 に行こうと思っていたのですが、
場内のお風呂が魅力でまたここにしました。
中津川ICからも近く、手軽に来れて川遊びを十分堪能できる、我家お気に入りのキャンプ場です。
d0164443_155531100.jpg

[PR]
d0164443_17192516.jpg



お盆休み、再び、福岡ローマン渓谷オートキャンプ場へ
今度は家族4人でキャンプへ行ってきました。

2歳の次男が初キャンプという事で少々緊張感を持ちながら出発。

道中から雨が降ったり、止んだり・・・
お昼は、道の駅らっせいみさと で。おにぎり19個があっという間になくなります。
d0164443_1720778.jpg



今回もご好意によりPM2時前にはINさせてもらい設営。
設営時も、その後も降ったり、止んだり・・・もちろん川遊びは無理です。
でも、子供達は楽しそうです。散歩したり、石を拾ってお絵書きしたり。
キャンプする事自体が私を含め、やっぱり楽しいものです。
夜はいつものバーベキュー。お手伝いもしてくれます。
d0164443_17212179.jpg



焼き溜めしてから一気にいただきます。
d0164443_17221877.jpg

d0164443_17203815.jpg



鳥肉と焼きとうもろこしが我が家では一番人気ですね。
d0164443_17205578.jpg



お腹いっぱいいただきました。バーベキュー最高っ!
d0164443_17235553.jpg

d0164443_17241261.jpg



場内のお風呂でさっぱりした後、次男君少し愚図りながらも良い子で寝てくれました。
夜も土砂ぶりの雨が降りましたが、浸水することなく朝を迎えて一安心。
長男君も次男君もよく寝れたみたい。子供の方が案外平気ですね・・・

今回も4区画のサイトが貸切で快適でした。
d0164443_17253888.jpg



二日目も雨が降ったり、止んだり、生憎の天気でしたが、晴れ間を見て川遊びを決行。
d0164443_1726373.jpg

d0164443_17262518.jpg



全身は浸かれないけれど、長男君は3時間ぐらいは川で遊んでいました。子供は強い!
PM2時ギリギリまで遊んで帰路に着きました。

今回は天気が今ひとつ・・・
そう台風4号の影響で2泊の予定を1泊へ当日に変更しました。
覚悟はしていましたが、随所で雨に降られ、大変な場面も結構ありました。

そして初キャンプとなる魔の2歳児、次男君。
彼は、トイレも自己申告で完璧!
夜、朝とぐっすり寝てくれて他のキャンパーに迷惑を掛ける事も無し!
多少の愚図りはありましたが、心配する程でもありませんでした。
二人の息子は、雨のキャンプで一回り成長したような感じすらします。(親バカ・・・)

雨ニモマケズ! また行こう!

翌日は、2泊目の夕飯予定だったカレーピラフを。
d0164443_1727381.jpg



お家で食べてもダッチオーブンで作ればとっても美味しっ!
d0164443_17272588.jpg

[PR]
d0164443_1615353.jpg



8月1日、2日と岐阜県中津川にある福岡ローマン渓谷オートキャンプ場へ
小学1年の長男と二人でキャンプへ行ってきました。

ソロツーリングキャンプは何度も行っていますが、
ファミリーキャンプは実は今回が初めてだったりします。

家族4人で行きたいところですが、2歳児次男を連れて行く前に
まずはおにいちゃんと二人で練習を兼ねていってみようと相成りました。

午前中から二人で、ゆっくりと車への積込み、買出しして、下道で向かいます。
PM3時インですが、空いているので早く来ても良いという事。
で、長男が急かします。道中、興奮しっぱなし、しゃべりまくりで、大変です。(笑)

PM2時過ぎ到着で、二人でがんばって設営し、川へ直行です。
d0164443_16225755.jpg



川は綺麗でとても冷たく、設営で汗だくだったのでチョー気持いい!
寒くなるまで遊んで、夕食のバーベキューを仕込みます。
d0164443_1616357.jpg



ご飯好き家族ですので、がんばってご飯も炊きます!
d0164443_16165923.jpg



さらに炭を起こして焼き焼き・・・この間長男は爆睡中(涙)
d0164443_16361794.jpg

d0164443_16385078.jpg



外での食事は、何を食べてもホントおいしいですね。
d0164443_16173291.jpg



楽しい時間はあっと言う間に過ぎていってしまう感じ。
それからお風呂でさっぱりしたあと、長男はテントの中で本を読んだり工作したり。
私は、やっとイスに座り、ひとりマッタリした時間を過ごせました。

翌朝も快晴。初キャンプでもぐっすり寝れたようでご満悦な様子。
d0164443_16201874.jpg



翌朝はサンドイッチ。朝はこれが簡単でよかった。
d0164443_16181612.jpg



そして、川へ・・・長男の頭の中は川の事しか無い様子。
しかしAM10時頃までは、冷たくて全身は入れませんでした。
d0164443_16461528.jpg



昼まで入って、そして、二人でテントとタープを撤収。
撤収前に記念撮影。
d0164443_16473860.jpg



昼食はお蕎麦を茹で、残ったご飯でおにぎりを作りました。
d0164443_162234.jpg



そして、長男はまた川へ・・・チェックアウトのPM2時までしっかり遊びました。
d0164443_16273542.jpg

d0164443_178866.jpg



帰りは高速を使って1時間40分くらいで到着。私は結構疲れたましたが、ホント楽しかった~。
長男も楽しんでくれたみたいで良かった良かった(^^)v。

初めてのファミリー(父子)キャンプを終えて・・・

設営と撤収の要領を得てない事もあり、もっと工夫したいと思う。
道具も初めて使った物も多く、中でも、ガソリンランタンが着火時に炎上した時には、
タンクに引火して爆発→あ~新聞沙汰になる~・・・と思いましたよ(汗)。
食事についても、ひとりではバーベキューも結構手間が掛かると思いました。

そして・・・全身筋肉痛です(笑)・・・理由は・・・川遊びです・・・
浮き輪に乗って流されてくる子供をキャッチし、川岸まで泳ぎながらひっぱり上げる・・・
何度やらされたか(ToT)・・・でもこれが一番楽しかった!また行きたいな!

- 福岡ローマン渓谷オートキャンプ場 -
今回のキャンプ場選びは真夏と言うことで川遊びが出来る事がポイント。
お風呂が場内にあり、食後にさっぱりして寝れるところが良かったですね。
区画は混雑時は少々狭いかも・・・今回は4区画のサイトが貸切で快適でした。
d0164443_16263142.jpg

[PR]