d0164443_17281971.jpg

紀州旅で初日からスリップサインが出てきたリヤタイヤ。
あれから1500km程走り、いよいよ限界に近づいてきた。
天気も良いことだし、交換前に最後の削りをしに、いつもの山道へ。
(そうそう、これは東海地方、梅雨入り直前頃のお話です^^;)
d0164443_17334782.jpg

交通量の少ないうちにと、AM8時前には茶臼山周辺をクネクネしてました。

茶臼山では芝桜まつりの終盤だったと思うけど、こんな早い時間にもかかわらず
リフトも運行し、結構な人で賑わっていた。
d0164443_17344216.jpg

ところで、僕はヘタレなので、端っこは使いませんえません^^;
d0164443_17352831.jpg

ここまで溝が無くなってしまったので、今日は気を付けながらも
気兼ねなくスロットルを開けさせてもらった。

少しリアがスライドすると、トラコンランプがチカチカと点滅するのが見えた。
とは言え、不快な制御は感じなかった。
d0164443_17400800.jpg

フロント、リア共、右側が減っている。
右コーナーが得意という事ではなく、ブラインドでは左コーナーに比べ視界が広い分
右はガバっと開けてると思われる。

むしろ右コーナーほど苦手で、道も水勾配からして逆バンクだったりするから
侵入速度も落としてる?分、余計に視界が開けるとガバっと開けてるんじゃないかな・・・?

それが積もって右側のみ偏摩耗して、末期ではよりオーバーステア気味に切れ込んで行く感じだった。
だから、素直なタイヤの印象だった今のタイヤも、スリップサインが出る頃には癖もあり、
楽しさも半減していたと思う。
d0164443_18393526.jpg

まあツーリングレベルでは問題ないけどね・・・


早朝は車の往来もほとんど無いので、平谷峠付近のコーナーで少し停車させてもらう。
d0164443_17441165.jpg

トレーサーでもかろうじて白線内に止めれたよ♪
d0164443_17445831.jpg

けど、真横のガードレールの向こうは断崖絶壁でCOOLですぞ^^;

R153を突っ切って、そのままR418の渓流沿いの道を走る。
d0164443_17473566.jpg

不動の滝
d0164443_17474728.jpg

うんうん、こんな滝があったよね・・・この道を走るのはホント久しぶりだ。
d0164443_17495410.jpg

お次はクネクネが楽しそうなr33をチョイスして、日本大正村方面へ抜ける。
d0164443_17512310.jpg

トレーサーとのクネクネダンスは楽しいの一言♪
d0164443_17531769.jpg

そしてどんどんタイヤの溝が減っていく^^
d0164443_17521598.jpg

『次のタイヤは何履こうかな~』 なんて考えながらクネる。

でもタイヤ性能がどうのこうのより、サスペンションがこれじゃぁ何履いても大して変わんないかな^^;

正直トレーサーのサスペンションはあまり褒められたもんじゃないよね(ーー;)
尻痛にも繋がってると思うぞ!
d0164443_17554733.jpg

そんな事を考えながら、加茂広域農道で最後のタイヤ削り。
d0164443_17564086.jpg
ミシュラン パイロットパワー3
私的には標準のダンロップより走りやすいタイヤで文句なし!
ツーリング主体でちょうど1万キロ走れたよ♪

まあ、ここまで使えば心置きなく、次のタイヤに交換出来ます^^
d0164443_18044724.jpg





[PR]
d0164443_17460930.jpg

トレーサーの どアップで始まりました今回のふらり旅。
もう1ヶ月以上前の事なのですが、絶景を見に陣馬形山へ行ってきました。

いつもの設楽の山道を走り抜け、飯田からr18でアプローチ。
近づくにつれ、中央アルプス駒ケ岳が目に飛び込んできます。
d0164443_17512769.jpg

目印でもあるアンフォルメル中川村美術館方面から陣馬形山を目指します。
山頂まで分岐で看板が出ているの分かりやすいですよ。
d0164443_17542102.jpg

もうね、r18の分岐付近でこの景色です♪
d0164443_17574539.jpg

昂る気持ちを抑えながら、新緑の楽しいクネクネ道を登りきり山頂に到着。
d0164443_18002949.jpg

晴天も手伝って絶景の一言です。
d0164443_18011347.jpg

山頂はキャンプ場でもあります。
d0164443_18015930.jpg

たぶん早朝は雲もあって幻想的なんだろうな。
そんなに遠くないんだから、今度はキャンプで来てみようか。

さて、中央アルプス方面を楽しんだら、山頂からは折草峠方面へ下ります。
d0164443_18035725.jpg

南アルプス方面も絶景ですよ。
d0164443_18054009.jpg

そして走り出せば新緑眩しいこの季節♪
d0164443_18075545.jpg

いや~、ホント新緑が気持ち良くて・・・何度も止まっちゃう^^
d0164443_18081749.jpg

折草峠からはr210で南下。少々路面が悪くなるのですが、そんな道も好きだから僕はヘーキです^^;

小渋ダム湖まで下りてくると彼らが迎えてくれました。
d0164443_18110038.jpg

お猿さんがどこかにいるよ。探してみよう♪ (IQ105・・・嘘)
d0164443_18114277.jpg


さて、ここからはR152へ移動し、しらびそ方面へ向かいます。

ここに来るといつも取り合えず撮ってしまう^^;
d0164443_18121813.jpg

小渋橋と赤石岳。
d0164443_18124004.jpg

雲があって見えない時もあるけど、今日も拝めました^^

さあ、この橋を越えると快速ワンディングから1.5車線クネクネ道へ変わっていきます\(^o^)/
d0164443_18164852.jpg

この時季しか味わえない、新緑木漏れ日クネクネ道♪
d0164443_18171631.jpg

バイクで走ったり、写真撮ってるのも楽しいけど、
d0164443_18180939.jpg

こうやって立ち止まって、しばしその身を木漏れ日におくと・・・
d0164443_18204305.jpg

ホント気持ち良いっていうか、癒されます^^

しらびそ峠
d0164443_18205800.jpg

ハイランドしらびそ
d0164443_18214912.jpg

天空の里、下栗までの山岳道
d0164443_18230199.jpg

ここらから見る南アルプスは何度見ても・・・何度走っても飽きないなぁ^^

ここは標高1800mを越えてるから、まだ新緑前の初春に逆戻りです^^;
『 へ~くしょん・・・(T_T) 』
d0164443_18252478.jpg

せっかくだから下栗の里、はんば亭で昼食を。
d0164443_18253442.jpg

前もこれだったけど、これがいい^^

ここから帰りも山道三昧で、R418から設楽方面へ。
リニューアルしてからはまだ入ってなかった 天龍温泉 おきよめの湯 でさっぱりと。
d0164443_18295361.jpg

そして風呂上りは、やっぱりアイスでしょ♪
d0164443_19231149.jpg

そしてまだまだ山道・・・最後のデザートは茶臼山高原道路です!
d0164443_18304058.jpg

いや~、走った走った。今日のふらりは飯田の市街地以外は、ず~と家まで山道三昧^^
下道オンリー、380kmほどの新緑絶景ツーリングでした。
d0164443_18334170.jpg






[PR]
d0164443_19494495.jpg

GW後半は家族でキャンプです。
毎度予定を立てるのは苦手で直前段取りの僕ですが、ここのキャンプ場は大丈夫でした^^;

困ったときの 和良川公園オートキャンプ場 です^^;;
ここをベース地として、周辺を観光してきました。

まずはキャンプ場に行く前に、昨年バイクで美濃ICを美濃加茂ICと間違えて下り、行きそびれた場所・・・

モネの池
d0164443_19515596.jpg

GWって事もあるかもしれませんが、沢山の人で賑わってました。

駐車場が整備され、かなりの台数が止めれるようになっていましたが、
もう少し遅れてきてたら待ちになっていたかもしれません。

ハートの鯉やV字の鯉やプラチナ色の鯉だのと・・・いろいろいるようです。
d0164443_19511030.jpg

藻も少し目立ちますが、なるほど絵になる池ですね。

鯉待ちで写真撮影に時間がかかるようですが、鯉自体は人混みも関係なく優雅に泳いでました。
d0164443_19522994.jpg

来て良かったと思えるモネの池でありました。

続いて 郡上八幡城 へ。
d0164443_19560253.jpg


バイクでは何度も来ている郡上八幡ですが、郡上八幡城に行くのは初めてです。
ツーリングではなかなか寄らない所こそ、家族旅行でゆっくり観光いたしましょう。

郡上観光も人気なようで、大駐車場も満車でした・・・
金物屋さんが解放してくれていた(お金要)駐車場にかろうじて止めれました。

さあ、木漏れ日の道を上っていきます。(運動不足な僕にはなかなか堪えます)
d0164443_19564426.jpg

新緑の木漏れ日は歩いていて気持ちいいです^^

学生時代に司馬遼太郎の『功名が辻』を読んだことがあるのですが、まさか千代さんが
郡上出身だったとは・・・
d0164443_19570865.jpg

汗ばむ陽気の中、郡上八幡城に到着^^
d0164443_20004266.jpg

郡上八幡城 天守閣から郡上の町を見下ろす。
d0164443_20023667.jpg

360度、とてもいい眺めでした。
d0164443_20024568.jpg

次男君も分からないなりに、いろいろ触れて、体験して、何かを感じてもらえたらいいなぁ。


ちょうどお昼になりまして、我が家はおにぎり家族ですから、ここでお弁当といたしましょう♪
d0164443_20051999.jpg

お腹もふくれたところで、キャンプ場へ出発です。
いまだ堀越峠は通行止めで、迂回しながら和良川公園オートキャンプ場へ。
d0164443_20063785.jpg

予約時に指定した一番奥のサイト 32-2。ホント広々サイトです♪

皆で設営後、さっそく川遊びです^^
d0164443_20110106.jpg

おまけに最奥故に、庭のようなスペースもあったりして、子供達はバトミントンで汗を流しておりました。
d0164443_20120140.jpg

夜は恒例の焚き火です。
d0164443_20124756.jpg

今夜の焼き焼きは、郡上で買っておいた明宝フランクです^^
d0164443_20140283.jpg

めちゃくちゃ(゚Д゚)ウマー
朝から晩まで、ホント楽しい1日でした♪


さて、二日目です。
翌日は予報通りの雨でしたが、どうってことないさ~。
d0164443_20450595.jpg

今日は世界遺産 白川郷 合掌造り を観光です。
d0164443_20175203.jpg

白川郷で最大級の建家 長瀬家 を見学。
d0164443_20191363.jpg

歴史のある家で、いろいろな道具が保存、展示してありました。
合掌造りの木組みも見れて、よい勉強になりました。
d0164443_20202260.jpg

次来たときは和田家を見学してみよう^^
d0164443_20224118.jpg

えっちらおっちら、坂を上って・・・展望台からの白川郷集落。
d0164443_20210382.jpg

今日も次男君は、『何が良いのかよく分かんない (´・ω・`) 』
といった感じでありました^^;
d0164443_20255442.jpg

まあ、何はともあれ、雨でしっとりした白川郷を満喫できました。
結構歩きました。観光はホント体力が要りますね。


帰りは大好きな道 せせらぎ街道 をフォレさんと走ります。

木漏れ日広場の川
d0164443_20265777.jpg

道の駅パスカル清見の川
d0164443_20270482.jpg

どこの川でも忍者石(水切り石)です^^; 次男君はとても上手い!

そんな次男君は、お昼に普段食べ慣れていない、とろける油の飛騨牛焼肉定食と、
d0164443_20300409.jpg

標高の高い川遊びでお腹が冷えたせいか、キャンプ場に戻る頃には腹痛で大騒ぎ(ーー;)

急遽、車を走らせ下呂市立金山病院行きです。
d0164443_20313200.jpg

何とか休日診療で見てもらいましたが、その頃には随分痛みも落ち着いていて・・・
あの大袈裟な痛がりかたは何だったのか・・・毎度お騒がせの次男君でありました^^;

キャンプ場から車で25分ほど走らせてやってきた病院でしたが、
その病院の真横が行く予定の温泉でしたから・・・
d0164443_20335956.jpg

まあ良しとしましょう^^;

ちなみに、二泊とも 飛騨金山温泉 湯ったり館 でした。


最終日 3日目は快晴♪キャンプ場内でゆっくり過ごしました。
d0164443_20351759.jpg

チェックアウトまで時間があるので、キャンプ場から歩いて行ける滝を見に行ってみましょう!

小川沿いの舗装路だけと思っていたら、途中からトレッキングコースになりました^^
d0164443_20354263.jpg

新緑の中、雰囲気も良くて、楽しめるコースです。

御手洗の滝
d0164443_20361445.jpg

往復1時間、思っていたより楽しめた滝見散策でありました。
そうそう、山ヒル注意って看板がありましたが、本当に居そうな感じでしたよ~^^;


いろいろ活動的でもあり、ゆったりした時間も楽しめるようになった最近のファミキャン。
私生活も含め、子供達が戦力になってきてるから嬉しい限りです♪

和良川公園オートキャンプ場
d0164443_20460619.jpg

ハイシーズンに、まだ何も予定してないけど、キャンプにでも行っとく?
みたいな時にまたお世話になることでしょう^^;







[PR]