<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0164443_20595497.jpg

今年初のエンジンオイル交換・・・あまり乗れてないなぁ(前回から3,600km程走行)

ちょっとドロッとした感じでした・・・越冬による結露なんかも関係あるのでしょうか?
次回はもう少し早めに交換しよう。

ついでにエアークリーナーも交換・・・結構汚れてます(前回から13,500km程走行)
d0164443_2123268.jpg

エアクリーナー 1個 1,743円 安いからこまめに換えたほうが気持ちよいでしょう。

ついでに備忘録として
3月にプラグ交換 
d0164443_2131598.jpg

3回目のイリジウムプラグIX22 
どんどん交換サイクルは長くなっていて今回は14,500km使用
d0164443_2133844.jpg

交換しても別段変わりなしだった^^; 
もっと長くてもいいかも・・・けど1,100円(購入価格)だから今後も15,000km毎でよしとしよう。
                 ・
                 ・
                 ・
今にも泣き出しそうな空でしたが、試走を兼ねて軽くお山へ彩り探し。
オイル&エアークリーナー交換後の感想は・・・排気音の歯切れが良くなった感じ\(^o^)/

そうそう4月に自賠責も2年更新・・・まだまだセローと楽しみます!
d0164443_2144368.jpg

赤いシールは初めてで、ちょっとびっくりしたけど・・・赤は好きです^^;

この時期の里山を走っていると道端に咲く紫陽花が目を楽しませてくれる。
d0164443_2153027.jpg

民家の庭や、田んぼに咲いている綺麗な紫陽花。

これも里の人が手入れをして、彩りのおすそ分けしてもらっているわけで
とってもありがたいですね。
d0164443_2161733.jpg

私はやっぱり額紫陽花が好きです!
d0164443_2162848.jpg

お山はまだこれからって感じで、当分楽しめそうです♪
[PR]
d0164443_2035538.jpg

素敵な絵を頂きました。

以前、何か絵でも飾ろうと思ってお店を周っていい絵を探した時期がありました。
でも、どんな絵がいいか選ぶセンスもなく迷ってしまい1枚も買えなかった。

お店で見るといいんだけど、自分の部屋ではどうだろう・・・
そのイメージがなかなか出来ないんですよね。

あれから何年か経て、素敵な絵を頂き、ようやく部屋に飾ることが出来ます。
ありがとうございました。部屋の雰囲気も変わっていい感じになりそうです。


その絵を描いた人・・・atu先輩

絵に興味を持ち、脱サラしてイタリアへ一人旅したり
バイクに自転車、最近はトライアスロンにも興味をもってたり・・・
多彩な才能とマメな人柄の元上司であり、たくさんの刺激をくれる良き先輩であります。

もう10年前になりますか・・・キャンプツーにもいっしょに行きましたね~
その時の愛車は YAMAHA ロイヤルスター 1300
d0164443_2039847.jpg

フライパンまで持参して・・・バイクキャンプでパエリアを作る男\(^o^)/
d0164443_20392164.jpg

atu:『君は何もしなくていいから』・・・そんな頼れる男です!

あ、サフラン湯だけは私が作りましたよ^^;
d0164443_20393558.jpg

この頃は『男の料理』に拘ってましたね(笑)
d0164443_20415162.jpg

今も YAMAHA ビラーゴ に乗って たまにはマスツーリング でブログに出て頂いてます。
本人はこのブログの事は知らないけどね(笑)

書いた絵はほとんど人にあげるため手元に残っていないとの事。
喜んでもらえること、そして次の創作に慢心するために・・・と。

久しぶりに会って、いろいろ話をしている時にちょうど話題に出た安藤忠雄氏。
d0164443_20483194.jpg

氏の著書の中に『青春』という詩が出てきます。

こんな詩がぴったりな人じゃないかな。

『青春』   -サムエル・ウルマン-   (作山宗久:訳)

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う。
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、炎える情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは怯懦(きょうだ)を退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある。
年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うとき初めて老いる。

歳月は皮膚にしわを増やすが、情熱を失えば心はしぼむ。
苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い、精神は芥になる。

六十歳であろうと、十六歳であろうと人の胸には、驚異に魅かれる心
おさな児のような未知への深求心、人生への興味の歓喜がある。
君にも吾にも見えざる駅逓(えきてい)が心にある。
人から神から美・希望・喜悦・勇気・力の霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、悲嘆の氷にとざされるとき
二十歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、八十歳であろうと人は青春にして已む。


d0164443_2049017.jpg

[PR]
d0164443_17323063.jpg

とっても楽しい乗り物に出会えました

久しぶりのマニュアルで・・・
初日に赤信号で止まった時、ギヤ入れたままクラッチ切り忘れてエンストしちゃったよ・・・^^;
d0164443_17331186.jpg

けどもう大丈夫!体が覚えてたから!

一気に6速までUPできる時・・・顔がほころびます(^^)


色は悩みました・・・今回は白と黒は避けようと思っていました

ヴェネチアンレッドパール・・・お金を余分に出して、不人気な色を選びました(笑)
d0164443_17392057.jpg

なかなかどうして・・・緑に包まれた森の中がよく似合うと思っております


ホークアイ(鷹の目)だそうな
d0164443_17392717.jpg


エンジンが掛かってる事がわからないほど静かで

スイスイ加速していく・・・・コーナーもクイッと曲がってく・・・山道もグイグイ登っていく・・・(前車比ですけど)
d0164443_17394817.jpg

低いギアでは一気に吹け上がりそうなエンジンで気を使う・・・
だから、はやく慣らしを終えて、いっぱい回したいな


星はすばる・・・6連星(プレアデス星団)もいいデザインだ
d0164443_17395758.jpg


自分としては マニュアル車=相棒 と思ってるから・・・
d0164443_1740531.jpg

いっしょに日本の道をたくさん走りましょう。
[PR]
d0164443_16484023.jpg

10年と7ヶ月、103,802km走行
よく走ってくれました。

いろいろ弄って、まだ綺麗だった頃のノアの写真・・・ピカピカだったな(笑)
d0164443_1649234.jpg

長男君も若かった(笑)
d0164443_16491348.jpg

ノアの写真を振り返ると、家族の思い出もよみがえってきます。
d0164443_16494387.jpg

ミニバンってとっても使い勝手が良くて、特にスライドドアは便利この上なし!
小さい子供がいるうちはとっても助かりました。
でも子供も大きくなってきたので、その役目はもう終わりにしましょう!!

・・・・今でもまだまだ使える車ですけどね^^;
今度はドライバーの趣向優先でよろしくね^^;;


最後まで子供達からは『何で替えるの?』と聞かれながらも・・・
皆で最後のお別れドライブ。
d0164443_16505871.jpg

やっぱり室内空間はとっても広々してて、暴れたい放題・・・
d0164443_16502510.jpg

『D-4エンジンじゃなかったらもっと乗ってたかな・・・』
結局このエンジンが失・・・・止めとこ(笑)
ノアには、そんな負の部分を跳ね返す魅力はたくさんありましたよ!!

人も機械も同じ・・・別れは辛いもんですね。
ノアは家族の思い出と共にずっと皆の心に残っていくでしょう。

d0164443_16513665.jpg

ありがとさん ノア!
[PR]