<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本日もカップヌードル。シーフードに替えてみましたが、朝食にはちょっとクドイようで(笑)。
d0164443_6153975.jpg



朝のコーヒーはやっぱり最高ですね。
d0164443_6172151.jpg



この川が戸隠イースタンキャンプ場との違いなのかな?次はイースタンに泊まってみよう。
d0164443_6223075.jpg



夜露と内部結露で少々ぬれてますが、ささっと撤収します。気持いいサイトでした。
d0164443_6244569.jpg



高原サイト側。こちらもいい感じです。家族キャンパーがちらほらといました。
d0164443_6251140.jpg



最終日の今日は、白馬方面に抜けてゆっくり南下しようと思っていたのですが、
昨日の山岳ルートで走れなかった道が気になってしまい、晴れていることを祈って
県道66方面から毛無峠、上信スカイラインを目指す事にします。

昨日上がってきた県道36を下ります。戸隠の道も気持ちいい道がいっぱいでした。


d0164443_6303318.jpg

県道66をから大前須坂線で標高を上げて、いざ晴天の毛無峠へ。
d0164443_6312093.jpg

d0164443_6314665.jpg



ルート変更してよかった・・・
しばしここでゆっくりとした時間を過ごしました。
次に来る時は、山頂へ登ってみたいな。
d0164443_6323339.jpg



続いて、尾根伝いを走る上信スカイライン。鳥のさえずりと、風が気持ちいい。
d0164443_6325584.jpg



万座から草津温泉へ行く分岐点。
d0164443_633354.jpg



渋峠方面を見ると最高の青空ですが、今日は草津方面へ。
d0164443_6355428.jpg



残念ながらこちら側は雲が多かったですが、硫黄臭漂う白根山の様相が、
今までのそれと違う見ごたえのある雰囲気を出していました。
d0164443_636252.jpg
d0164443_6363797.jpg



楽しいワインディングロードをゆっくりと下って行き、草津温泉は素通り。
つまごいパノラマラインを走ります。
初めは森林ルートから始まり、途中から広大な畑の丘が広がっていきます。
d0164443_6371048.jpg

d0164443_6372582.jpg

d0164443_6374925.jpg



最後は 愛妻の丘 で信州の旅を締めくくりました(笑)。愛妻家です・・・か?
d0164443_6381029.jpg

d0164443_6382667.jpg



あとは、R406を北上し、上信越自動車道 須坂長野東から高速道路で帰ります。
およそ300kmの行程ですが、セロー乗りには厳しい高速道路。
振動による手のしびれと、腰にきます(笑)。そして、数々の車に抜かれます。
ただ、抜かれるのはいいのですが、きちんと車線変更もせず真横を
100km/h以上で抜いていく人にはいつも閉口してしまいます。
どういうつもりなのか・・・一瞬、生きた心地がしません。

気を取り直して、駒ケ根SAで遅い昼食を。 ソースカツ丼1,050円。
d0164443_641014.jpg



最近この量でお腹にこたえる様になってきました。油物に弱くなりました・・・

PM5時過ぎには帰宅。1,000km越えの楽しいキャンプツーリングでした。
d0164443_6413265.jpg

[PR]
ソロキャンプの時は早起きになります。本日も4時半には起きてしまいました。
鳥のさえずりを聞きながら、朝食の準備。
と言っても毎度の日清カップヌードル・・・レパートリーを増やしたいものです。
d0164443_1335841.jpg



お世話になった屋根付き炊事場。ホント助かりました。
d0164443_13354680.jpg



朝食後は駒出池周辺を散策。雨も上がり気持いいです。
d0164443_13372034.jpg

d0164443_13375385.jpg



しかし早朝5時ごろから、大きなカメラを片手に、私よりもずっと上の世代の方々が
ワゴンに乗ってゾロゾロとやってきます。
私は起きていたのでまだいいですが、キャンプでゆっくりしたい人には考えものです。
お声を掛けて頂き、しばし談笑しました。
駒出池周辺は絶景スポットなのでしょうがないところのようです。

7時には出発。
すぐ近くにある八千穂レイク。
d0164443_13384223.jpg



ミツバツツジが綺麗です。
d0164443_13392073.jpg



この周辺は日本一の白樺群生地とあります。
d0164443_1339596.jpg



白樺とトウゴクミツバツツジ。
d0164443_13402448.jpg



ここは昨日観光バスに乗ってたくさんのカメラマンがいました。
絶景スポット写真ツアーなるものがあるのでしょうかね?

さあR141を北上、R18から軽井沢へ。
さらにR146を北上しますが、この道が木漏れ日の中とても気持いいです。

浅間白根火山ルート 鬼押ハイウェイへ。
d0164443_13412228.jpg



鬼押出し園は有料なので遠目に見て満喫といたします。
d0164443_13421559.jpg

d0164443_13423576.jpg



さらに北上、万座ハイウェイへ。カラマツの青葉がとても綺麗。
d0164443_13451875.jpg

d0164443_1346169.jpg



万座ハイウェイの終点、万座温泉付近は硫黄臭漂う別世界へと変貌します。
d0164443_13464165.jpg



渋峠へ向けてワインディングを駆け上がります。
もう少し晴れていれば絶景でした。(以前来た時も曇りだったなぁ)
d0164443_13473565.jpg

d0164443_1348774.jpg

d0164443_13483972.jpg



この辺りはやはり最高の山岳コース。あまり混んでいない平日が良いようで。

今回のツーリングで、もう一つ行って見たかった戸隠キャンプ場を目指します。
時間に余裕があるので、野尻湖をぐるっと1周。バス釣り?でにぎわっていました。
d0164443_13493891.jpg



2時ごろには戸隠キャンプ場へ到着。1,500円はちょっと高いかなと思いながらも
川原のあるサイトへ直行です。

ソロの時は、多少不便でも朝起きた時の感じが良いであろうサイトを選ぶようにしています。
d0164443_135125.jpg



時間もあるので、戸隠周辺を走りに行きます。
写真家の須藤英一さんの著書 日本百名道 に載っていた戸隠バードラインへ。
d0164443_1354152.jpg



この百名道、いつかは全部制覇したいですね(笑)。
久しぶりに一つ制覇へ近づきました。

戸隠バードライン横にある大座法師池
d0164443_1354417.jpg



バードラインの終わりは善光寺横の 七曲り を下りました。(下りでよかった・・・)
すごいの一言。写真どころではありませんでした(笑)。
偶然通った道ですが、これも私にとって百名道ですね。

県道76の1.5車線ルートで帰路。途中にある温泉 神告げ温泉へ。600円。
内湯一つのそれほど大きくない温泉です。貸切でしたが、土日はゆっくりできないかも?
d0164443_13554039.jpg



キャンプ場に戻り、今夜の夕食はカレーではなくハヤシライスとビールを少々。
2日目とあり、酔いもまわって9時ごろには爆睡でした。
[PR]
d0164443_13311486.jpg



梅雨入り前の6月上旬の信州へ、相棒セローとキャンプツーリングに行ってきました。
結婚後はなかなか連泊でのツーリングはできませんでしたが、次男も2歳半になり、
仕事と私用と天気予報のタイミングが合い、8年ぶりの2泊3日ツーリングへ。
(1泊2日のキャンプツーはそこそこと行けるようになったのですが・・・)
前日の夜に急遽決めたので、夜から準備。荷物もそこそこしか詰めないセローですので、
まあ簡単に準備はできるのですが、何処に行くかで2、3時間はあっという間に過ぎてしまう。
富士山周りをぐるっと巡り、道志の森でキャンプし、八ヶ岳方面へ抜けて
八千穂高原駒出池でキャンプし、ビーナスラインと周辺を堪能しようと決めて夢の中へ。
朝の天気予報は無情にも富士山方面は曇りのち雨に変わっていました。
飛騨か信州、はたまた南紀とちょっとしたパターンを妄想してあるのですぐルート変更です。
天候が良さそうな信州のみに決め、8時に出発です。

平日は下道で。秘境遠山郷経由で北上です。

R301-R473-県道10-県道426-R151-R418の山道ルートで遠山郷へ。
d0164443_23153275.jpg



遠山郷は2年ぶり。R152は2車線になったり1車線になったりと変化に富む楽しい峠道。
快晴の空の下で気持いいの一言。
d0164443_23174916.jpg



そして木造校舎が残る木澤小学校へ。看板に誘われて行って見ました。
d0164443_23183128.jpg



とても落ち着く空間であり、また懐かしい空間。
d0164443_23212984.jpg



私の卒業した小学校もまた、体育館ではなく木造の講堂でした。
また引越し前、小3までの小学校でも木造校舎が残っており、
こんな木の階段があった事を思い出します。
d0164443_2327396.jpg



私よりもずっと上の世代である写真は、とても素敵な顔でいっぱいでした。
d0164443_23185847.jpg

d0164443_23192629.jpg

d0164443_2320139.jpg



また桜の季節に来てみたいな。

さあそれでは高遠までの峠道に戻って。
走りにも夢中になります。まさにセローにぴったりの道です(^o^)丿
d0164443_23232591.jpg



しらびそ峠は今回はパスして地蔵峠へ、そして観光地化してしまった分杭峠も素通りです。

途中川原に下りて休憩。
d0164443_23223681.jpg



この時期はまだ暑くもなく本当に気持ちよい風が吹いていました。

高遠手前の美和湖横にある 道の駅 南アルプスむら長谷 で遅めの昼食。
焼きたてパンを木陰で食べれます。
d0164443_2324885.jpg



高遠より上は毎年通るルートなのでそそくさとR152を北上。R299 メルヘン街道を走り、
麦草峠を越えて本日の寝所 八千穂高原駒出池キャンプ場へ。
キャンプ場までの道中は、気持のいい道が続きます。
d0164443_232552100.jpg



一度来て見たかったキャンプ場。インターネット割引で1泊千円です。
そして、もちろん設営場所は駒出池の見える2号サイトへ。
平日ですので、毎度の貸切です。
d0164443_23283866.jpg



設営後はさっそく松原湖高原にある温泉 八峰の湯へ。これが結構遠かった・・・。
d0164443_23324621.jpg



松原湖高原キャンプ場のすぐそこですが、今回はこのキャンプ場はパス。
昨年キャンプしたのですが、一睡も出来ない事があって・・・

温泉につかっているとパラパラと雨が降ってきました。
まさか雨が降ってくるとは思いもしなかったので、大急ぎで洗って
キャンプ場まで戻ろうとしましたが途中でどしゃぶりになってしまいました。
カッパもキャンプ場に置いて来たのでズブ濡れになってしまい最悪でした。

キャンプ場に着くころには雨も小降りになり、屋根付き炊事場へ避難。
久しぶりの雨キャンプだな・・・けどこの屋根付き炊事場のおかげで助かりました。
ズブ濡れの服やバイクをふき、小雨の中、夕食を準備。
夕食といっても毎度、米とレトルトカレー。そしてビールにおつまみ。
d0164443_23342949.jpg

d0164443_2334423.jpg



走り優先の旅ではこれで十分です。

屋根付き炊事場から結構距離がある我がテント。小雨の中・・・ちょっと淋しい(笑)
d0164443_23351067.jpg



食後、夜7時ごろまで誰も来ないのを確かめてテントを大移動しました。
本当は草原の上で寝たかったのですが、翌朝の撤収作業を優先して
屋根付き電気付きの快適仕様に変更。
ドタバタしたけど、おかげで静かな夜をすごせました。
[PR]
d0164443_8354413.jpg



マクロが秀逸と言われていますが、広角から望遠までカバーでき、
いろいろ設定変更して楽しめそうです。
d0164443_911414.jpg



コンデジにしては少し大きめですが、一眼に比べればまったく問題なし。
画像も最初D40と比べると・・・。とちょっと失敗したかなと思ったのですが
このカメラの持ち味を探って行きたいと思います。

晴天の外部ではとても綺麗です。
d0164443_8363231.jpg



同じ場所での10倍ズーム。すごいですが・・・使うかな?
d0164443_8365649.jpg



ビヨウヤナギが綺麗に咲いていました
d0164443_8451874.jpg



1:1画像 これはブログにいいかも
d0164443_838186.jpg



ミニチュアライズ撮影
d0164443_8385434.jpg



ただAUTOではなく、やはりいろいろな設定をして楽しむカメラな感じがしますね。
室内でのAUTOはすごいノイズで正直使えない。ISO400までかな?
CX3で暗いところも多少良くなったとの事ですが・・・?
室内での子供撮りにはまったく不向きな感じです。(D40と比べるとですが)
ダイナミックレンジダブルショットをうまく使えれば面白いのかもしれません。
機能がいろいろあるので覚えるのに時間がかかりそうです(笑)。

D40とCX3。当分2台持ち歩きそうで、荷物が増える状況が続きそうです(笑)。
[PR]
小さな庭にも3本の中高木が植えてあります。
その1本が今年3月に植えたナツハゼと言う樹木。
夏にハゼのように葉が赤くなる性質があるのが名の由来。
d0164443_8564510.jpg



少し前になるのですが、そのナツハゼの小さな花が咲いておりました。
d0164443_857555.jpg



ナツハゼの実は日本のブルーベリーと言われて食する事ができますが、
酸味が強いためジャムなどに利用できるそうです。
秋に子供と収穫できるのを楽しみにしているのですが、
少ないので鳥に全部食べられてしまうだろうな。
来年は、しっかり根付いてたくさん花を咲かせてもらいたいものです。
[PR]
もう一つのカラーリーフとして、アオダモの株元に植えてあるのがベニバナトキワマンサク。
d0164443_22131540.jpg



新緑の濃い赤葉が特徴で、最近よく個人邸の生垣や、公園でも見かけます。
春になると赤いリボン状の花をたくさん咲かせてくれます。
d0164443_22134079.jpg



葉は少しずつ緑色に変わっていきます。
常緑樹なのですが、我家のトキワマンサクは、冬に結構葉を落とし色も抜けてしまいます。
グランドカバー的に、極力低めに育てるつもりです。

別のシンボルツリーの株元には、白花青葉のトキワマンサクも植えてあります。
d0164443_22141387.jpg



赤と白の花が咲くタイミングが多少ずれていているのと、
花が咲く期間も結構長いので、楽しめる期間も長く、おすすめの樹木です。
[PR]
現在使用しているカメラはニコンのD40。もう3年使用しています。
d0164443_2119747.jpg



ツーリングに使えるデジタル一眼レフとして、やはり携帯性が非常に重要だと思っていたので
このリトルニコンはとても気に入っています。
当時、CANONのKissデジと悩みましたが、ファインダーから覗いた感じと手に持った感じが
好印象だったのがD40にした理由だったと思います。

室内での子供撮りも、それまで使っていたIXY400(これも名機だと思っていた。)
とは明るさが違い、素人ながらとても綺麗に写ります。
画素数も少ない低スペックでしたが、感度も良く、何より小さく軽いのがお気に入りです。

ツーリングには荷物が多くなるので、替えの望遠レンズを持ち歩かないようにしていますし
レンズキットの標準ズームレンズがベストバランスと思っています。

しかしコンデジに比べれば、やはりかさばるのは事実です。
サッと取り出せるコンデジも久しぶりに欲しいなと悩む日々が続いておりました。
狙っていたのは、リコーのCX2。
d0164443_21214438.jpg



だいぶ安くなってきたのでポチってしまいそうでした・・・

ただニコンには、明るい単焦点レンズがありますのでこれも欲しいところ。
Nikon AF-S DX 35mm F1.8G
d0164443_2122862.jpg

さあどちらにするかと悩んでおりましたが・・・
ちょっと違うものポチってしまいました(笑)。


















CX2とあまり変わらないかな・・・・・


















d0164443_2051347.jpg

[PR]
リフトで下山後、矢筈池周りを散策。
下界ではもう咲き終わっている花がまだ綺麗に咲いています。
d0164443_23195789.jpg



レンゲツツジ
d0164443_23201986.jpg



シャクナゲ
d0164443_23203811.jpg



何サクラ?大きな一株が芹沼池沿いに咲いていました。
d0164443_2321755.jpg



山頂ではベニサラサドウダンツツジも咲いていました。
d0164443_23212780.jpg



そして茶臼山高原道路を走り出すと、脇にはたくさんの黄色い花が。
エニシダ
d0164443_2322955.jpg



本当に気持のいい茶臼山高原道路を満喫できました。

そしていつもの休憩場所 道の駅つぐ高原グリーンパークへ。
ここも家からノンストップで1時間半の山道コースの休憩場所。
ソフトクリームで腹ごなしです。350円はちょっと高いかな。
d0164443_23223513.jpg



帰りはちょっと足を伸ばして新城にある四谷の千枚田へ。
田植えが始まったばかりで、下のほうはまだでした。
d0164443_2322588.jpg



また夏に、そして秋にも来たいところ。


そしてまたまたいつもの川沿いの休憩場所へ。
シロツメクサとアカツメクサがたくさん咲いていました。
d0164443_2324292.jpg



セローはアスファルトの上より、緑の中が似合うな(笑い)。
d0164443_23242751.jpg

[PR]
d0164443_23553417.jpg



彩りを求めて 一度行ってみたかった、茶臼山 芝桜の咲く丘へツーリングに行きました。
普段観光地はあまり行きませんが、茶臼山高原道路は無料になってから年3回は通るルート。
下界は晴れていても、山頂は曇りが多かったので、晴天の茶臼山高原道路は久しぶり。
青い空と緑の中をセローと気持良く流していきます。

平日ですが、車は駐車場待ちで少し渋滞。
バイクはすり抜けて先頭に行き、専用駐車場へ。
バイク駐車場はお店付近ですので助かります。バイクは200円。

さっそくリフトに乗って天空の花回廊へ。リフト往復500円。
山頂付近では、リフトから横目に綺麗な芝桜が見えてきます。

気持ち良い風が吹く中、リフトを降りると、周囲の山が見渡せます。
d0164443_2357539.jpg



いざ芝桜へ・・・お~・・・綺麗だ。
d0164443_23574974.jpg



よし、一番高いところへ行こう・・・ふ~ん。
d0164443_23582331.jpg



濃いピンクが一番映えるかな・・・ローアングルで・・・
d0164443_23594576.jpg



白色がもうピーク過ぎてるな・・・
d0164443_00279.jpg



淡いピンクもなかなかどうして・・・
d0164443_01926.jpg



全体的にピークが過ぎてます。1週間遅かったようです。
また、植えてある間隔も広いところがあるから、まだこれから成長していくのだろう。

最後は帰りのリフトより上空から。
d0164443_014756.jpg



これからまだ範囲が広がっていくそうなので、3年後ぐらいにまた来てみたいな。

晴天の中、高原の気持良い風と天空の芝桜。
来て良かったな。
[PR]
緑が特に大好きになったのはごく最近のことです。
家を建てる事で庭の計画をしていたのですが、とても面白くなり
いろいろな庭木、花木について興味を持ちました。
とても小さな庭ですが、少しずつ植栽しながら庭いじりを楽しんでおります。
四季により変化する庭をちょっと紹介。
d0164443_229737.jpg



玄関横の門柱を彩ってくれる 常緑広葉樹 ギルドエッジ。
d0164443_22113586.jpg



つやのない新芽から、葉が大きくなるにつれ、かすかに黄緑の斑が浮かび上がってきて、
最終的に黄色に変化していきます。
この黄色くなる直前の新緑の葉もいいですね。

あざやかな黄色い斑入りの葉は
光を反射して玄関周りを明るい感じにしてくれる。
d0164443_22162963.jpg



精力旺盛で剪定してもすぐ茂ってきますので適当に伸びたらバッサバッサと切り落としてます。
冬の緑少ない時期の貴重な常緑樹 ギルドエッジ。花や実がならないのが残念ですね。

そして、ギルドエッジの下で、スラッと伸びているのは 常緑多年草 フイリヤブラン。
d0164443_22122675.jpg



夏から秋ごろには淡い紫色の小花を多数咲かせます。
冬の間は枯れることはありませんが、地面にペタンコとしていてちょっと見苦しい(笑)。
でも春になると、ヘタレたところからスッと新芽が伸びてくる様は、とても力強く感じます。

まったく手入れがいらないと言う意味でも大好きなグランドカバーです。
[PR]