<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0164443_17463955.jpg

梅雨明けした7月下旬の頃、ふと走りたくなって夏の開田高原へ。

通勤ラッシュをすり抜けて、中津川まで高速でWAAPし、いつもの道の駅 賤母で一息。
d0164443_17492856.jpg

まだ暑くなる前の、気持ち良いひと時・・・
d0164443_17494322.jpg

そのうちにR19を淡々と北上し、大好きな御嶽山の麓へ・・・
d0164443_17514037.jpg

御嶽山麓を楽しむルートは、御嶽スカイライン・霊峰ライン・倉越パノラマライン等があるけど、
今日は、トレーサーとはまだ走っていない倉越パノラマラインを選んだ。
d0164443_18002766.jpg

少し残念だったけど、山頂は雲に覆われてしまい、今日は御嶽山の雄姿が拝めません(ーー;)
d0164443_18031950.jpg

けど、御嶽の雄大な裾野や、
d0164443_18055291.jpg

対面の中央アルプス方面はよく見えました♪
d0164443_18070130.jpg

日向では、少しの時間でも止まっていると汗が噴き出てきます。

こんな暑い日はやっぱりこれでしょ!
d0164443_18074893.jpg

定番のとうもろこしソフト♪
d0164443_18081019.jpg

めちゃくちゃ(゚Д゚)ウマー

心地良い白樺の木陰で、美味しくいただきました。
d0164443_18103078.jpg

短い暑い夏を楽しまなくちゃ!
d0164443_18172088.jpg

この辺りの道はほとんど走ったことがあるのだけれど、この道はないぞ・・・
という事で濁河方面からr435を目指すことにする。

r435への分岐辺りは白樺が多くて、涼しげな雰囲気を演出してくれる^^
d0164443_18211709.jpg

d0164443_18220997.jpg

d0164443_18221660.jpg

そして、地図を見るからには、とても楽しそうな険道?r435へ・・・

知らない道を探る愉しみ・・・
d0164443_18245534.jpg


これぞツーリングの醍醐味\(^o^)/
d0164443_18280701.jpg

舗装なの?ダートなの?
d0164443_18284869.jpg

そんな所もありますが、愉しくてしょうがないです^^
d0164443_18294259.jpg

あぁ、ダート走りたい・・・やっぱオフ車欲しいなぁ^^;
d0164443_18304900.jpg

途中からは、随分道も良くなって・・・
d0164443_18310659.jpg

楽しい1.5車線クネクネ道は、あっという間に終わってしまいました。

R361との分岐にある秋神ダム湖。
d0164443_18325873.jpg

木漏れ日空間も終わり、ここから暑い暑い国道の旅が始まります。
走った事のないR361を高山方面へ走り、淡々とつまらないR41を南下します。

ちと後悔・・・r485を抜けた時、やっぱり開田高原方面へ戻れば良かったなぁ(ーー;)

あまりにR41がつまらないので、白川町でr68の山道へ左折した。

川沿いの快適なワインディングを走り、途中にある坂折棚田へ。
d0164443_18372952.jpg

この頃には少し陰ってきて、散策にはちょうど良い暑さでした。
d0164443_18374389.jpg

まだ走り足りないので、近くを走る高速には乗らず、恵那を抜け、R363を走る。
日本大正村付近でゲリラ豪雨に合ったのはご愛敬^^;
d0164443_18431473.jpg

一瞬でパンツまでベトベトになったけど、涼しくなってちょうど良いわい!

東海環状自動車道 せと品野ICで高速に乗り帰路に就きました。

何度来ても味わいどころの多い開田高原。
d0164443_18445382.jpg

道以外にも喫茶店やらパン屋さんやら・・・まだまだ行きたいところがたくさんあるから、
何度も通って、少しずつ味わっていくつもり。

秋になったらまた走りに来るかも~^^;







[PR]
d0164443_06560454.jpg

寸又峡ツーリングから使い始めたクシタニの フルメッシュジャケット 
d0164443_06452188.jpg

フルメッシュ仕様のジャケットは初めて着るのですが、まずまずの風通しですね。
生地がしっかりして目も細かいので、思っていたよりも涼しくない印象ではありますが^^;

木漏れ日の山道を走れば、そりゃあもう涼しくて気持いいです♪
ただ、30℃を越えた日向では、熱風すらも肌に入り込んでくる感じでして・・・

まあ、そんな弱点もあるにしろ、着心地も良くて、満足な一品ですよ♪
d0164443_06595662.jpg

ついでにクシタニの Eワークコーデュラパンツ も夏用に買ったけど、
高強度のコーデュラナイロン混紡だからか、これも生地が厚く、
まったくもって通風がないので、ぜんぜん涼しくないです^^;

けど、下半身はトレーサーのエンジン熱もすごいから、これくらい生地が厚い方がいいんじゃね!?
って思う事で、僕の中では決着がつきました^^;;
d0164443_07001716.jpg

あっちを取れば、こっちがダメで・・・まぁそんなもんです。


この頃はまだ梅雨開け前でしたけど、その時の方が今より体感的には暑かった感じ。
d0164443_07014448.jpg

最近は高気圧の配置、停滞台風5号の影響か、パッとしない天気が続いているけど、
僕はぷらぷらも含めて、毎週のようにバイクに乗っている♪
d0164443_07064147.jpg

そして大なり小なり、毎回雨に降られている・・・







[PR]
d0164443_18354509.jpg

さて、ハイキング&温泉の後は、クネクネ道へ戻りましょう。
お次は接阻峡方面へ向かいます。

寸又峡からピストンのr77を南下します。
r388へ左折して、少し走ると大きなダムが忽然と現れます。
d0164443_18360849.jpg

長島ダム
d0164443_18362131.jpg

あまりダムに拘りはないけど、なかなか壮観なダムだったな。

ツーリングマップル見ながら、接阻峡って結局どこなんだろう?
って感じで、この辺りをうろうろと行ったり来たり・・・

そんなこんなで、苔むした細道を走ってたら突き当りにあった 関の沢展望台
d0164443_18435939.jpg

ここからは鬱蒼とした山深い渓谷が遠目に見えるだけでした(ーー;)
d0164443_18453667.jpg

うろ覚えだけど、接阻峡って赤い橋のイメージがあるんだけどなぁ・・・
d0164443_18461076.jpg

残念ながらここじゃないようだ・・・まっ、いっか^^;

後で調べたら レインボーブリッジ展望所 ってところだそうな・・・
ツーマプに書いといて欲しいよ(ーー;)



気を取り直して、さあ走ろ走ろ! で、r60 南アルプス公園線 を南下します。
d0164443_18551850.jpg

少し走ると素朴で素敵な 大井川鐵道 南アルプスあぷとライン の井川駅がありました。
d0164443_18564310.jpg

小さくてかわいらしいディーゼル機関車が出発して行きます。
d0164443_18571822.jpg

何かほのぼのとした時間が過ぎていきました^^



そして、ここもまた壮観な 井川ダム
d0164443_18581646.jpg

ここを渡って、
d0164443_18580089.jpg

クネクネ道再開です。
d0164443_18592934.jpg

長い長いクネクネ道の南アルプス公園線。
d0164443_19000000.jpg

途中にある富士見峠。
d0164443_19002426.jpg

名前とは裏腹に、富士山方面は全く見えませんでした^^;
だけど反対の南アルプス方面はまずまずの展望です。
d0164443_19010640.jpg

ただ今日はもう見飽きた感じの展望でしたね^^;;


とても山深く・・・
d0164443_19035507.jpg

所々で工事案内看板が立っていて、平日は通行規制も多そうなr60。

路面も結構悪いです^^;
d0164443_19012507.jpg

そして、天気は下り坂の模様でして・・・
d0164443_19034197.jpg

どんよりしてきたクネクネ細道を抜けた頃には、結構な疲れも出てきました。
d0164443_21372833.jpg

90分以上ハイキングした体ですので、これ以上バイクで細道をクネるのは止めることにし、
R362を南下して、静岡SAスマートICより新東名で帰路に就きました。

最後に藤枝PAで休憩していたら、雨がパラパラと・・・
d0164443_21385883.jpg

やはり僕にはカッパは必需品ですな^^;

雨の高速でしたが、地元に着くころには雨も上がり、
d0164443_21395809.jpg

少し気温も下がってきたようで・・・カッパを脱いで気分爽快\(^o^)/
d0164443_21403225.jpg

せっかくだから近くの公園まで足を伸ばし、夕暮れの空を眺めながら、今日のふらり旅を思い返す・・・

雨上がりの匂いと共に、気持ち良い風が吹いていました^^
d0164443_21431986.jpg

走行380km 走りごたえもある寸又峡エリア。
次はキャンプで1泊しながら、さらに奥の畑薙湖まで行きたいものだな♪






[PR]