d0164443_11222707.jpg

磐梯山ゴールドラインに突入したのは15時過ぎ・・・喜多方ラーメンが余分だったかな^^;

太陽は傾き始めているけど、まだ大丈夫!
序盤は美しい緑に包まれた、高速コーナーを駆け抜けます。
d0164443_11231049.jpg

八方台から下りに入ると、山影になり、少し気忙しくなってきました。
何せまだ猪苗代湖を周遊したいと思っていましたから・・・
d0164443_11260286.jpg

そして、その猪苗代湖をここにきて、ようやくお目にかかることが出来ました。
d0164443_11275094.jpg

この時間帯から回れるかいな・・・?

そう思いながら、景色は二の次に、いそいそと楽しいワインディングロードを駆け下ります。

いざ、麓に下りてみると、いやはや順光でありまして・・・
d0164443_11304563.jpg

美しい磐梯山を浮かび上がらせてくれているじゃないですか♪
d0164443_11305435.jpg

少々遅くなっても、テントも張ってあるし、温泉も徒歩で行けますから、
やっぱり猪苗代湖をくるっと1周いたしましょう♪

r7~r205~R49へ湖畔に出て、湖側を走る1周ルートのr376へ。
d0164443_11320449.jpg

いや~、すごく綺麗です。

猪苗代湖越しに見える磐梯山。この景色が見たかった♪
d0164443_11323558.jpg

ほぼほぼ走りやすい湖畔道路ですが、一部1.5車線舗装林道が20分程ありまして・・・

16時半を過ぎた時間帯にはあまり走りたくないような展望のないクネクネ道で要注意です。
金山と表記のあるそこを抜ければ、また走りやすい湖畔道路になります。
d0164443_11394847.jpg

走っては止まりの繰り返し・・・

今日は賑やかで、盛りだくさんな一日でしたが、最後に静かなエンディングを演出してくれた
猪苗代湖でありました^^
d0164443_11364123.jpg

とは言え、まだキャンプ地まで50km程あるんですけど・・・^^;
寒くなるのでカッパを重ね着し、磐梯山に向かって走るR115(この道も凄く良かった)を駆け上がり、
何とか暗くなる前にキャンプ地へ到着です。

後はゆっくり温泉に入り、体をほぐして早めの就寝となりました。

何だかんだと走った距離は370kmの磐梯山周辺ツーリングでした。
d0164443_11345716.jpg






[PR]
d0164443_08425315.jpg

磐梯吾妻スカイラインの次は、r70 レークライン を走ります。
木漏れ日のクネクネから始まり、ロングストレートが気持ち良い素敵な道です♪

朝早くから始動していますので、ここで早めの昼食を。
ツーマプ情報に習って、中津川渓谷レストハウスでソースかつ丼です。
d0164443_08432947.jpg

おっさんにはボリュームたっぷりであります。とても美味しゅうございました♪

レークラインに戻り、秋元湖を望む。
d0164443_08444626.jpg

走っていてとても気持ちいいので、涼風峠を越え一気に桧原湖まで下りました。
d0164443_08441852.jpg

桧原湖畔道路のr2を北上し、お待ちかねの 西吾妻スカイバレー を駆け上がります♪

楽しいクネクネの連続です\(^o^)/
d0164443_08464700.jpg

途中、劇走りのバイク集団に追いつかれ、コーナーだろうが何だろうが、
僕を路肩に追いやりながら、我が物顔で抜いていきました(ーー;)

今までこんな抜かされ方された事がないので、ちょっとビックリ・・・
嫌な気分なりましけど、まあ、しょうがない・・・気分を切り替えよう^^


この西吾妻スカイバレーも、ルート的に往復するつもりだったので米沢市方面へ一旦下ります。
d0164443_08500098.jpg

再度またスカイバレーを登ると、こちら側からの方が景色が良く見える感じ♪
d0164443_08504446.jpg

峠を越え、少し下ると、先ほど通った桧原湖が目に飛び込んできました。
d0164443_08554462.jpg

いや~絶景ですな~^^

うんうん、サイドパニアを装備したトレーサーも男前やね~♪
重くはなるけど、旅仕様な感じで雰囲気もとても良い。
d0164443_08544798.jpg

ついついアクセルを開けちゃうトレーサーですけど、パニア付けると
そんなに速く走らなくてもいいよっ、て感じになるところも良いな^^


そしてまた少し走っては止まる・・・
あ~、ここは雑誌で何度か見たことのある展望台だね。裏磐梯山も良く見える!
d0164443_09023392.jpg

走っても良し、景色を楽しむも良し。
この道もまた磐梯山周辺を代表するgood roadでありました。


再度桧原湖まで下り、湖畔道路のr64を南下します。
湖もとても綺麗でして・・・
d0164443_09061305.jpg

湖畔にはキャンプ場もありますので、ここらでの野営も良いだろうな。

おお、端に見えるは磐梯山ではないか・・・
d0164443_09072546.jpg

今から行くぜ~~

と、その前に・・・R459を西へ進路を取り、喜多方でラーメンでも^^;
昨日見てた『大人のバイク旅 ふくしま』に載ってて、食べてみたくなった。

喜多方ラーメン まこと食堂 へ
人気店のようで、並んでいましたが、10分程で相席で入れました。
d0164443_11183632.jpg

チャーシューメン 豚骨醤油ベース?でしょうか。
d0164443_09115445.jpg

僕的には結構あっさりした印象で、ちょっと物足りなかったけど、美味しゅうございました。

ソーツかつ丼に続き、ラーメンまで食べて・・・もうお腹いっぱいです^^;

さて、来た道を引き返し、桧原湖に戻ったら、お次は磐梯山ゴールドラインへと続きます^^







[PR]
d0164443_11550392.jpg

東北ツアー、二日目・・・キャンプの朝は簡単に!
d0164443_11573693.jpg

朝ラーと決まっています。
d0164443_11571560.jpg

乗り入れ不可ですが、テン場正面にはトレーサーがちゃんと見え、安心であります^^
d0164443_12015923.jpg

さて、あだたら高原野営場を7時には出発し、今回の旅で一番走りたかった道を目指します。

近づくにつれ、吾妻小富士が見えてきました。もうワクワク状態です^^
d0164443_12003402.jpg

R459からr30に入り、いよいよ磐梯吾妻スカイラインに突入です。
晴天の中、雲上のスカイラインの始まりです\(^o^)/

途中にある 双竜の辻 ヘアピンコーナー
d0164443_15021370.jpg

ここからは磐梯山が良く見えます。
d0164443_15052958.jpg

ちょうど雲が掛かったところが、猪苗代湖だったようです。
d0164443_15054233.jpg

さらに高度をグングン上げ、スカイライン最高点1622mに到着。
d0164443_15071206.jpg

もうそろそろ、ライン引き直しをお願いしたいところですね^^;


そしてクライマックスの浄土平。
そこを少し過ぎると、スカイラインの道並が見渡せます。
d0164443_15215690.jpg

この瞬間、感無量でありました♪
d0164443_15222411.jpg

早い時間帯なので、まだ交通量も無く、皆ゆっくりとスカイラインを楽しんでおられました。
d0164443_15231377.jpg

ルート的に僕は往復するつもりだったので、一旦麓まで下り、ガソリン満タン後、
再度浄土平を目指します。
d0164443_15251713.jpg

往復するとまた違った景色が見えてきます。

今度は吾妻小富士を正面に望みながらスカイラインをゆっくり登る。
d0164443_15280840.jpg

いや~ホント素敵な道ですね♪
d0164443_15283085.jpg

標高1580mの浄土平に駐車して、吾妻小富士を登ります。
d0164443_15284909.jpg

火口までは急な階段で、一番きついところであります。
でも、ここまで登れば、せっかくですから火口を1周いたしましょう!
d0164443_15331199.jpg

対面にある山頂目指して、火口周りを登っていきます。

すると、走ったばかりのスカイラインが見渡せまして・・・
d0164443_15375874.jpg

この絶景を見る為に、愛知から走ってきたのさ~。

そして、吾妻小富士 山頂1707m 登頂です\(^o^)/
d0164443_15404589.jpg

写真では映しきれない大パノラマ。福島の町まで良く見えました。


山頂までは急坂を登ってきましたが、ここからは緩い下り坂を大きく回ります。
d0164443_15430143.jpg

どうせ1周するなら、火口を向き、右回りの方が距離は長いですが、勾配は緩く登りが楽かもしれません。
d0164443_15442143.jpg

浄土平駐車場から、火口を1周して戻ってくるまでの全行程は、約1時間程でした。

軽登山の後、また絶景のスカイラインを土湯峠方面へと戻り、お次のレークラインへと続きます^^
d0164443_15492751.jpg

ようやく念願の磐梯吾妻スカイラインを走る事ができました。
絶景だけじゃなく、走って楽しいクネクネ道も最高です!
道好きの僕は感動の連続でありました♪







[PR]