リフトで下山後、矢筈池周りを散策。
下界ではもう咲き終わっている花がまだ綺麗に咲いています。
d0164443_23195789.jpg



レンゲツツジ
d0164443_23201986.jpg



シャクナゲ
d0164443_23203811.jpg



何サクラ?大きな一株が芹沼池沿いに咲いていました。
d0164443_2321755.jpg



山頂ではベニサラサドウダンツツジも咲いていました。
d0164443_23212780.jpg



そして茶臼山高原道路を走り出すと、脇にはたくさんの黄色い花が。
エニシダ
d0164443_2322955.jpg



本当に気持のいい茶臼山高原道路を満喫できました。

そしていつもの休憩場所 道の駅つぐ高原グリーンパークへ。
ここも家からノンストップで1時間半の山道コースの休憩場所。
ソフトクリームで腹ごなしです。350円はちょっと高いかな。
d0164443_23223513.jpg



帰りはちょっと足を伸ばして新城にある四谷の千枚田へ。
田植えが始まったばかりで、下のほうはまだでした。
d0164443_2322588.jpg



また夏に、そして秋にも来たいところ。


そしてまたまたいつもの川沿いの休憩場所へ。
シロツメクサとアカツメクサがたくさん咲いていました。
d0164443_2324292.jpg



セローはアスファルトの上より、緑の中が似合うな(笑い)。
d0164443_23242751.jpg

[PR]
d0164443_23553417.jpg



彩りを求めて 一度行ってみたかった、茶臼山 芝桜の咲く丘へツーリングに行きました。
普段観光地はあまり行きませんが、茶臼山高原道路は無料になってから年3回は通るルート。
下界は晴れていても、山頂は曇りが多かったので、晴天の茶臼山高原道路は久しぶり。
青い空と緑の中をセローと気持良く流していきます。

平日ですが、車は駐車場待ちで少し渋滞。
バイクはすり抜けて先頭に行き、専用駐車場へ。
バイク駐車場はお店付近ですので助かります。バイクは200円。

さっそくリフトに乗って天空の花回廊へ。リフト往復500円。
山頂付近では、リフトから横目に綺麗な芝桜が見えてきます。

気持ち良い風が吹く中、リフトを降りると、周囲の山が見渡せます。
d0164443_2357539.jpg



いざ芝桜へ・・・お~・・・綺麗だ。
d0164443_23574974.jpg



よし、一番高いところへ行こう・・・ふ~ん。
d0164443_23582331.jpg



濃いピンクが一番映えるかな・・・ローアングルで・・・
d0164443_23594576.jpg



白色がもうピーク過ぎてるな・・・
d0164443_00279.jpg



淡いピンクもなかなかどうして・・・
d0164443_01926.jpg



全体的にピークが過ぎてます。1週間遅かったようです。
また、植えてある間隔も広いところがあるから、まだこれから成長していくのだろう。

最後は帰りのリフトより上空から。
d0164443_014756.jpg



これからまだ範囲が広がっていくそうなので、3年後ぐらいにまた来てみたいな。

晴天の中、高原の気持良い風と天空の芝桜。
来て良かったな。
[PR]
緑が特に大好きになったのはごく最近のことです。
家を建てる事で庭の計画をしていたのですが、とても面白くなり
いろいろな庭木、花木について興味を持ちました。
とても小さな庭ですが、少しずつ植栽しながら庭いじりを楽しんでおります。
四季により変化する庭をちょっと紹介。
d0164443_229737.jpg



玄関横の門柱を彩ってくれる 常緑広葉樹 ギルドエッジ。
d0164443_22113586.jpg



つやのない新芽から、葉が大きくなるにつれ、かすかに黄緑の斑が浮かび上がってきて、
最終的に黄色に変化していきます。
この黄色くなる直前の新緑の葉もいいですね。

あざやかな黄色い斑入りの葉は
光を反射して玄関周りを明るい感じにしてくれる。
d0164443_22162963.jpg



精力旺盛で剪定してもすぐ茂ってきますので適当に伸びたらバッサバッサと切り落としてます。
冬の緑少ない時期の貴重な常緑樹 ギルドエッジ。花や実がならないのが残念ですね。

そして、ギルドエッジの下で、スラッと伸びているのは 常緑多年草 フイリヤブラン。
d0164443_22122675.jpg



夏から秋ごろには淡い紫色の小花を多数咲かせます。
冬の間は枯れることはありませんが、地面にペタンコとしていてちょっと見苦しい(笑)。
でも春になると、ヘタレたところからスッと新芽が伸びてくる様は、とても力強く感じます。

まったく手入れがいらないと言う意味でも大好きなグランドカバーです。
[PR]